東北ふらり旅③・・・吹割の滝

テーマ:

八ッ場ダムを見た後、沼田から日本ロマンチック街道の名がある国道120号線を中禅寺湖に向かうと、途中に吹き割渓谷があり、そこにあるのが「吹割の滝」である。

 

900万年前に起こった火山噴火による大規模な火砕流が冷固した溶結凝灰岩片品川の流れによって侵食されてできたV字谷にかかり、そこに向かって三方から河川が流れ落ちるその姿から「東洋のナイアガラと称されている。

 

水の侵食により1年間で約7センチメートル上流に向かって遡行しており、将来的には瀑布は上流に移動することになる。

 

時間に余裕があれば遊歩道を一周したかったのですが・・・

 

駐車場からの狭い通路にプレハブのような土産物屋が・・・

 

階段を降りるといきなりこんな光景が・・・

 

ゴーゴーと凄まじい音が響く

 

般若岩?

 

凝灰岩、花崗岩の川床上を流れる片品川の清流が岩質の軟らかい部分を浸蝕し、多数の割れ目を生じあたかも巨大な岩を吹き割れたように見えるところから、「吹割の滝」と名付けられた。

 

ずっと見て居たい光景です。

 

日本人と中国系の人ばっかりで欧米人がほとんどいない。

 

もっと先まで行ってみたいけど・・・

 

戻りながら撮った写真です

 

連休前なのに結構観光客が多い。明日から大変だろうね。

 

 

偶然虹が・・・

 

 

 

 

「危険につき・・・」からのアングル

 

もっとゆっくり自然の景観を堪能すればいいものを・・・・

 

時間がない? というのは真実ではない。

 

時間はすべての人に平等にある。

 

ないのは自分の余裕だ。