能登半島一周・・・「時国家」

テーマ:

曽々木海岸の駐車場にこんな看板があったので「時国家」(重要文化財)を見てくることにした。

「時国家」の駐車場にあった看板

 

 

パンフレット

 

屋敷が108坪、庭園が2000坪。近世木造民家では最大とか

同じ平家の子孫でも五箇山とは大違いですね。

 

もっともこっちは大納言の子孫ですし、五箇山はただの家臣という違いはありますが。

 

それに、こっちは命を助けられての配流ですし、五箇山は落人ですから。

 

そういえば、白川郷にも源平合戦の初期、越中倶梨伽羅峠の戦いで木曽義仲に敗れた平氏の落ち武者が住み着いたという伝説があるそうですね。

 

受付のお嬢さんに「今の御当主はどこに住んでるんですか」と聞くと「近くに住んでますよ」

「それで仕事は?」「医者です」