嫌な人 | 青年僧侶のシャカリキ奮闘記

青年僧侶のシャカリキ奮闘記

京都市にある日蓮宗・護国寺の僧侶です。
日々の活動を綴ってます!


テーマ:

昨日2月27日、京都の常任・専任布教師会主催の研修会がありました!

 

講師は大阪の東孝信師。

 

宗門運動をどう説くか!?

 

をテーマにお話しをして頂きました。

 

 

内容は大変濃くて難しいものでしたので、

 

一部分だけご紹介します上差し

 

昔から、

 

袖触れ合うも他生の縁

 

と言いますように、この世で出会う人は、

 

過去世からのご縁で、出会うべくして出会っていると言われますキラキラ

 

これは法華経的に言うと、

 

私達が今世で仏となるために、

 

色々な人に出会い、修行をさせて頂いているということになります上差し

 

時には、あの人は嫌い!

 

あんな悪い人はいない!!

 

と思ってしまう人と出会うこともありますが、

 

これも私達が仏となる為には必要な人でもありますお願い

 

 

法華経の『妙荘厳王本事品第二十七』に、

 

若し善男子 善女人 善根を種えたるが故に世世に善知識を得る

 

と説かれており、

 

仏になる為に、

 

何度生まれ変わっても心に仏の種を植える原因となる仏道へ導く善知識という人と出会う!

 

とありますひらめき電球

 

そして、

 

善知識は是れ大因縁なり

 

と説かれ、

 

そのような善知識という人は、大きな大きな過去世からの因縁で出会うのですよと上差し

 

お教えになられているのですねキラキラ

 

では善知識とは良い人ばかりなのでしょうか?

 

意外にもそうとは限らないもので、

 

この世の中では、

 

自分にとって都合の悪い人、嫌な人、意地悪をしてくる人がいたからこそ、

 

自分自身が成長することが多々あります!

 

 

 

日蓮大聖人もご自身の命を狙い殺されそうになった、

 

東条影信や平頼綱がいたからこそ、

 

法華経を色読できたし、法華経の行者となり得たと『開目抄』に書かれています!!

 

相模守殿こそ善知識よ 平左衛門こそ提婆達多よ

 

つまり嫌な人こそ善知識なのかもしれません!

 

嫌な人は、自分の嫌な姿を他人に写しています…。

 

自分の嫌な部分、影の部分を相手に投げているのですね上差し

 

これを投影といいます…。

 

嫌な人は、自分の心の鏡ということでしょう(。-人-。)

 

・・

・・・・

 

本日28日は、向日市の北真経寺で部経会がありました!

 

法華経を一々文々、かみしめながら読誦致しました(。-人-。)

 

 

この世で出会い、見聞きすること全てが善知識なんですねキラキラ

 

そのように少しでも思えるようこれからも精進して参ります照れ

 

以上、研修会&部経会でしたうえ

 

南無妙法蓮華経(。-人-。)

 

 

      日蓮宗 了光山護国寺  ~山科檀林旧跡~ 

               

護国寺の公式ホームページ

http://www.yamasina-gokokuji.jp/

色々なコラムがあります

http://www.yamasina-gokokuji.jp/koramu.html

素朴な疑問は問答Q&A

http://www.yamasina-gokokuji.jp/qanda.html

護国寺の年間行事

http://www.yamasina-gokokuji.jp/company.html

今月の信行会

http://www.yamasina-gokokuji.jp/singyoukai.html

上田尚史のシャカリキドン!(動画配信)

https://www.youtube.com/playlist?list=PL3C8E50F800FAC1FB&feature=view_all

 

読者登録してね

 

 

おしょうにんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス