ごきげん道草

ごきげん道草

ごきげんな毎日でありますように!
      消費生活アドバイザー、みっちいの日記

緊急事態宣言解除後も 電車で出かけるのは 躊躇してしまいます

 

お天気のいい日に来てくれない?と母

 

雨の続いた翌日の予報は 晴れ 降水確率0%

 

明日行くわと みっちい

 

 

 

季節外れだけど 母の好物 里芋と棒鱈を炊いて

 

昨日のおかずだった マーボ豆腐と

 

即席の細切り野菜のサラダ

 

を持って 早めに行きました

 

 

 

母は寒がりだから まだ モコモコの布団がベッドにあります

 

ぜんぶ干して 洗って マットレスにも掃除機

 

ほかの洗濯ものも たくさんあります

 

布団はクリーニング屋へ運びました

 

 

 

彼女は 背が小さくなって もうベランダの竿に届かない といいます

 

体力もすこし落ちてきたようですね

 

今までしていたことが面倒になったりと 不便があるようです

 

 もうすぐ93歳だから…仕方がないのでしょう

 

今更 がんばれとは言えないわ

 

家に居たいという彼女が 暮らしやすいように整えたいと思います

 

 

 

ずっと自立だった彼女に 要支援1の認定が下りたのが去年

 

今年の更新で要介護1 になり 担当の方も変わりました

 

週に一度 お風呂や居間の掃除をしてもらえるのが助かりますし

 

彼女は週に一度の あんま が楽しみだそうです

 

ありがたいことです

 

 

 

片付けながら ずーっと おしゃべりばかり

 

母が

 

「あんたには ホンマに世話になっている

 

 ありがとう

 

せやから 私が死んだらな…

 

 

 

ずーと 見守ってあげるからな」 

 

と言ってくれました

 

 

「ありがとう!」 というしかないですね

 

どうぞよろしくお願いしますね

今日は快晴  気功の日です

6月半ばまで まだ会館が使えない(運動関係、歌関係はだめ)ので

 

公園ですることに

 

木陰に間隔を広くとって3か月ぶりにみんなで気功

 

 

風がそよぎ、鳥が鳴いています

 

上に伸びると緑と青空が目にうれしい

 

いいなあ 外での気功

 

 

気功は人が自然に帰るためだから

 

自然の中で動くのがいいの

 

氣をいっぱい持っている大木もあるしね

 

 

呼吸がとても楽です 無限の宝物を得た感じです

 

いいセルフケアができました

 

コーヒー

 

家に帰って マルベリー(桑の実)の仕上げです

 

昨日友達の庭のを収穫させてもらいました…去年のはここ

緑色の軸をハサミでとって…指もハサミもまっかっかですよ

 

流しながら掃除して 水を切って 鍋に

 

砂糖をまぶしておいて

 

そのまま炊いておきました

 

 

今日は

 

味を見て もう一度火にかけ 

 

汁がしゃぶしゃぶなのでゼラチンを少し入れました

ヨーグルトに入れていただきます 楽しみです

 

今年もごちそうさま

コロナで我慢の毎日 家の近くを歩いています…9000歩くらい

 

途中で買い物したりね

 

そのほかはずっと家にいます

一年に一度の検診の予約日なので 久しぶりに電車に乗りました

 

病院の中は人がたくさん いつもと変わりません

 

整形外科の診察室前の待合は席がいっぱいになり 密な状態ですよ

 

でも いつ呼ばれるか…そこに居なければいけません

 

 

前回の検診では手術をしてくださった先生が転勤で 担当の先生が変わりました

 

またその先生も転勤になられたようです

 

今後担当してくださる 初めての先生と話しました

 

レントゲンを一緒に見て 去年のと比べます

 

間違い探しのような気分 ここ色が濃くなっていますね とみっちい

 

これは 角度が少し違うだけ おなじなんですよ と先生

 

変わりありません大丈夫ですよ

 

 

先生がみっちいの膝を上から押さえて ぐっと上げてくださいと

 

次は両側からはさんで 膝を広げて と

 

最後は膝の間に入れて 閉めて と

 

筋力は十分ついていますね とおっしゃる

 

毎日たくさん歩いていますが 歩きすぎでしょうか?

