チュウレンジハバチがやってきました。 | ラッキーリング

ラッキーリング

石は、色や姿・形で人々を魅了するばかりではなく、ラッキーをも呼び込むと言われます。石に対して視覚だけではなく、触覚や聴覚や嗅覚や味覚を含めた五感を総動員し、さらに第六感で石と出会う時、大地からの大いなる祝福と恵みに気づき、感謝と感激の涙を流すことでしょう。


テーマ:
5月24日(土)大安、チュウレンジハバチが群星というバラに卵を産み付けていました。



チュウレンジハバチは、卵を茎の中に産み、茎に立て筋ができます。
その後、幼虫がいっせいに出てきて、葉をいっぱい食べます。
この幼虫達は、葉をきれいに食べて、次の葉に移ります。

他の幼虫は、虫食いだらけの葉にする食べ方をするものもいます。

ネットとかで見ると、虫の幼虫を人類の敵のように猛烈に敵視する人がいますが、
自然界は、広い意味で共存共栄なので、農薬をまかずに、殺虫剤をまかずに
そのままにしています。

群星と言う名前のバラは、名は体を表すではありませんが、本当に群生します。
花がなくなった後は、緑の葉がとてもきれいなバラです。
葉をいっぱいつけるので、少しくらい虫さんたちに上げてもいいかなと思っています。

そんな余裕がある気持ちになれたのも、ここ数年の間で、
それまでの、苗木から1~2年の頃は、チュウレンジハバチを目の敵にしていました。
せっかくつけた葉をみんな食べてしまうのです。
まだ葉の数も少なかったので、葉っぱを全部たべられてしまうんじゃあないだろうか
とさえ思えるほどの旺盛なる食欲にビックリしました。
一枝に、びっちりとチュウレンジハバチの幼虫達がいっぱいついていて、
その幼虫達が、みんなとても元気良く、むしゃむしゃと葉を食べ続けている様を見れば
私の恐怖も、まんざらうそではないと思えることでしょう。

今後、幼虫が出てきたら、また写真を撮ってアップします。

実は、このチュウレンジハバチ、今年ようやく来てくれたので、ほっとしているのです。
ここだけの話ですが、あの大震災以後、チュウレンジハバチがピタッと来なくなったのです。
昨年は、一枝にちょこっと幼虫達がいるのを見かけたくらいです。
2011年(平成23年)3月11日(金)の東日本大震災の年は、チュウレンジハバチが来なかったのです。
2012年もチュウレンジハバチが来ませんでした。
昨年2013年に、一枝にちょこっとでもチュウレンジハバチを見つけて、とても懐かしく、とてもうれしく思いました。
2014年の今年は、おそらく、また、チュウレンジハバチが、あの猛威を振るうがごとく、津波のように一列に並んで旺盛なる食欲で葉を食べていく姿を、また私に見せてくれるであろうと期待しています。

フェリシアの花には、ホソオビアシブトクチバの幼虫が数匹います。
今度写真を撮ることがあれば、ここにアップします。
ホソオビアシブトクチバは、ピンクで香りの良いフェリシアの花が大好きです。
さすがに、花を食べられると、この野郎!と思うのですが、幼虫だとオスなのかメスなのかわからず、呼びかけるのに、少しためらいを生じます。

なにはともあれ、虫もすめないような場所は、まして人間が住めるような場所ではありませんので、東京も、一応は、まだ人間が住める場所であると、安心したチュウレンジバチ との再開でした。

余談ですが、チュウレンジバチは、土の中でサナギとなって越冬するそうです。
人生いろいろ、虫の生き方も、いろいろですね。




よろしければ、応援クリックを2回お願い申し上げます。

あなた様の温かなクリックは、このブログにとって最高のハートのサポートです。
心より篤くお礼を申し上げます。
いつも応援をいただき、誠にありがとうございます。
m(_ _)m


にほんブログ村



ブログランキング



 ヒーリングバザールのサイトは、こちらからご覧ください。

 フラワーエッセンスのサイトは、こちらからご覧ください。

フラワーエッセンスのハートサポートシステム



●運営しているサイト
  フラワーエッセンスのハートサポートシステム
  日本フラワーエッセンス協会
  オンラインショップ(フラワーエッセンスのお店)
  ヒーリングバザール(パワーストーンのお店)

●運営している三つのブログ
  フラワーエッセンスの選び方
  フラワーエッセンスとチャクラ・エネルギーボディ(サトルボディ)・カラー
  ヒーリングバザール


ラッキーリングさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります