ゲゲゲの女房 | 緑道桜子の日記

緑道桜子の日記

脳出血で右麻痺になったけど、まだまだ、これじゃ終われない。


テーマ:

片麻痺仲間とオババと、ちょっと変わった取り合わせで、

「ゲゲゲの女房」映画版を見てきました。


テレビが良かったので、

映画も期待したのだけど、


期待はずれだったかな。


     クドカンは、演出は才能あるのかもしれないけど、


     役者としては、ぜんぜん、ダメだよね。


     お客さんに夢を与えなくちゃ、主役をはる意味無いと思う。


       (歯並び、直せばいいのに・・・)


あと、映画も単調で、あっけない終わり方で、


 戦後の、「俺たちでマンガ文化創るんだ!」という熱い思いも、

 なにも、感じなかった。

  (水木プロダクションのスタッフが描かれていなかったの。)


まあね、そんな日もありますね。


  一緒に見た友達とお喋りする時間があったので、

  楽しい1日でした。

マリリンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス