先日、確定申告のことを相談しに税務署へ行ってきましたキラキラ


思った以上に在宅ワークが稼げるようになってしまって
確定申告をしなければならないと気付いたんですが、
今までは会社で働いたことしかないのでフリーランスとしての確定申告は初めて。


わたしなりにインターネットで色々と調べてみたんですが、
「あっちのサイトではこう書いているのに、こっちでは違うことが書いてある!」
ということが多くて混乱してしまったので、
もうこれはあきらめて税務署に直接行った方が早いという結論にいたったわけであります苦笑


調べてみて気になっていたことが以下3つ。


1.在宅ワークの場合、経費はどう計上するべきか

2.青色申告にする方法とそのメリット

3.家内労働の上限経費65万円とはわたしにも適用になるのか



この3つを重点的に相談しようと決めて、いざ税務署へ!!


まず1.経費についてですが、自宅での仕事なので電気代や通信費は
日常生活の分と混ざってしまっているので仕事をした時の分のみでの計算はできないんです。


また、仕事用のパソコンを今年中に買おうと思っているのですが、
それは経費として扱っても問題がないのかを確認してきましたパステル


その結果、
・電気、通信費は全体の何パーセントを仕事に使ったかで計算する
・パソコンは10万円以下であれば通常の経費、10万円以上は減価償却費

ということ。


例えば、毎月の電気代のうち仕事で消費している電力は1~2割程度、
通信費はインターネットを使っての仕事なので割合が多くて7~8割程度のように計算し、
経費として計上するようにとのことでした。


パソコンについても日常生活で使うこともあるので
事業専用割合を計算してみて10万円以下であればその金額を経費とし、
10万円以上であれば減価償却として扱い、来年以降も計算していくみたいです。


減価償却についてはうまく文章をまとめられないので
こちらのサイトを参考にしてみてください→



次に2.青色申告についてですが、毎年10万円の控除が受けられるため、
可能であれば青色申告の申請を出した方がいいと言われました。


ただ、青色申告するには複式簿記の原則があるのですが、
わたしの場合は個人事業ですし、売買を行ったりするわけではないので
白色申告の際の簡易簿記とそれほど差はないみたいです。


なので、来年の3月15日までに申告をして来年から青色申告にしようと思っていますキラキラ


最後の3.家内労働者の経費、65万円についてはわたしのような仕事は適用外とのことでした。


これは電力検針員や集金人が当てはまるのでまったく無関係でした。


在宅ワークについてのサイトに書いてあったからちょっと期待しちゃったので残念!



というわけで、これを踏まえてしっかりと確定申告に向けて準備していこうと思いますかお


長文になってしまいましたが、お読みいただいてありがとうございますハート




ランキングに参加しています。


よろしければポチッとお願いします★



人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
AD

コメント(2)