子どもの「迷う態度」にイライラする時の解決法 | Serendipity☆LABO~しあわせ発見力☆研究所~

Serendipity☆LABO~しあわせ発見力☆研究所~

ヒューマンデザインリーディングと感情解放で
あなたの個性と才能を活かし
自己実現のお手伝いをしています。


テーマ:

「やるの?やらないの?どっちなの?!」
「どうして、すぐに返事ができないの?」


なかなか決められないわが子に、イライラする時はありませんか?

こんばんは。豊川真規子です。

子供の迷う態度にイライラするお母さんは、おそらく、決断が早いタイプです。

そして、お子さんは、おそらく、決めることに時間がかかるタイプ。

今日は、このケースのイライラの解消方法をお伝えします。

※本当はお母さんも決めることに時間がかかるタイプだけど、それでは生きていけない」と無理やり自分を変えたケースもあります。が、このケースはまた改めてにします。

最初のポイントは

迷う子供を見てイライラする原因は、子供の優柔不断さにあるのではなく「お母さん自身の中にある不安感が原因」だということ。

ここに気づけると、イライラがどんどん大きくなってきても、ハッと我にかえることが出来ます。

自分に「子供の優柔不断さに、私はどんな不安を感じているの?」と問いかけてみましょう。

我が家のパターンを例にして、解説しますね。

私は即決タイプ、娘は優柔不断タイプです。
(ここで言うタイプは、ヒューマンデザインでわかります)

娘の優柔不断な態度で、小学校への登校時間が遅くなることが多々あります^^;

娘ひとりのことなら、特にイライラしないのですが、待ち合わせして登校しているお友達がいます。

娘が学校に行くだの行かないだのグズグズしている間、お友達を待たせてしまうかもしれない、という不安が私に生じるのです。

ここからが重要ポイントです。

不安が生じているのは私。娘は即決できないタイプ。


即決出来ないタイプに、私が脅しをかけて早く決めさせても、
その決断は本来の姿ではなくなってしまいます。

そして、娘は、「早く決めなさい」がプレッシャーになり、余計に迷ってしまうタイプ(あぁ、ややこしい・笑)

娘の特性をヒューマンデザインで解っている私としては
娘が自分で満足いくまで悩める環境を作ってあげることが最善策なのです。

対策としては「一緒に登校しているお友達との取り決めを見直す」こと。

私も「お友達を待たせてしまうんじゃないか」という不安を持たずにいられて、娘も、お友達を一緒に行きたい時は一緒に、悩んで遅くなる時は1人で柔軟に対応できる。

そんな待ち合わせの取り決めをすれば、娘の優柔不断さへの朝のイライラは解決するでしょう。

 

まとめると・・・

決められず迷っている子どもにイライラしている自分への3つの対処法

  1. イライラしてきたら「何が不安なの?」と自分に問いかけてみる。
     
  2. 子供を変えるのではなく、自分の不安が解消できるような解決策を探す
    (解決策が自分1人で見つからない時は、子供に尋ねる、信頼できる大人に尋ねる等)
     
  3. 自分と子供のタイプを知り、「自分とは違う人間なのだ」ということを心に置いておく。

お子さんの迷う態度にイライラし始めたら、試してみて下さいね。

私は、娘の登校の取り決め、どんな形がいいのか、再考してみます!

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

私のメルマガでは、このようなケーススタディーに沿った解決策やエピソードも紹介しています。

 

よかったらこちらからご登録ください。

 

いつもありがとうございます◎

豊川真規子

個性・才能を活かす専門家 豊川真規子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス