天災は忘れた頃にやってくる-その10 | ラッキーリング

ラッキーリング

石は、色や姿・形で人々を魅了するばかりではなく、ラッキーをも呼び込むと言われます。石に対して視覚だけではなく、触覚や聴覚や嗅覚や味覚を含めた五感を総動員し、さらに第六感で石と出会う時、大地からの大いなる祝福と恵みに気づき、感謝と感激の涙を流すことでしょう。


テーマ:

昨日、生まれて初めて

「僕には未来がある」

と気が付き、体全体がボォーッとしたように気だるく重くなったので、

翌日の土曜日は、自分を大切にしようと思い

近くのお寺の護摩法要に行った。

 

お護摩の後、阿闍梨さんにご挨拶に行くと

「ご真言を独唱していたのはあんたかい?」

と阿闍梨さんから聞かれた。

僕は、「みんなも唱えていましたよ。」

と言うと、阿闍梨さんは

「リードしていたのは」

と訂正した。

 

阿闍梨さんは、とても純粋な人だが、この時も

とても純粋なお方だと思った。

 

坂本に来た時は、ご真言を唱える時、なかなか声がでなかった。

僕は、「門前の小僧、習わぬ経を読む」の言葉のように

少なくとも、ご真言だけは、しっかりととなえることができるようになりたいと思い、時間がある土日は、足しげくこのお寺に通い、早や一年間が過ぎた。

ようやく声が出るようになったが、まだまだである。

目標は、他の阿闍梨さんの声であるが、そのことは別の時に書こうと思う。

 

お護摩の後、昼食をいただき、阿闍梨さんの庭のザクロの実をいただいた。

その後、午後の先祖供養に出た。

いつもは、阿闍梨さんとお小僧さんのお二人だが、

今日は、阿闍梨さん以外に4人いた。

本式の法要だったので、とても感激した。

 

「僕には未来がある」と気が付いて二日目、

とてもラッキーな日だった。

 

夕方から、電車に乗って買い出しに行った。

2L74円の水を6本買ってきた。

 

防災用の水、まずは、2L×6本を確保する。

 

 

 

 

よろしければ、応援クリックをお願いいたします。
2個全部クリックしてくださったならば、最高にうれしいです。

 

にほんブログ村 ファッションブログ パワーストーンへ
にほんブログ村

 


ブログランキング

 

いつも応援ありがとうございます。

 

ラッキーリングさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります