職場はお金を貰って通うビジネス塾 | 新大久保あっぱあっぱのブログ

新大久保あっぱあっぱのブログ

気付き、家族生活、東京散歩
などなどを日本語&韓国語で書きます。

34歳で初めて入った職場の人間関係は想像以上に辛かった。

 

アラフォーの独身女性の上司は

人の人格を完全に踏みにじるような

言葉をヒステリックに平気で言う人だった。

何回も殺意の衝動を感じたが耐えた。

 

水商売あがりの社長という人も

嘘は平気で言うし

言葉はゴロゴロ変える人だった。

 

何回も辞めたい気持ちになったが耐えた。

理由は目標があったからだった。

 

子供の安全な学校生活のために

この会社で永住権を取るまで耐えるつもりだった。

 

日本の永住権は来日10以上で

5年以上ビジネスビザを取って

5年間税金を納めた実績がないといけない

ルールがあるからだった。

 

そしてもう一つ耐えられたのは

会社に対する考えを直したからだった。

 

ある人は職人技術を学ぶために何年間無給で働く人もいるが

同じように社会に生きるために必要なビジネススキルを習うためには

自分がお金を払わないといけないのを

今の職場はお金を貰いながら習う事が出来る場所だと考え直した。

 

愛社心?

会社の人間関係?

会社やめると水の泡だ。

他人が自分の人生を責任取ってくれない。

 

職場とは自分がお金を頂きながら

ビジネススキルを学ぶ場所だと意味を付けると

今までの職場の人間関係の問題は

すべて自分が乗り越えるべき課題となったのだ。