🌌Personal Shopper

✦Firmstageのアサイヤス監督のインタビュー

Q : あなたは バレンタイン(シルスマリアの秘書役)が 元の選択のミア・ワシコウスカの代わりに、クリステン・スチュワートに行った時に、このプロジェクトの初期の概念のうちの どれかが大きく変化したとわかりましたか?

 

アサイヤス : ええ、まあ。 それはそうだね。 実際 少し違ったものを置いただろう。
僕が書いたものは何でも ミア・ワシコウスカとかなり異なる何かを イメージしてたんだ。
そもそも キャラクターは、クリステンに より近かったと思う。
何らかの理由で それはクリスティンに起こらなくて、素晴らしい女優だと思うミア・ワシコウスカへ行ったんだ。 彼女はとても綺麗で とても賢いと思う。
僕は言った「大丈夫。 彼女は素晴らしい。 僕は適応されるだろう。 僕たちは共通の基盤を 見つけるだろう。 力が働くのは確かだ。」
しかし 僕たちはわずかに 異なる方向に動いたんだ。(注:ミアの不思議の国のアリスの契約があった)

それで 非常に異なる理由のために、僕たちはクリステンへ切り替える必要があったんだ。
彼女ははるかに明らかなフィット感があったので、何とか全体のプロセスはより簡単に感じた。
しかし 事はそれが完全に別の映画であることを除いて、ミア・ワシコウスカで映画を作っても とても満足していただろう。
あなたが劇を持ってる時に 誰をキャストしたかに基づいて、その劇の 100万の異なるバージョンを 持つことができるんだ。
ここで 僕はこの物語のさまざまなバージョンがあるのを感じたのさ。
この物語の 異なる可能なバージョンがあったが、いずれにせよ 僕はバレンタインを演じる誰にでも適応しなければならないということを知っていたよ。

Q:誰かがそれを好きであるか否かを問わず 私がこの映画を見た最も一般的な反応の一つは、いかに スチュワートのパフォーマンスが強いかの 驚きです。 たぶん 彼女に対して 先入観があるので..
あなたは俳優と働く方を選ぶので、私はあなたが彼らについての 良い感情を持っていると仮定します。

 

アサイヤス : ええ。 ええ。

Q:しかし あなたは人々の驚きに 驚いていますか? それが奇妙であるとわかりますか?

 

アサイヤス : ある意味では 僕はそれを理解するよ。 特定の方法では幸せだ。
自分の直感に基づいて クリステンとこの映画を作ることに決めのさ。
彼女はとてつもなく 信じられないほど際立ち 独特のスクリーンの存在感があると僕が思っているという事実に基づいてね。
彼女は このような強力な存在感を画面上で 持ってるんだ。
しかし 僕はこの映画の領域に 彼女をもたらすことができるかどうか 全くわからなかった。
リハーサルなしで シーンを即興で どこまでできるかジュリエットに機能するかどうか、全くわからなかったんだ。
それで 僕はまさに賭けた感覚があった。 完全に別の領域に 彼女を連れて行ったんだ。
でも ほぼ1日後に彼女が 役にぴったりだとわかっていた。 そして それは本当に素晴らしかった。
彼女には 本当に驚かされたんだ。

「<( ̄口 ̄||)> オーマイガ!!! なんて早く彼女は適応するんだろう」

 

トロント国際映画祭に出た時に

CRAVE ENTERTAINMENT

トロント 2016 | ‘Personal Shopper’と脱美化しているクリステン・スチュワートについての オリヴィエ・アサイヤス

受賞した映画製作者は なぜクリステン・スチュワートにパーソナル・アシスタントの役を キャスティングし続けるかについて 説明する

フランスの映画製作者オリヴィエ・アサイヤスは 数十年間 評価されたドラマを 監督してきた。
しかし 少数の人は Personal Shopperで 分裂した。
Personal Shopperは 2016年のカンヌ映画祭でスタンディング・オベーションと同様に、大きなブーイングをもらった。 そこで アサイヤスは最終的に 監督賞を獲得した。
Clouds of Sils Mariaで称賛された後 パーソナル・アシスタントとして、連続2回 クリステン・スチュワートを キャストした。

CRAVE : 何故 あなたはクリスティン・スチュワートを誰かのパーソナル・アシスタントにさせることが それほど興味深いですか?

 

アサイヤス : ええ、それは良い質問ですね。 僕は なぜか よくわかりません(笑) それはちょうど そのように起こりました。
僕は 彼女は 多くの映画スターと 異なっていると思います。  非常に…とても。
彼女は 率直です。  彼女は とてもシンプルです。 彼女は 偉大に見える多くのキャラクターを 刺激しません。
彼女は群衆の一員である誰かを[書くために]僕を 刺激させます。 そして 彼女が美しくて そのような強力な存在感が あるからだと思います。
しかし 同時に 彼女は 地に足がついてます。   彼女は ノーマルです。
彼女がとてもシンプルで 自然で 人間のレベルにおいて あなたに係る人だと 思うから、僕は彼女を脱美化するのが 本当に面白いと思います。

CRAVE : あなたは『クリステン・スチュワートのパーソナル・アシスタント』三部作のシリーズ3作目に 何を計画していますか?

 

アサイヤス : (笑)それは 三部作で なければなりません。

CRAVE : それを 急ぐ必要はありません。 あなたは 時間があります。

 

アサイヤス : 僕は 時代物を製作したいです。 クリステンと時代物を製作したいです。

 

the Playlist   by Kevin Jagernauth  September 27
オリヴィエ・アサイヤスは クリステン・スチュワートを「彼女の世代の最高の女優」と宣言し
" Idol's Eye "は 再開するかもしれないと言う


「クリステンは 彼女の世代の多くの女優より 無限に広い領域があります。 自然らしさと自然発生的な行為に結合された 内側の深さを 持っています。
また 彼女を監督することで成功することができたと 僕を信じさせる映画の生まれながらの 技能を持ってます」とアサイヤスは 付け加える。
スチュワートは 数々の多様なディレクターと 幅広いプロジェクトの契約をし続ける。 アサヤイスは たぶん 彼女の才能を信じているただ一人の人ではない。

監督自身に関しては、オフィシャルに どんな新しい映画のプロジェクトもラインナップしてない間、“Idol’s Eye”を 取り戻すことを 望んでいると言う。
その映画は ロバート・パティンソン ロバート・デ・ニーロとレイチェル・ワイズを 主演させると思われた。 しかし 資金繰りは2014年にどたんばになって停止した。 しかし アサヤイスのプロデューサーは 最近 権利を再び得た。
そして すべてが予定通りに進むなら それは間もなく撮影することができる。
「それが僕の次の映画であるなら いいのですが」と アサヤイスは言った。
「物事が進むなら 冬の終わりの前に トロントでそれを撮影したいと思います」
幸運を祈って そして キャストも まだ無傷であることを望もう。

xxxxxx

他の記事で 上記以外に載っていない部分(Film Stage)
アサイヤスは プロダクションを 再開するにあたって「脚本を修正し 新しい映画製作チームを集める」計画を 述べた。
前に キャスティングされた俳優の 多くは忙しく、パティンソンは この冬 " Claire Denis ’ High Life " を撮影予定だから、我々は直ぐに キャスティングの 最新版を得るだろう。
スチュワートの参加を 願ってる人々のために、「今のところ 進行中のものは 何もありません。 現在 僕は(何かあるといいが) 彼女に提案するプロジェクトを 持っていません」