本家フォーラムですごいものを見つけました。パピーリナックスを自動作成するするという、夢のようなスクリプトだそうです。近未来には自動運転が実用化される等のウワサがありますが、パピーの世界では現実になりつつあります。とりあえず動かしてみましたのでメモにしました。メモ

 

作者の wiak さんは最近話題のDebDogの重要人物です。彼の功績がなければ DebDog は存在しないかもしれません。

 

Auto-build woof-CE Puppy using single script  

 

 

これは何かと問われれば、クリックするだけで PuppyLinux を自動で作成し、ISO ファィルとして出力してくれるモノと答えます。

 

wiak さんの説明によれば「makepupでは、woof-CE(例えば、slackware、debian stretch、ubuntu xenial、devuan、trisquel)によってサポートされているPupの任意の配布タイプを構築することができます」となっています。

 

親切なことに使用上の注意がありました。

 

1.  スクリプトは最近のパピーで実行する必要があります。

 

2.  デフォルトでは kernel-4.4.70 を使用して slacko-6.9.9.9.iso を作成します。

 

3.  スクリプトを実行するには十分なスペース(5GB)の Linux ファイルシステム(ext4)が必要です。

 

さてそれでは動かして見ることにします。スクリプトの使用方法は簡単です。私にもできました。

 

1.  "makepup.tar"スクリプトをダウンロードしてPuppy isoをビルドしたいディレクトリにコピーします。私は HDD に新規パーテーションを用意し、Slacko7.0.0 で作業をしました。

 

2.  スクリプトを実行する前に、ダミーの.tar拡張子を削除してください。 スクリプトがある場所で右クリックで端末を開き、次のコマンドで実行可能にします。

 

# chmod +x makepup

 

 

3.  次に同じディレクトリの端末で、以下のコマンドを入力するだけで、ISO ファィルをビルドします。

# ./makepup

 

 

2017/8/30 追記
Debian Dpup Stretch 版も出ましたが、あくまでも実験版です。3頁目の上側にあります。

./makepup -d 1 -r 1    

d1 : produces Debian-based pup distribution
r1 :  produces Stretch release

 

4.  スクリプトが終了すると、ディレクトリに起動可能な ISO ファィルが作成されます。私の場合は一時間程かかりましたが、数時間かかることもあるそうです。

 

 

5.  スクリプトはダイアログを数秒間表示することがありますが、デフォルトでは手動で質問に答える必要はないそうです。私には質問の意味が理解できていません。

 

 

6. 完成しました。カーネル 4.4.70、Slacko 6.9.9.9 が作成されました。

 

 

そこで早速インストールしてみました。

 

 

フリスビーを起動して無線 LAN も設定してみました。

 

 

少しだけ動かしてみました。特段、大きな不具合はなさそうです。今までパピーは作りっぱなしでセキュリティに問題があると言われ続けてきましたが、これで汚名返上となるかもしれません。いつでも最新版が自分で作成できますので、今のところ少し時間がかかりますが、大きな進歩と言えるのじゃないでしょうか。

 

今までは偉い方が作ってくれた ISO ファィルを後生大事にして日本語化などをしてしていました。これからは自分好みのものが私にでもすぐ作れるという、新しい時代が来たのを感じているジジイがここにいます。長生きはするもんだ。取り急ぎメモにしました。では、また。

 

朝昼晩自動で動くルンバちゃん

AD