パワハラという社会現象 | 40代の自由きままな日常

40代の自由きままな日常

40代からの人生逆転劇の内容をちょっとづつお届していきます。
人生後悔するよりも、これからどうするかということに真剣に向き合っていくべきです。 
キッカケは人との出会いや、自分自身の意識だけ!!

WPブログとTwitterもやってます♪

パワハラによって起こる影響やパワハラに悩んだ時の対策・アドバイスなど

 

実際の体験談をまとめてお伝えしていきたいと思い、本記事を書くことにしました。

 

会社という組織で働いていると、上司と部下、もっと上の人や

 

取引先など様々な人と関わる機会があります。

 

社会の中では1人では働く事ができないので、誰かの手を借りなくてはいけない事が多いです。

 

ストレス社会と言われている現在では、「パワハラ」という言葉をよく聞きませんか?

 

昔からパワハラのような事はあったはずですが、

 

誰の意見でも聞き入れられるようになった今では、このパワハラが特に挙げられるようになり

 

注目されている1つではないでしょうか。

 

 

 

まだ自分は気が付いてはいないけれど、もしかしてパワハラされているのでは?

 

とパワハラについて考え始めている人もいるかもしれません。

 

反対に、この行為や言動はパワハラをしてしまっている側か?と不安になるかもしれません。

 

この他にも、セクハラにパワハラ、モラハラにアカハラなどなど

 

なにかと話題に上りがちな「ハラスメント」という言葉があります。

 

一体どんな行為を意味しているのかご存知でしょうか?

 

ハラスメントとは

「他の人に対して、不愉快や威嚇的な態度を取る」という事です。

 

つまり、ハラスメントという行為を行った人にはそのつもりはなくても

 

その行為を受けた相手が「不快だ!」「威嚇している!」と感じる事でその行為はハラスメントという事なのです。

 

普段から、失言が多かったり空気が読めないなどと

 

言われたり言ったりする事があるかもしれません。

 

相手から言われた事、あなたが何気なく言った事などの行為や言葉が

 

誰かにとっては「ハラスメント」になっているかもしれませんよ。

 

今回は、この「パワハラについて」を少しづつ紹介していきます。

 

今悩んでいる人は、対策やアドバイスなどを参考にして行動してください。

 

まだハラスメントとは言われてはいないけれど気になるという人も

 

自分の言動、相手の言動などを考えるきっかけにしてもらえたら幸いです。

 

 

 

 

ではまた、後日!