おはようございます

 

 

約3か月ぶりに

 

一人ではない

 

アーチェリー

 

趣味が一緒だと

 

始めましてでも

 

会話が弾む^^

 

 

そんななか

 

アーチェリーで

 

矢の飛びかたを安定させる

 

補助具(スタビライザー)を

 

弓に取り付けて

 

今、練習しています

 


真ん中から伸びてる棒です

 


付つけてびっくり

 

確かに飛びかたのブレが補正されてる

 

 

が、

 

フォームが崩れヘタになっちゃいました

 


どう修正していいか、

 

教えてくれる人もいないので、

 

迷走すること一か月

 

 

かっこよく言えば壁

 

でも我流の限界でも

 

あるような気がしてました

 

 

「ここまでかぁ~」と思いましたが

 

ダメ元で

 

スタビライザーをつける前と後で

 

何が違うか

 

確認しようと思いました

 

 

外してみたら...

 

弓軽っ!
 

矢飛び悪っ!
 

と思った以上に違いが‼

 

 

再度スタビライザーを付けて

 

その違いに納得

 


で、その違いを

 

力で押さえつけて

 

今まで通りのフォームで

 

射とうとしたことも認識

 

 

変化を受け入れ

 

その変化に合わせた体の使い方を意識したら

 

早速それなりの成果が^^

 


フォームの定着には

 

時間がかかると思いますが

 

やりがいは感じます!

 

 

目の前に変化があるとつい

 

その変化をコントロールしたり

 

拒絶したくなりますが

 

変化を取り入れ自然体で

 

流れに逆らわず

 

力の方向を

 

考えると

 

推進力に変換されます

 

 

無理をしないで

 

力の流れの

 

源流と

 

下流を知る

 

これがポイントだと思います

 

 

一射ごとに

 

「?」と「!」

 

そしてまた射る

 

それを

 

何百回と繰り返す

 

 

「ローマは一日にして成らず」

 

 

その通りだと思います...

 

 

★人材育成・組織構築などの

  研修・セミナーをお考えでしたら★

 ビジネスコーチ

 キャリアコンサルタント

  赤澤 徳俊

 HP  http://akazawago.com/