PRS 24フレットと22フレットの違いついて | ギターショップ「GOLD STAR」のブログ

ギターショップ「GOLD STAR」のブログ

名古屋市守山区にあるギターショップです。「Paul Reed Smith」を中心としたギターにまつわる事を掲載しますので、ご期待下さい!!


テーマ:

こんにちは、GOLD STAR店主です!!

 

少しタイミングを外してお盆休みを頂き、富士山の見える山梨県&静岡県に行ってきました。 

「富士山でも拝んでパワーを分けてもらおう!!」みたいなノリでしたが、滞在中は見事に曇り☁ という・・・・なんとも残念な結果になってしました:汗。 次回こそは!です。

 

 

さて、PRSの定番モデルは「custom24」です。PRSを取扱っているお店さんでしたらまず展示されているでしょう。ギブソンで言えば"Les Paul" ですから。

 

そしてcustom24の兄弟機種という位置付けなのが「custom22」です。

 

何が違うのでしょう? (左がcustom24、右はMcCarty、custom22の在庫がありませんでした:汗)

当たり前ですが、フレット数が違います。 

 

そして、ギターの全長が違います。

ですから、ギターを構えた時のフレットの位置関係も違ってきます。

ギブソンやフェンダーに慣れている方は22フレットの方が違和感が少ないでしょう。逆にCUSTOM24はローフレットまでの距離が長く感じることでしょう。

 

ただ、音の違いでcustom24とcustom22を使い分けているアーチストがいたり、custom22の音が気に入ったから買ったというお客様も多くいます。

 

では、フレット数以外で音に関係する違いは何か?

まずは、ピックアップ同士の間隔が違います。custom24はネックが2フレット分長く、ブリッジの位置が違ってくる為間隔が狭くなっています。

 

ピックアップの間隔が違う事で、フロントPUの弦振幅を拾う場所が変わります。

22フレットの方が弦振幅の大きな場所にあり、さらには倍音成分の多い24フレット付近です。よって、よりふくよかなサウンドとなる訳です。

 

また、ブリッジの位置についてですが、PRSのボディトップは下の画像の様に傾斜になっていて、場所によってボディの厚みが違います。

ブリッジの位置が違うという事は弦振動をキャッチするボディの厚みも変わるという事です。多少なりとも影響があるのではないでしょうか?

24フレット

22フレット(頂点により近くなっています)

 

 

 

 

24フレットと22フレットの違いで個人的に重要と思っているのはネックの違いです。22フレットの方が明らかにネックのヒール部分が大きいです。ネックの太さでも出音が変わりますが、ジョイント部分の違いでも大きく変わってきます。PRS本人も「サウンド面を考慮してヒールを大きくした」と言っています。

比較すると22フレットの方が腰のすわった太い鳴り方をしていると感じます。24フレットから持ち替えてもハイフレットでの演奏性はすぐに慣れるでしょう。

 

(左が24フレット、右が22フレット、ネックのヒールの面積が違います)

 

 

他にもネックシェイプの違いなどがありますが、重要な違いはこの様な点ではないでしょうか。

 

既にご存知の方には大した内容ではなかったかもしれませんが、興味を持たれた方は楽器店で試してみては如何でしょうか? 

 

PRSのギターは弾いてみないと魅力が伝わりにくいと常々思っています。 既にPRSを所有している方にも色々試して戴きたいです!!

 

 

 

 

goldstar-guitarさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