テーマ:

子供を産んだら、命の重みが大きすぎて、産んだことを後悔しました。

私には無理だ…って。

でも自分が望んで妊娠して無事に生まれた赤ちゃんを目の前にして、産んだことを後悔しているなんて絶対思っちゃダメだと思っていました。


こんばんは。豊川真規子です。

今日はちょっと告白めいたことを書きます。

 

初めてこのブログをご覧頂いている方には、ちょっとプライベート過ぎる内容かもしれませんが、もし、自分の事を「母親失格」なんて思った経験がある人には、是非、読んでもらえたら嬉しいです。

 

■ 悪夢ばかり見ていた産後

そういえば、産後は悪夢ばかり見ていました。

ベビーカーに乗せた赤ちゃんを忘れてきた!と気づいて戻ってもベビーカーはない!とか。 (笑)

授乳で寝不足なのに、やっと寝れたと思ったら、みるのは悪夢。

高齢出産だったのもあり、産後の体力の落ちっぷりは相当でした。

疲れすぎて『この子さえいなければ私は眠れるのに』『いなくなればいい』と気持ちが湧いてきて、そんな気持ちをもってしまう自分を『恐ろしい』と感じました。

 

■ 母として、こうあるべき

習ったわけでもないのに、なぜか自分の無意識に刷り込んだ『あるべき母親像』のプレッシャーが大きくて、生まれたわが子を『かわいい』と感じる余裕はありませんでした。

しんどかった。

実母のもつ『母親像』
日本社会のもつ『母親像』

目には見えない巨大な化け物にいつも見張られ、それに合わせないといけないんだと、無意識に思っていました。

そして、理想像から外れてしまう自分をダメな母親だと感じて苦しんでいました。

元々、自分中心で生きる性格で、自由を失うなら結婚も子供も結構です!と思って、38才まで好きに暮らしていたものですから、本当に選択を間違った…と思いつつも、口が裂けてもそんな事を言ってはダメだと思ってました。

あの頃の私が恐れていたものって、なんだったのかなぁ。

息苦しい育児がしばらく続き、二人目を産んだあと、私の心と身体は破綻しました。

子宮が落ちて子宮口が外部に飛び出す『子宮脱』という状態になり、心は、赤ちゃん返りした娘と生まれたばかりで人の手を借りないと生きられない赤ちゃん(息子)の間で、どちらの要求にも満足に応えられず、私の心は引き裂かれそうになり、育児ノイローゼになりました。

 

■ 自分を大切にして生きるという選択

夫は昼間は勤めで不在。娘は保育園。息子をおいたまま、どこかにいってしまいたい。すべてを放棄して一人になりたい。

何度そう思ったかわかりませんが、私の人生はギリギリのところで必ずサポートが入るのです。

そこから、再び『自分を大切にして生きる』『自分を生きる』人生にシフトし始めました。

『私は母親なのに、本当にこんな風に生きていいの?』という戸惑いや不安が押し寄せる度に、メンターや先輩ママたちが『ママが笑顔でいることが子供の幸せなんだよ。だから、大丈夫だよ』と力づけてくれました。

自分の子供時代を振り返っても、確かに母親が泣いたり苦しむ姿をみるのが辛かった。母が笑顔で楽しそうに暮らしていたらどんなによかったか、と思っていました。

だから、その時は『確かにそうだ!だから、私が楽しいと感じることに罪悪感を感じる必要はない。私は私を生きるんだ!』と迷いを断ち切り、現在に至ります。

その時は本当に背中を押してくれた言葉ですが、不思議と今は違う気持ちになっています。

 

■ それぞれの幸せ

母親が幸せだということが、子供の幸せ?

いや、違うだろ。

母親の幸せ、と、子供の幸せは、別のもの。

変に関連づけると、かえって母子同一化の枠から抜けられなくなるんじゃないかな、と思いました。

子供が何を幸せと感じているか、は、聞いてみないとわからないんじゃないかな。

子供にとっての幸せが何なのか。

テレビを好きなだけ見れることかもしれないし、アイスを好きなだけ食べられることかもしれないし、学校や保育園に行かずに済むことかもしれない。

ママとベッタリが幸せなのか、公園で遊びまくるのが幸せなのか、私にはよくわからないので(笑)

子供たちが、安心していられる場を作ってあげること。子供たちが、自分でいられる場を作ってあげる。

子供たちが自分で自分の幸せを選択していける力をサポートする、邪魔しない。

今はそんなことを意識しています。

私の幸せは私のもの。
子供の幸せは子供のもの。

 あなたの幸せはあなたのもの。


それが今の私には心地よいです。

 

■ 命にありがとう。

「自分を生きる」と決めてから命のいとおしさを深く感じるようになりました。

私の命
子供たちの命

あなたの命

今日もありがとうね(^^)

最後までおつきあいくださりありがとうございます。

もし、私に興味をもたれた方はこちらもどうぞ!

 

いつもありがとうございます◎

豊川真規子

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

心身デトックストレーナー 豊川真規子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。