おはようございます

 

 

「失ったものを数えるな。残されたものを最大限に活かせ」

 

 

パラリンピックの父と言われる

 

ルードウィッヒ・グットマン博士

 

の言葉として

 

パラリンピックの精神を

 

最も端的に表していると

 

言われています

 

 

私自身も

 

コロナ禍で

 

仕事と

 

手に入るモノは

 

失われました

 

あと、今後の計画も

 

変更を余儀なくされました(T_T)

 

 

でも

 

いまさら言っても仕方がない

 

 

その代わり

 

時間と

 

「ではどうする?」

 

と言う

 

問いが

 

手に入りました

 

 

その答えに

 

自分が

 

答えることが

 

 

まだ失っていない

 

自分にあるモノ(スキル、人脈、アイデア等)に

 

気づくきっかけになります

 

 

あるものは在る

 

ないものは無い

 

では

 

今あるものをどう活かすか?

 

 

失うことによって

 

得た時間を活用して

 

少し考えてみたいと思います

 

 

★人材育成・組織構築などの

  研修・セミナーをお考えでしたら★

 ビジネスコーチ

 キャリアコンサルタント

  赤澤 徳俊

 HP  http://akazawago.com/