大会編〜つづきのつづき〜

テーマ:
思い返せば このチーム、「体力あるなー」と思えたのが 春日戦のあとの交流戦の時でした。

長い待機時間をポテトでしのぎ



これ、おいしかったね

選手第一の運営のおかげで 同志社大学内の涼しいデイヴィスカフェにてめちゃうまロングポテトを食べ
体力回復!
ペチャクチャタイムで気持ちを切り替える ミーティング!です。

最後の交流戦は「生田ボンバーズ」さん。

昨日の交流戦、今日の春日戦
その3つの試合を通した 集大成は
「自分が持っている体の力の全てを使って 心で負けない強いハンドボールを、仲間としよう!楽しもう!」でした。

いいシュートを持つ選手もいたりスピードハンドボールをしてきたり なかなか手強かったですが、
心が乗ってきたら 自分達のペースをうまく作れるようになり 苦しかったけど なんとか勝ち切ることができました!
6年生が心を合わせ 自分たちが楽しめるハンドボールの流れを ようやく作り出せた瞬間、
「これが全国大会にきた大きな価値だなぁ」と感じることができました。
下積みのある4年生も得点できたこと、まず一番嬉しかったのは 「6年生全員が得点することができた」
このことが 大きな成果であると思います!

頑張った先に待っていた 最高の笑顔、勝利に喜ぶ笑顔

ソフトクリームで乾杯〜〜
♪───O(≧∇≦)O────♪

苦しくても走ったから!
勇気を出して体を当てて守ったから!
みんなが守ってくれたから キーパーは体を張ってとめてくれた!

「信頼できる最高の仲間がいたから ハンドボールを楽しむことができた!」

私の意味のない 「タラレバ」を選手達は必死に仲間と戦いぬいて 「カラレバ」が成功の鍵だと教えてくれました!
〜全国大会という大舞台で 〜

ありがとう!9人のプリプリ プリンセス👸

p.s  今年の大会記念Tシャツ 最高にカッコ良かった!
彼女たちの頑張りはTシャツにデザインされたJAPANをキラキラに輝かせてくれました⭐️

2018.夏  古川GOLDEN EGGS  in  京都