 

何も我慢することはありませんよ そのために手術したのですからね

 

ただ

 

転ばないように そして交通事故に遭わないようにしてくださいね

 

もちろん運ばれてきたら診てあげますけど…

 

気を付けて過ごして 一年後また元気な姿でお会いしましょう

 

ですって音譜

 

 

いつもなら 途中でランチして帰るところですが

 

今日は我慢 まっすぐ帰宅です

 

 

ついでに 気になっている右手のブシャール結節のことも訊きました

 

手術のほかは 特に治療法がない と

 

変形性関節症だけど 体重のかかる場所ではないので

 

休めること 使いすぎないことで 様子を見てください と

 

やっぱりね うまく付き合えってことですね 

最近 よく歩きます

 

一日平均9,000歩くらい

 

 

新型コロナのせいで 仕事も用事も ほとんどキャンセルになりました

 

電車に乗って出かけることもあまりないし

 

もっぱら近場を ちょこまかと行ったり来たり

 

 

同じところを歩いても 日ごと景色が変わるのは楽しいこと

 

たった一日でこんなに

ほらね

 

昨日はちらほらだったのに

2月の終わりの日に 

 

ばら寿司を作って 娘と孫ボーイと3人で 京都の母のところに

 

お昼を一緒に食べました

 

 

お寿司を食べながら お雛さん まだやねと

 

それを聞いた孫ボーイ

 

翌日 さっそくスチールの7段を組み立ててくれました

 

大変なんですよ 重いし 大きいし

 

綺麗に毛氈を敷いて

 

15人のお人形とお道具を 飾ってくれました

 

すばらしい

 

おととしくらいから 全部自分でしてくれます  ⇒ 4年生の時

 

みっちいは 楽ちんです

 

またお寿司を作りましょうね

前の記事の続きです

 

二つ目の出前講座はけやき坂のレガロアコンフォート

 

サービス付き高齢者住宅で

 

その1階が食堂兼リハビリルーム 平日はデイサービスの場所

 

日曜日は地域の自治会が使わせてもらっているとのこと

 

その日は自治会主催の高齢者の集まりで

 

そこでのランチの後 講座を見てもらう段取りです

 

 

会場に着いて どこを舞台にしようかと迷いました

 

広々としているけど 立派なテーブルが並び

 

ベッドのコーナーもあり、リハビリの機械も転々と

 

食事をされる 近くに舞台を作りました

 

 

始まるころには上階にお住いの方々も参加されました

 

いつもは1時間ほどですが その日は45分でとの注文

 

和やかに進み 劇も楽しんでくださる つい時間が延びそうに

 

気を使いますが お約束は守れたようです

 

おもしろかった よく分かった と喜んでくださいました

 

 

新型コロナのせいで 月一のこの会もしばらく中止だそうです

 

自治会のお祭りも全部中止になったと 役員さんは悔しそう

 

 

この施設きれいで素敵 それにスタッフの方が よく気を配ってくださる

 

住み心地は良さそうです

 

 

アカンマンの出前 3月は注文がありません

 

春休みですね



先週は 出前講座が2回

 

一つ目は、緑台老人福祉センターの集会室

 

普段利用されている方 市広報の募集に申し込まれた方が対象です

 

 

川西市には老人福祉センターが3か所あり

 

60歳以上の市民が 無料で利用できます

 

お風呂の他くつろいだり学習したりのスペースも

 

お昼ご飯を食べている人たちもいました

 

健康相談や講演会などの催しもあり

 

アカンマンもその一環として出前注文を受けました 

 

 

ジェイコムのTVが講座の取材に来られると聞き 驚きました

 

広報をご覧になったそうです

 

会場の後ろにカメラをセットされて

…時々角度を変えて…

 

気にはなりましたけど…いつもの通りやるだけ

 

講座が終わってまず参加者にマイクを向け

 

最後はアカンマン代表へのインタビューです

 

 






というわけで6時のニュースで放送

 

ずいぶんコンパクトになりました

 

 

この日も新型コロナの影響で

 

開催を迷われたそうですが

 

来てくださった方々ありがとうございます

今年4月1日から大きな改正がスタートします

 

今まで受けた改正に向けた市民講座などでは「相続」の話がほとんどでしたが

 

今回の講座の講師は坂東俊矢弁護士

 

主に消費者トラブルにつながる契約関連の改正について話してくださいました

 

今まで当たり前と書かれていないことも細かく条文化されているが

 

任意規定も多いから、4月1日から実際どう変わるのか

 

事業者の約款や契約書をしっかり見ないといけませんね

 

 

消滅時効についても1年から3年の短期の時効はなくなる

 

まあ民法ではそうだけど…

 

民事特別法の定めたものはそれぞれで対応するので

 

例えば、未払い賃金の請求権の時効が今2年だけどどうなるか…

 

 

保証契約では 根保証の限度額の設定がなければ無効になる

 

 などなど…

 

 

私たちの生活にじわじわと影響与えてくるのではないかと

 

新しい民法をみんなが理解して 使えるようにならないといけません

 

 

 

みっちいが不安なのは再来年2022年の成年年齢の引き下げ

 

現在でも二十歳になったとたん トラブルに遭う例がどっと増えるのに

 

18歳になったら未成年者取り消しはできなくなるし…

 

施行までに 消費者教育が必要なのはもちろんですが

 

18歳で単独でできるようになる契約 法律などでの何らかの救済制度があったほうがいいわ

 

コーヒー

 

この講座の前は 勉強会の仲間で新年会を兼ねてランチ

 

本町の「日本食堂」…ビルの半地下になったところ

 

日曜は定休日ですが 貸し切りで受けてくださいました

 

