前回は、マイヤペンの基本的なところについて書きました。

 

 

 

今回は、どんな風に使っているかについて書きます!

 

具体的な操作方法についてはまた次回以降にでも…。

 

 

  0.用語

 

シールの名前がいくつか出てくるので、

 

分かりにくくならないよう、参考画像を貼っておきます。

 

 

この画像は、マイヤペンのセットになっているシールブックの裏側です。
 
日本語のシール名は私が入れましたー。

 

 

⬇︎Google先生キラキラの翻訳はこちら⬇︎

 

 

 

  1.対応絵本

 
言わずもがなですね。
 
 
 『Baby All Maths & Science』の40冊と、
 
Scholastic社の『Guided Science Readers』A-F(CDなし、音源あり)
 
を買いました。ラクマで。
⬆︎どこで買ってもマイヤペン対応絵本なのかは不明
 
 
Baby All Maths & Science』は仕掛け絵本が多くて、
 
1歳半の息子は気に入っている何冊かは、最後まで見てくれますニコニコ
 
 
Scholastic社の『Guided Science Readers』は、
 
図鑑代わりにもなるかなーと思って買ったんだけど、
 
今のところ、温存されています(笑)
 
 
ちなみに、これのAの音声はめちゃめちゃめっちゃめちゃスピードが遅くて、
 
読み終わるまでページをめくらずに待っていられる気がしない。
 
 
参考までにいくらで買ったかを記しておきます。
 
 『Baby All Maths & Science』¥25,000
 
Scholastic社の『Guided Science Readers』A-F
¥6,500
 
 
 
この2種類は、マイヤペンと一緒に買ったので、
 
販売者が音声データをペンに入れた状態で送ってくださいました。
 
 
これとは、別に、ネット上で音声データをダウンロードできるURLも
 
教えていただき、今はPCにも同データが入っている状態です。
 
ただ、.dabという特殊な形式なので、
 
PCでは(専用アプリ無しには)聞けません。
 
 
 

  2.WWKの絵本

 
WWKの絵本のうちいくつか(ほとんど?)はCDの音声付きなので、
 
手始めに何冊かをマイヤペンに入れました!
 
 
このWWKの朗読音声は、
 
もちろんページや台詞ごとに分割されてはいないので
 
ちまちまと分割作業を行いましたニヤリ
 
 
そうそう、専用アプリがMP3データにしか対応していないので、
 
すでにPCに取り込んでいた音声データをMP3に変換する
 &
変換する前と後のデータ2つが残るので前者をちまちま消す
 
という作業もあったな。
(この後は、取り込む際にMP3データになるようにPCの設定を変更)
 
 
ちまちまとシールも貼って、がんばったけど、
 
今のところあまり活用されてないかなえー
 
 
私が読んでしまうことが多いのと、
 
息子がまだ一人で絵本の文章を楽しめないので、
 
活用されるとしたらもう少し(もっと?)先かな。
 
 
ただ、英語絵本を読みたがらない夫には活用してもらえる予定だったんだけどなー。
 
結局、彼も自分で読んでいる(笑)息子から当該絵本を突きつけられた時は。
 
 
 

  3.WWKのCD(stage0)

 
ステージ0のCDのうち、
 
Touch、Daily song、Rythmの3枚をカード化し、
 
いつでも音楽を流しやすいようにしましたウインク
 
 
ペアレンツガイドから歌詞の一覧をスキャンして
 
画像を加工(拡大)→プリントアウトし、
 
各曲のデータを入れた各"録音シール"を
 
その一覧の該当箇所に貼ってラミネートしました!
 
 
拡大したとはいえ、一行一行が狭く小さかったので
 
録音シールを小さく切って貼ったんですけど、
 
小さすぎて息子にはタッチできず、改善の余地ありですプンプン
 
んーでも勝手に操作されないというメリットでもあるからなー。なやむ。
 
 
ラミネートしたものに6穴パンチで穴を開けて、
 
後述の『よくばりカード』に綴ってますチョキ
 
 
「録音シール」は「タイトルシール」「内容シール」と違って
 
専用アプリを使わない為Macでデータを入れることができるので
 
録音シールだけでいいんじゃないの疑惑があったんですが、
 
息子がペンの録音ボタンを押してデータを上書きしてしまったので、
 
ふむふむ録音シールにも欠点があったのねってなってます。(何の報告)
 
 
で、これをどう使っているかというと、
 
寝る前のふれあい遊びの際に活用してます。
 
 
糸まきまきの英語版とかを流しながら、
 
マッサージしたり脚を動かしたりしてます。
 
そこまで専門的ではないけど、気分はベビーマッサージ✨
 
 
好きな順で手軽に再生できるので、とてもお勧めです😊
 
息子は、ペンからお馴染みの曲が流れると、
 
自らベッドに横たわるようになりました。(かわいい)
 
 

  4.『よくばりカード』

¥3,200でラクマで購入。
インスタで買おうとしたけど、その販売者さんがお休み中だった。
A5サイズです!
 
中のカードは、A5より細い。
 
 
中身はこんな感じ⬇︎
 
 

 ⬆︎車好きの息子がこの右側の乗り物の絵に興味を持って

 
マイヤペンを突き刺しまくってるので、追加で購入予定(笑)
 
 
使い方は、
①マイヤペンを起動
②絵やタイトルの枠外をマイヤペンでタッチ
③「シャラーン」って音が流れる
④興味のある本の絵や、曲のタイトルをタッチ!
という感じ。
 
 
ほとんどの絵本で歌バージョンと朗読バージョンがあるみたい。
 
 
はらぺこアオムシや、その作者エリックカールさんの他の絵本もいくつかあるし、
 
他の有名な絵本(たぶん)も載ってる。
 
 
もし図書館にここにある絵本があれば、
 
それを借りてきてよくばりカードに朗読してもらうこともできる!
 
 
けど、我が家の近くの図書館には英語絵本があまりなさそう…。
 
 
でもまあ、聞いてるだけでも楽しいし、
 
タッチペンが反応するマトも大きくて息子もタッチしやすそうだし、
 
今のところまあまあ楽しめてるかな?
 
 
次に買う対応絵本も決まったし(笑)
 
 
そうそう、このよくばりカードはマイヤペン購入後に別で買ったので、
 
よくばりカードを郵送してもらうのとは別に
 
音声データがダウンロードできるURLもラクマで送ってもらい、
 
自分でマイヤペンにデータをインストール!
 
 
すでに.dab形式のデータだったので、このインストールは楽勝。
 
 
 

  5.CDつき歌の本

 
幼児教室でもらった英語の歌絵本にCDがついていたので、
 
早速マイヤペンにデータをインストール。
 

⬆︎各ページに内容シールを貼り

 

⬆︎目次ページにも内容シールを貼った!

 
 
内容シールを2分割したものをそれぞれに貼りましたニコニコ
 
 
内容シールを使うときは、
 
タイトルシールがいる(=タイトル曲(音声)が必要)なので、
 
絵本のページはなくてCDにのみ入ってたテーマ曲を
 
タイトル曲に設定しましたチューリップ
 
 
 

  6.壁にシール

 
マイヤペンを導入した頃、
 
すでに『はじめてのことばずかん』のタッチペン 
 もあったんだけど、
 
まだタッチペンというものを使いこなせなかった息子あっくん(突然この設定を思い出すw)。
 
 
そこで、彼の好きな曲を録音シールに入れて、
 
彼がタッチしやすい高さの壁と机に貼ってみたコアラ
 
 
最初は1枚だけ単独で貼ってたんだけど、
 
的が小さすぎて難しそうだったのでシール何枚かに同じ曲を登録。
 
固めて貼って、タッチしやすくしてみた!
 
 
これの効果かは分からないけど、ほどなくしてタッチできるようになったタコ
 
 
まだペンの上下を間違えたり不安定ではあるけど、
 
ペンでタッチすれば音が出ることを分かってくれていて、
 
自らタッチしようともする(よくばりカードだけかも)ので良い感じかなヘビ
 
 
WWKのアルファベットポスターも
 
wonder touchでたまにタッチしてくれてるトラ
 
 
 

  7.DWE

 
これは未来の話になるんですけど(笑)、
 
Sing AlongのCDデータをマイヤペンに入れるつもり!
 
 
録音シールでやるか、タイトル&内容シールでやるかが問題豚
 
 
私がスマートstoryシールを使いこなせていれば、
 
タイトル&内容シールでやるんだけどなースライム
 
 
 今日は夫が息子の面倒を見る日なので、
 
これからやってみようかな??
 
 
重い腰をあげて…
 
いや、やり始めると楽しいんですけどね恐竜くん
 
 

 
 
 後半、動物の絵文字にハマったチハヤでしたー宇宙人
 
 
ブログのテンションが定まりませんーイルカ
 
 
 ではまたバイバイ
 
 
 
あ、シールブックの中身の写真、載せておきます⬇︎
⬆︎スマート学習シール⬆︎
 
⬆︎スマートstoryシール⬆︎
 
⬆︎タイトルシール(使いさし)⬆︎
 
⬆︎内容シール(タイトルシールと使う)⬆︎
 

⬆︎録音シール⬆︎

 

 

Amebaアプリ使いにくい…