こんにちは!
絵の具や新聞紙あそび、泥んこ遊びが大好き!
ぐちゃぐちゃ遊び認定講師のゆきです!
11月28日(木)に、横浜市のあざみ野でぐちゃぐちゃ遊び体験会を開催します🎵
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

9月に入り、4月からの幼稚園に向けたプレ活動や保育園の見学等も本格化してきましたね☀️
わたしも、長女の時には保育園を何園も見学して、認可の申請は第19希望まで書きました(((^_^;)
ちなみに通ったのは第9希望!

この時期になると、どんな園がいいの?
選ぶときのポイントは?という質問が増えます✨

幼稚園については、
ぐちゃラボ本店の会田先生のメルマガブログや、
練馬でぐちゃぐちゃ遊びとリトミック講師をしているチコ先生のブログ(どうしよう?幼稚園選び)で書いてくれているのでぜひ参考にして下さい。

要点をまとめると。。。
運動能力や、学力を高めるには
【自由活動の時間が長い園】がオススメ‼️
ということです✨

幼稚園の時期にどれだけ語学力や、計算を大人が指導しても子どもが自分から学ぶ気持ちがないと生きた知識になりません。そして、この時期は遊びの中からそれらを学ぶんですね☀️
運動能力についても保育活動の中で「運動指導を行っていない」園の方が、「行っている」園よりも運動能力が有意に高かった。という調査結果があります。『幼児の運動能力における時代推移と発達促進のための実践的介入』より

これは、
・運動指導を行う園では特定の動きに偏る
・説明の時間、待っている時間が多く肝心の運動時間が減る
・競争意識が芽生えてくると、お友だちよりできないことでやりたくない!と思うことがある
などの理由があるようです。

ここまでは、子どもの能力にフォーカスをあてた園の選び方をさらっとお伝えしました!!


ここから、私がお伝えしたいのは「ワーママ」目線で選ぶなら❤️
私の保育園選びを経験を踏まえてお伝えします。

まず、私の住む横浜市青葉区は最初にも書いた通り、認可保育園についてはそこそこ激戦区です。今は3年前よりは落ち着いているようですがそれでも確実に第一希望!とはいかないかも知れません。
選択肢なんてないじゃん!というママも多いですよね。私もそうでした。
でも、園が決まったときに自分の基準で優先順位を決めて、そして決まったんだ!と納得するか、しないかで、その後の園への信頼感が変わってきます🎵
私の娘は、引っ越しのために同じ青葉区内で一度転園を経験しています。
最初に入ったのは昔から地元にある割りと大規模な保育園。
転園したのは、保育園大手の運営する認可になってまだ2、3年の中規模の園。

全く雰囲気の違う2園を経験した
私がこんな観点で見学したらいいのでは?
と思うポイントを3つ挙げました❗
① 大・小規模どっちがいい?
② 園の様子を知る方法
③ 先生のおおらかさ


① 大・小規模どっちがいい?
結論から言うと、子どもの性格による!です!!

まず、私の後悔から話しますね。
私自身、子どもの頃は田舎の大規模な保育園でのびのび自由にわんぱくをして育ちました!
なので、娘にもたくさんのお友達のなかでわいわいガヤガヤ、たくましく育ってほしいと思い大規模保育園に入れたいなと考えていました🎵
そのため、始めに通過した保育園については大規模という点でよかった!と考えていたんです。

しかし、娘は少し違った様子。
娘は0歳の頃から人見知りが激しく、とにかく慎重派。初めての人、場所、モノには警戒心が強く、じっくり観察して自分の中で「大丈夫!」となって初めて心を開きます。そんな子どもにとって、先生がたくさんいたり、知らない保護者が声をかけてきたりしたら、それは少し辛いのかもしれません。

転園後はそれまでの1/3程度の人数の園でした。
すると、園にいると友達も先生も保護者もすぐに把握できる人数です。そして、担任の先生も子ども一人のペースを把握して対応してくれます。
自分のペースに先生が合わせてくれることが、慎重派の娘には安心できるのか、とても穏やかに生活を送っているようです。

こんな風に書くと、手厚く見てくれるのは小規模!?と思うかもしれませんが、娘の性格だと!ということです。
大規模園の多様性はやはり魅力的!お友達もたくさんできるし、一つ一つのイベントもやはり盛り上がります。先生もいろんな方がいるので、たくさんの大人にも触れられます。そして、大人数のなかでやり抜く強さ、逞しさも鍛えられるんじゃないかな?と園の様子をみて感じました。だから、もともと物怖じしなかったり、好奇心旺盛な子には向いていると思います✨

② 園の様子を知る方法
これは、転園をしてありがたいな!
と感じていることをお伝えします。
その日、保育園でどんなことをしたかを携帯アプリから写真つきで見ることができます。
さらに、連絡ノートには個別の様子も記載してくれます。
特に0~2歳で保育園に預けるママや長時間預けなければいけないママたちは、
もっと子どもと関わってあげたい。
ちゃんと子どもの成長を見守れているだろうか?
という葛藤がありますよね。
子供が園でどんな様子なのかどんな表情をしているのか見れる子とがどんなにありがたいか。
さらに、園で行う活動や遊び、今読んでいる本などを日々紹介してもらえることで、家での遊びの参考になったり、子育てのヒントを得ることもできます。
ちなみに、私の旦那は、帰り道にアプリで園の様子を見ることが楽しみとなっているようです。
「今日は、クッキングでしてくれたんだね!」と夕飯の時に、楽しそうに話すパパ。
園の様子 クッキング
園での様子をどれだけ公開してくれるかは、
保護者が、園への信頼を保つ上でも意外と大切なことです。

③ 先生のおおらかさ
ブログの最初に「自由時間が長い園の方が学力や運動能力が増える!」と書きました。
子どもの自発的な意思をどれだけ尊重してくれるかで、その子のやる気や、大人への信頼感が変わってきます。
例えば、
お迎えに行ったときに、絵本の読み聞かせをしていたとします。
まだ絵本の途中。子どもは最後まで聞きたい!
と座り続けています。
そのときに、「ママが来たから帰るんだよ!」と途中で帰らされてしまうのか。絵本が終わるまで待っていてくれるのか。
この違いは、とても大きいです。
迎えにいく親としても、タイミング悪くてごめんね、と少し後ろめたい気持ちになってしまうこともあるかもしれません。

また、クラスのみんなで遊ぶタイミングで「やりたくない!」と言い出した時。どう対応してくれるか。「やりたくない!」も大切な子どもの意思です。もちろん、お昼寝や手洗いなどやらなくてはならないこともあります。しかし、「遊び」はやる自由もやらない自由もあるものです。
それを無理やりやりなさい!というのか、やりたくない!を受け入れてくれるかで、子どもの遊びに対する意欲は全く変わってきます。
ちなみに、娘の通っていた園はどちらもおおらかに見守ってくれて、連絡帳には「○○ちゃんは、やらない!といって外で応援していました」というコメントがたまにありました。その度にありがたいな。と感じています。


最後に!
わたしは、娘を転園をしたときに
「果たして転園してよかったのだろうか?」と自分の決断に悩んだ時期がありました。
引っ越しのためと書きましたが、最初の園も頑張れば通えないことはない距離でした。
一年間通ってやっと園の友達や先生にも慣れて楽しそうに通っていた娘。頑張れば送れない場所ではない。私が頑張れば、仲良くなったお友だちとも離れないですんだかもしれない。
そんな気持ちもありました。
しかし、転園して半年経ってみると、娘も新しい環境を受け入れて、楽しそうに通っています。
何より、送り迎えが楽になったことで私やパパの気持ちにも余裕が生まれ、いつも笑顔で迎えに行けるようになりました。

もちろん、園や先生の雰囲気はとても大切です。
しかし、そのためにパパママの苦労が増えて心の余裕がなくなるくらいなら、少し雰囲気は劣っても楽な方を選ぶことも必要です‼️

まずは、パパママが納得して通わせられる園を見つけてみてくださいね☺️

今日は、幼稚園・保育園の選び方(ワーママ目線)を書きました★
最後まで、読んでいただいてありがとうございます✨

ぐちゃぐちゃ遊びのお問い合わせ
ブログの感想などはLINE@まで♥️