この世界の片隅に | 声と言葉で心理の先の真理を伝えるフェイスキーパー及川徳子オフィシャルブログ

声と言葉で心理の先の真理を伝えるフェイスキーパー及川徳子オフィシャルブログ

心と体と魂と自然との調和を!直感で生きるハッピーな毎日!
ROCK&SPRITUALな日々を綴ってゆきます。


テーマ:

今日もご訪問ありがとうございます。
声と言葉であなたの本質を引きだす、ロックなハートの
真理のフェイスキーパー及川徳子です。

 


話題の映画「この世界の片隅に」を見て来ました。

 


「君の名は」も「この世界の片隅に」も夫と一緒に見たのですが
夫の感想は「君の名はもふわぁ~としてたけど、この映画もふわぁ~っとしてたな」でした。

 

 


そうなのです。
1945年(昭和20年)前後の広島・呉。
戦争の時代で、それはもちろん悲惨な時代なのですが、
全体に美しい浮遊感があるのです。


それは人がここにあることの
深さと愛おしさなのかもしれません。

 

 

どうしようもない様々な出来事の中で
一人一人が色々なものを抱えて生きていることや
人間がやってきたことの愚かしさも

悲しさも切なさも
それも全部わかった上で包み込んでしまうような
なんとも言えない感覚。

 


この感じは今じゃないと伝わらないのかもしれないな~って思いました。

 

 

主人公すずを演じたのんの声がたまらなくいい。
すずの声はのん以外に考えられないと言った監督の気持ちがよくわかる。
この声がすべてを包み込む。

 

 

そしてコトリンゴの音楽も。

 

 

 

日々を生きていくこと、
日常の愛しさ。
ふつうの尊さ。
人の愛しさ。

 

 


それは戦争に限ったことではなく
あらゆる時代、あらゆる状況の中でも失われることのない
とても愛しいあたたかなもの。


あたりまえの中にあるとてもとてもあたたかく尊いもの。

 

私達はこうして生きている。

 

 


クラウドファンディングで作られたこの映画のラストで
協力した方の名前を見ていたら、ぐっと来て泣きそうになってしまいました。

 

 

{03F4CD02-F0D2-4113-8DD1-41CF4848FB2F}

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真理のフェイスキーパー及川徳子tokukoのブログさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス