彦根城

テーマ:

徳川四天王の一人・井伊直正は、慶長5年(1600)関ヶ原の戦いの後、その軍功により18万石にて石田三成の居城であった佐和山城に入城した。

「三成に過ぎたるもの二つあり、島の左近と佐和山の城」と言われた名城であったが、直正は中世的な古い縄張りや三成の居城であったことを嫌い、湖岸に居城を移すことを計画していたが、慶長7年に亡くなった。

その後、直継が家督を継いだが、幼少であったため直正の遺臣である家老の木俣守勝」が家康と相談し、彼の遺志を継ぎ、慶長8年、琵琶湖に浮かぶ彦根山に築城を始めた。

築城には公儀御奉行3名が付けられ、尾張藩や越前藩など12大名が手伝いを命じられる天下普請であった。

1622年、20年の歳月をかけて城は完成した。

彦根城は湖岸の小高い丘の上に建っている

これが大手門

熊本城の石垣崩壊から石垣に興味が・・・

 

この城の石垣は圧倒的です

きれいな積み方ですね

 

石垣の内側

 

 

こんな雑な石垣もあるんですね

実に見事な石垣です。。。こらなら地震でも崩れないでしょう

 

下と上が違います・・・上は修復したときのでしょう

 

 

 

 

この店主は大津城から移築したと言われている

琵琶湖に浮かぶ彦根山に城を築いたと書いてあったけど?

 

細かい瓦の細工を撮りました

本丸から三重櫓までの三の丸

三重櫓

ほとんど石垣に時間がかかってるんじゃ?・・・20年

手伝いの大名によってさまざまな石垣が作られた?

 

玄宮園の前

三重櫓の中で天守閣の模型展をしていました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彦根城以外の国宝天守は姫路・松本・犬山・松江だけ。

見学が終わって、駐車場へ向かう途中「女城主直虎」のポスターが目に入った。

大河ドラマは見ないけど聞いた名前だなと思ったら・・・そうだったのか

やたら見学者が多いのはそういうことだったのか~

直盛に男の子がいなかったから直虎と直親を結婚させて直政の後見人となったらしい。