雲のジュウザのように、、、。

誰にも左右されず時間に縛られる事なく己を貫き自由に生きる!


テーマ:
タンブリーニ氏の作品としてbimota(HB1.2.3,KB1.2.3.4,SB1.2.3,YB1.2.3他1983年まで)に始まり916シリーズ(PASOも!)に至り最後にAGUSTA F4が生まれた。

弊社もbimotaをメインとして916系も長年携わってきました。

長年触り続けている上で、bimotaを基本としたディメンションやアイデア、デザインが
AGUSTA F4の随所に見られることが凄く感じ取れるようになりました。

基本とするフレーム、スイングアームピポッドポジション他感じるものが多々あり、 昔気づかなかったことがAGUSTA F4 Serie Oro 発表から約20年経過した今、自分自身が身震いするほど改めてAGUSTA F4の設計の素晴らしさに感動する日々であります。



97年頃の修行時代にAGUSTA F4 Serie Oro が発表され、99年にどこよりも早く日本にF4 Serie Oro を輸入させ、日本で走らせるための対策データを取ったりメンテナンス技術を誰よりも早く学ばせていただきました。

F4 Serie Oro は日本の環境下の信号機が連なる道でアイドリングを繰り返しているだけでパーコレーションが頻繁に起こった。またエアボックスサイドカバーの取り付けボッチも強度不良でポキポキ折れてしまうこともあった。そうしたトラブルや対策方法の情報をカジバジャパン(現アグスタジャパン)とやりとりしたことも覚えています。

翌年の750Sにはクーリングファンの位置や構造が全て変更されたのをご存知の方も多いはず。


それほどに深く関わってきたAGUSTA F4を改めて見直し916系で養った美学であったり日本で乗るための対策であったりと場数と経験に基づいた技術をAGUSTA F4に応用できればと考えました。

b-garageが提案する「日本人によりフィットする、日本の環境によりマッチする」ようなオリジナルパーツを開発製作していきます。

「売れるもの」を作るのではなく「自分自身が納得するもの」を創りたいのです。

どうぞお楽しみに!

b-garage produce MV AGUSTA Original Parts 第一弾!第二弾!第三弾!アップ致しました。
さらに第四弾 近日アップ!
http://b-garage.jp/b_garage/parts/parts_original.html
※ ストック無くなり次第終了。


マニアックなパーツ達も色々と。
b-garage Select Parts
http://b-garage.jp/b_garage/parts/parts.html
※ ストック無くなり次第終了。



b-Garage produce MV AGUSTA original parts 「Final prototype!」
※ 最終プロトタイプ!画像はA2017Sジュラルミン無垢のままですが、完成品は特殊ハードコーティングアルマイト(マッドブラック)を施し、その後、特殊マイクロ切削加工にてロゴを入れ、A2017S無垢の字の色に輝かせます!是非妄想してください!







メンテナンスや車検も受けたわまります。ゴリゴリのフルカスタム車の車検もOK!
基本メンテナンス及びオリジナルパーツ開発製作は初期AGUSTA F4 〜 06年1000Sのスターホイール時代(ブルターレも同様)までとなります。以降モデルは要相談。







b-Garage Concept Car MV AGUSTA F4 1000S Raptor!


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

TECNICAL SHOP「b-Garage」さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。