シェフがお一人でサービスしてくださって

 

前菜はキッシュが最高…カボチャもなかに

 

お肉もお魚も、あっ スープもいけました

 

シンプルなケーキのデザートも

 

みんなおいしくて 満足でした

まずはお城にご挨拶 昨日です

 

会場は駅前の山陽百貨店の上にあるキャスパホール

 

駅前だから便利ですね

 

 

ホール備え付けの音響機材を使えるのと 小道具が少ないので電車です

 

道具が少ないのは 15分間の公演だから

 

寸劇ふたつ交えて15分の作品に仕上げました

 

歌も2曲 「いりません」の練習も しましたよ

 

 

 

姫路市生活学級修了式と消費生活講演会という行事です

 

修了式と講演会

 

その間にアカンマンの公演です

 

 

姫路市消費生活センターの宣伝と啓発をお願いしたいとの依頼でした

 

 

大きな舞台ですので気持ちいいですね

 

お客さんたちは あたたかくてノリのいいみなさん

 

 

おかげで楽しく 緊張はしましたが いつも通りできました

 

15分はあっという間、走り抜けた感じですねえ

 

 

15分だから リハーサルもきっちりできましたし よかったです

 

プロの方がピンマイクの管理もしてくださって

 

音のことおまかせで 気にしなくてよく 楽でした

 

無事に終わってホッとしました

 

 

 

今朝 姫路市消費生活センターからお電話

 

会場の雰囲気も良かった おもしろかったと反響も

 

メールもいただいた センターのことをおおいに伝えてもらえてうれしいと

 

 

約束したお役目は果たせたようです

 

本当に良いチャンスをいただきました

 

また一つアカンマンは前進です

 

 

 

メインの講演会の講師は 経済ジャーナリスト須田慎一郎氏

 

お話好きな須田節が聴けました

 

話しが飛ぶ いろんなエピソードが

 

わき道にそれる 面白い話 満載

 

でも ちゃんと繋がっています

 

 

 

巷で起こっている出来事はみな 

 

長い目で見ればいずれは自分に関係してくる

 

自分には関係ないなんて 思わないことだな 

2月の初めは勉強会に参加しました

 

「タビオ」株式会社の方が講師で 演題は「エシカルへの取り組み」です

 

靴下の製造小売りの会社で 全国で260店舗展開

 

海外ではフランスやイギリスに直営店があるそうです

 

店は 「Tabio」 「Tbio men」 「靴下屋」

 

 

① 靴下廃材を活用した障がい者支援

端切れのわっかを無償提供でモノづくりを支援

 

② 不要な靴下を回収してリサイクル

綿オンリーのものは燃料のバイオエタノールを作りジェット機を飛ばす

化繊や混紡物はポリエステル材に資源化する

 

③ 障がい者アーティストのデザインを靴下にプリントして販売する

 

④ 寄付金付きの災害復興支援靴下の販売

例えば「くまモン」をあしらった靴下

 

⑤ 綿花栽培を応援する

天然素材を使いたいタビオの オリジナルコットンを

奈良県で無農薬で作ってもらっている

 

 

以上を詳しく説明してもらったあとは ワークショップ

 

片方の靴下でぬいぐるみを作りました

 

提供してくださった片方ばかりの中から選びます

 

かかとの手前まで綿を詰めて 輪ゴムで絞って首にする

 

手と足もわたごと引っ張って 輪ゴムで形作る

 

かかとの出っ張りが顔 また綿を詰めて

 

てっぺん2か所 輪ゴムで絞り 耳に

 

目玉のシールを付けて出来上がり かわいいわ

 

縫うこともなく 何人かいらした男性の方も すいすいできます

 

次は

 

①の靴下廃材(わっか)を使ったお楽しみ

 

廃材というのは つま先の一部です

 

機械で編むと つま先のところでつながってくる

 

つま先を付け 縫い代を切り取った部分が廃材になる

 

かなりの量で 処分するのも経費が掛かる

これが そのわっか 色とりどりですよ

 

指で編んでいくわけですが

 

始めは簡単なシュシュづくり

 

わっかをねじりながら 4本の指に掛けていき

 

もう一本同じように掛けたら

 

先に掛けたのをくぐらせて外していく

 

同じ作業を繰り返して編んでいくわけです

 

10本くらいで止めてゴムを通したら出来上がり

 

わっか自体が伸縮性があるのでよく伸びます

その次は指編みで平たく編んだり 籠のようにしたりと好き好きに

 

わっかを4重にした小さい輪の中に6本6目編んで1段

 

2段目からは

 

平たくなるように一目にふたつ入れたりしながら どんどんと

 

ぐるぐると丸く編んでいく

 

みっちいは 平たく鍋敷きにしました

 

最初は戸惑ってらした男性もコツをつかむと 次々と完成

 

可愛い作品 勢ぞろいで記念撮影

 

全員靴下なんだぞ!

 

実に楽しかったです