翌20日、水平線から登る太陽を見るために金剛埼へ戻る。

4時50分顔を出した・・・岬の東「みかづきヶ浜」で

4時55分

 

5時0分・・・みかづきヶ浜

5時03分

 

青の洞窟入り口

青の洞窟・・・朝日が射して青くない。

聖域の岬の散策路

青の洞窟へは有料らしいが、早朝で誰もいないから勝手に見てきました。

「禄剛埼を巡る道」の看板があったので歩いて見る

 

こんな道ばっかりでいまいち・・・眺望が利かない

それでも片道1キロ以上は歩いたか

一か所だけ絶景があった

曽々木海岸へ向かう

 

9時07分 珠洲市の大崎・・・道が見えたので登ってみた

 

 

 

 

 

裏側は断崖絶壁

端っこで釣りをする人・・・帰る途中で釣り人に会ったので聞くと、青物が狙いだと言う。先日は1メートルのがんどぶりを釣ったそうだ。

このあたりは珠洲塩の産地、塩田がたくさんある。

海水をポンプで揚げて塩田に撒いているようだ。

曽々木海岸に着いた

この海岸を歩いてみた。

曽々木海岸の駐車場にこんな看板があった。

清盛の妻・時子の弟、平 時忠が源平合戦の末に捕虜となり、この地に流された。そしてこの地で生まれた時忠の子時国が「時国家」の始まりだとか。 これはやっぱり見てこよう。

 

千枚田から見えた海岸線

白米の千枚田駐車場・・・観光客がいっぱい。世界遺産の威力はすごい!

規模は小さいが海沿いの景観がいい。

 

3人の名前が・・・