更年期障害について | 左京区一乗寺 大人から子供まで通える治療院 岡村鍼灸マッサージ院

左京区一乗寺 大人から子供まで通える治療院 岡村鍼灸マッサージ院

京都市左京区で診療しております、岡村鍼灸マッサージ院です。あらゆる痛みから子どもの夜泣きまで対応しており、ご家族皆様で通っていただける治療院です。
薬を使いすぎずに自然な治療法で身体のケアをしたい方は、ぜひご来院下さい。


テーマ:
猛暑のピークも過ぎて、秋の気配も感じられるようになってきました。
まだまだ暑いですが‥


では今回は、描いて欲しいとのリクエストもありました更年期障害について。

更年期障害はホルモンバランスが大幅に変化する時期に、同時に自律神経のバランスも崩すことで起こるとされています。

ホットフラッシュ、不眠、イライラや抑うつ状態など自律神経が興奮傾向に偏ることが原因の症状がほとんどです。

自律神経とは体温の維持や眠気を促す事など、無意識のうちに身体を維持するために働く神経です。

さて、東洋医学ではどうなのか⁉︎

更年期障害は陽気の働きが過剰になってしまった状態です。

身体を鎮静させる陰気よりも興奮させる陽気が過剰に働いてるという事です。

やはり引き金はホルモンバランスが大きく変化することなのですが、もともと陽気が過剰に働いてしまっているタイプの方が発病し易いのです。

例えば、
睡眠のリズムが不規則な方
飲酒が多い方
サウナ好きな方
冷え性な方
のぼせ性の方
セッカチな方
花粉症がキツイ方
などなど‥

どの状態も自律神経の興奮した状態です。

ちなみに花粉症の身体の状態は更年期障害の状態と非常に似ているのですよ。

ようは、陽気が過剰に働いて気や血が上半身に集まってしまった状態です。

上記のような症状がある方は更年期障害になりやすいので気をつけましょう。

ようは、睡眠は出来るだけ規則正しくとり、飲酒やサウナは控える。
他の症状があるかたは気血を下半身に巡らすために足湯を毎日して気血を下げる。


では、次回は実は更年期障害とも関わりのある四十肩・五十肩について。


岡村鍼灸マッサージ院
〒606-8111
京都市左京区高野泉町11-110
予約電話  075-708-2848



岡村 一希さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス