6/2 騎乗日記

テーマ:

おはようございます。ゴルカメです。

3級合格の報告も3級したので、少し前に戻って騎乗日記いきます。

だいぶ遅れてますけどね(;´∀`)

 

さてさて、6/2は土曜日なんですが、めずらしく乗りに行ってきました。

じつはその前の週ぼ土曜日(5/26)にペルセフォネの様子を見にクラブへ行ったのでついでにレッスン見学をしていたのですが、その際にISKW先生からお誘いを受けまして、とりあえず予定もなかったので、参加することにしました。

そこにさらにOGW先生からも誘いがあり、気付けば5鞍分予約しちゃってました。。。

そんな6/2のスケジュール↓

11:45~12:30 ベーシック駈歩A

14:00~15:30 ベーシック馬場

17:00~18:30 ジムカーナ

 

ベーシック駈歩A

配馬はエクソダスウィザード

だったのですが、キャンセルが出たため、配馬がシルバーピュアに変更されました。

本来エントリーしていた4人のうち2人がキャンセルとなったため、2人でのレッスンとなりました。

一緒に参加していたのは、ISKWチームレッスンでも一緒のIさん。

Iさんはマジカルサンダーでの参加です。

 

ものすごく久しぶりのサークル馬場。。。

せ、狭い。。。

こんなんだったっけ?っていうくらい。。。

 

常歩のあと、まずは速歩。

マジ男、最初はゴネる。

うん、そういう奴だった(笑)

ピュアは素直に走る。

 

そして駈歩へ。

サッと出る。

出るんだけど、、、継続しない。。。

ISKW先生曰く、

「ベー駈しか出ない馬だから、バランスが独特」

らしいが、聞いて、手本も見せてもらって、それでも最大3歩4歩くらいしか継続できなかった私って。。。

 

で、一緒に出てたIさんはもうじき4級試験だってことで、ここで私が駈歩の邪魔をしてはいかんということで、高速速歩で逃げる、逃げる、逃げる。

「ベー駈専門の馬だから、速歩から駈歩は出ないよ」

と言われていたが、ホントにいくら追っても、そこから駈歩の合図を送っても、速歩から駈歩は出ませんでした。

 

発進は出来ても、いまいち駈歩の継続が出来なかった今回のベー駈。

「3級受けたのに、まさかの4級剥奪?(笑)」

いただきました(;´Д`)

狭いサークル馬場での駈歩ってこんなに難しかったっけ?(;´∀`)

 

ベーシック馬場

誘いを受けて参加することになったベー馬場。

「いつも0か1なんですよね、この時間のベー馬場」

と言われて参加しましたが、ホントにモニターには私の名前しかありませんでした(笑)

 

配馬はアドマイヤボス

ボスくん久し振りだニャ~。

ISKWチームレッスンとかで他の人が乗ってるのを見たり聞いたりしてると、どうもみんな前に出すのに苦労している印象。

 

たしかにハミにもたれてくる印象の馬なので、ただそのまま頭を持って支えるだけの乗り方ではだめでしょう。

脚で軽く推進をかけながら、ハミを細かく動かして頭位置を保った乗り方をしないと。

そうこうしていると、ボスもハミに対してしっかり前に出てきてくれますので、歩度が伸びないなんてことはありえないんです。

 

さて、レッスンはというと、序盤はマンツーマン状態だったんですが、レッスン開始10分後くらいに新馬調教の会員さんが合流して2人になりました。

そんな中で、ツーポイントで速歩をしたり、歩度の詰め伸ばしのやり方を4つくらいのパターンでやってみたりと、なかなか面白いレッスンでした。

 

さらにはOGW先生は、少し特殊な経歴の持ち主。

最初、うちのグループにいたものの、1度退職して北海道の競走馬育成牧場へ。

その時にはドゥラメンテともかかわっていたそうです。

その後、いろいろあって、再びクラブに復帰してます。

馬に対する考え方は、ナチュラルホースマンシップとか、そういう雰囲気の先生。

レッスン中にもいろんなことを教えてくれます。

 

新馬調教の会員さんも上のクラスの方だったので、レッスン内容としてはベー馬場を逸脱するレベルのものとなりました。

こういうレッスンも面白いですね。

 

ジムカーナ

配馬はアプローズ、、、だったのですが、これまた直前でスクワートに変更。

この日、アプローズで障害で落馬があったとかなかったとか、その関係での変更かな?

まぁ、このアプローズ、Kiriさんのブログに出てきてた「ミーレス」みたいなタイプらしいです。

障害を飛越した際に、自分でコツンと音を立てて、その音にビビッて疾走するタイプ(笑)

障害を飛んで、ドンドンとテンションが上がって、抑えがききにくくなるタイプでもあるようです。

 

で、スクワートに変更されてレッスンへ。

7人くらいいたかな?

その中には、先日一緒に3級を受けていた会員さんの姿もありました。

パートナーも同じでパキラでしたね。

 

レッスンは、斜め手前替えやら、スラロームやら、横木通過やらを織り交ぜて。

最後にはいろいろ組み合わせてコース走行へ。

コース走行は3人ずつの部班で。。。

 

って私だけ余ってますが?

パキラの会員さんにもう1回お願いして2人でやるのかな?

とか思ってたら、私だけ単騎でした。。。

 

で、コースを2周ほどしたあとで、ISKW先生から

「ゴルカメさん、そこの青いコーンを中心に輪乗りして」

と突然の指令。

輪乗りのサイズなどが安定したのを見届けると、ISKW先生はその場を離れてみんなのところへ。

「いまむこうでやってるのが輪乗りです・・・」

的なことを言ってるのが聞こえてきたので、どうやら私は見本騎乗をしてたらしいです(;'∀')

こういうの、たぶんパキラの会員さんの方が上手いっすよ?(笑)

って少し思ったような記憶があります。

 

久しぶりのジムカーナレッスン、これはこれで面白かったです。

まぁ、担当がISKW先生だし、レッスン内容も日曜のISKWチームレッスンに近いので、個人的に面白くて当たり前なんですけどね(笑)

 

次は6/3の記事を書く予定ですが、いつになるかな?

明日書けるかなぁ。

ではでは!(。´・∀・)ノ゙

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

 


乗馬・馬術ランキングへ