能代沖 ブリジギング最終回!!! | 釣りバカ夫と気ままな家族

釣りバカ夫と気ままな家族

魚をこよなく愛する夫とわんぱく子育て奮闘記

最近は寒さの影響からか、

 

 

どうも腰の調子が良くなく体の衰えを感じずにはいられない

 

 

日々を過ごしておりますこんにちは、オヤジでございます。

 

 

さて、前回は久しぶりのボウズに見舞われた能代ジギング。

 

 

少々トラウマチックでまたボウズになるのでは・・・

 

 

っという気持ちもあり、あまり乗る気ではないオヤジではございましたが、

 

 

やはりあの脂ノリノリのブリを今年も食べたい・・・

 

 

釣りたい・・・

 

 

買うと信じられない値段の寒ブリ。

 

 

まあ、船釣りも財布に厳しいですが、

 

 

ここは心とお腹の両方を満たそうということで、

 

 

今まで以上の気合い十分で出撃。

 

 

船長に入電し前日の情報を確認すると、

 

 

イナワラもポツポツ釣れてまあまあであったらしい。

 

 

イナワラも釣れるのであれば、ボウズは回避出来るかも。

 

 

なんとかお刺身を釣って帰らねば、

 

 

お刺身大好きの息子から大ブーイングですからね。

 

 

ということでそそくさと能代へ。

 

 

正直冬の道路は移動が大変なので前日昼からの移動。

 

 

到着して荷物を下ろし、あとはいつもの温泉へ。

 

正直広くも無いし古い温泉ではあるが、メチャメチャ効く気がする・・・

 

 

能代に来たらついつい入ってしまう。

 

 

ぽかぽかになったあとは食料を調達して一休み。

 

 

今回は健康的に野菜も食べます。

 

合わせて船宿の神棚にも手を合わせ。

 

 

これで準備万端。正直夜はあまり寝れませんでしたが体調も悪くない。

 

 

出船の20分前くらいには船長も到着しそそくさと船に乗り込み早速出船です。

 

 

ポイントまでは約2時間。

 

 

キャビンはポカポカなのでゆっくりとお休みしながら時を待ちます。

 

 

ポイントに到着して魚探をみると結構な反応。

 

 

早速釣りを開始しますが、キャビンから出ると結構な雨・・・

 

寒いし結構やる気を失っていく・・・

 

 

そして釣れない。

 

 

釣りとは難しいものです。

 

 

船長曰くベイトは居るが中身は無いとのこと。

 

 

これは苦しい展開だ。

 

 

それでも廻りではポツポツマダイが釣れ始める。

 

 

お一人の方には連発していた。

 

 

何かコツがあるのか。

 

 

オヤジには全くアタリもないので、なんとなく底を意識して

 

 

低速で巻いていると、突如ゴッ!!!っとヒット。

 

 

久しぶりのヒットに心臓が飛び出そう。

 

 

たいした引きではありませんが、ここでバラしては

 

 

最高に悔いが残るので慎重にやりとり。

 

 

途中何度か強い引き込みがありましたが強烈な走りもなく、

 

 

なんとかあがって来た魚体を見ると、まさかのタイ!!!

 

 

しかもデカイ。

 

 

オヤジ少々焦りましたがタイなのでプカプカ浮いてきて無事GET。

 

 

 

船中何枚か釣れた後なので皆スルーでしたがオヤジは最高にうれしかった。

 

 

なによりボウズを回避出来たことがとてもうれしかった。

 

 

今日はこの後釣れるかどうかは分からないが、とりあえずほっと一息。

 

 

しかしここからはひたすら修行の時間。

 

 

かなり良い反応に船を入れてくれているのですが、

 

 

本命青物は釣れず。たまーに好調な方にタイが掛かるのみ。

 

 

まあ、それもうらやましいのですが、どうもオヤジにはアタリも無し。

 

 

時間も11時を過ぎてこれはダメだなぁっと思っていると、

 

 

船長からジグ変更の指示。

 

 

どうやら他船でジグを変えた途端連発したとのこと。

 

 

正直ホントかなぁっと思いながらもジグを交換すると、

 

 

なんとオヤジにも奇跡のヒット!!!

 

 

このとき同時に3名がヒットしジグ変更作戦大成功。

 

 

しかも結構な良型らしく中層から糸の出し入れを繰り返す。

 

 

ホントいつバレるかひやひやものでしたが、

 

 

なんとか上がってきてオヤジ無事取り込み成功!!!

 

 

なんとか7キロアップの良型ブリをGET!!!

 

 

これでお刺身確保です。

 

 

正直今季は釣れないかもと思っていたので、最高にうれしい一本でした。

 

 

思わずお隣の方にお願いし写真撮影。

 

 

ブリブリ太った旨そうなボディーでした。

 

 

その後はもう正直時間も少ないのでこれで終わりかなぁっと

 

 

思っていながらしゃくっていると、なんと程なくしてまたヒット!!!

 

 

これはヒットの感触も重くないしさほど大きくないだろうと思っていると

 

 

やはり中層から強烈な走り。

 

 

何度か糸の出し入れを繰り返しハラハラしましたが、

 

 

こちらもなんとか無事GET!!!

 

 

 

上げてみると先ほどのサイズとさほど変わらない大きさ。

 

 

これはうれしい。ブリ2本にタイもあればもう十分。

 

 

ホント能代まで来た甲斐があったというものです。

 

 

他の人は数本ブリサイズを上げていましたがオヤジ的には十分。

 

 

もう消化試合に突入かな。

 

 

あとは何となくワラサクラスも釣って味の違いを見てみたいなぁと

 

 

思いながらやっていると連続で2本GET。

 

 

この2本は熟成してみようかな。

 

 

ここで船長より最後の一流しのアナウンス。

 

 

最後はのんびりとしゃくっていたら、なんとここでもヒット!!!

 

 

これはまたデカイ。

 

 

途中まではなんとか上がってきたものの、中層からまったく動かない。

 

 

なんとか主導権をと徐々にドラグを締めて勝負にでるもまったく動かず。

 

 

これはヤバイなぁっと思っているとやっぱりフックアウト・・・

 

 

バラしたからなんとも言えるが良型のバはショックですな。

 

 

最後の一本だったろうに・・・

 

 

がっくりときたオヤジ、残り10分のアナウンスにダメだと思いつつ

 

 

再度ジグを落とすとまさかの再ヒット!!!

 

 

これはラッキーだった。

 

 

途中までは難なく巻き上げできるので、大きくても5キロ台かな?

 

 

なんて余裕ぶっこいていましたが、途中から強烈に引き始める。

 

 

ヤバイツッコミにバレルのでは?

 

 

っと思いましたが掛かりが良いのかそのまま上がってきてなんとかネットイン!!!

 

 

他の方もGETしており、ネットが無い中向かいの方が走って取ってくれた。

 

 

じつにジェントルマンな方でした。

 

 

そして出たラストフィッシュは3本目にしてかなりの良型でした。

 

 

おそらく8キロ台と思われるぶりぶりの良型。

 

 

感無量です。

 

 

今季のブリは釣れないかも?

 

 

っと思っていましたのでホントにうれしかった。

 

 

っということでここでストップフィッシング。

 

 

最後の釣りで大満足であった。

 

 

寄港後は船長が計量開始。

 

 

一番釣った方は9キロ2本含む5本のブリをGETされていた。

 

 

すんばらしいね。

 

 

オヤジはおそらく2番目の釣果かな。

 

 

大きさは1本が8.5キロと自己最高ではないものの十分満足の1本でした。

 

 

今回、酔ったのかボウズの方が数名。

 

 

正直10時間近く乗船してワンチャンスあるかないかなので、

 

 

やはり状況は厳しかったと思います。

 

 

でも渾身の1本を釣ってしまうと、この釣りは止められませんね。

 

 

食味も最高の寒ブリですからね。

 

 

っということで家族皆の祝福を得るべく早々に帰宅。

 

 

やはり帰宅後大喜びだった息子。

 

 

魚釣って喜ぶ歳になったのはうれしいことですわ!!!

 

 

疲れた体にムチ打って早速計測作業。

 

 

デカイの3本、ワラサが2本に良型マダイ!!!

 

 

十分すぎる釣果ですな。息子が見学に来たのでブツモチ撮影。

 

 

マダイはジャスト70の4キロクラス!!!

 

 

 

マダイはなんとか持てましたが、

 

 

8キロのブリとなると持てなくて断念。

 

 

デカイヤツをワラサと比べると同じ魚とは思えない迫力。

 

 

大砲の弾みたいだ。

 

 

一通り撮影し終えてからようやく解体作業へ。

 

 

当然ですが、デカすぎてキッチンに収まりきれず・・・

 

 

それでもサクサクと解体していきます。

 

 

恒例のお腹をみてみると、なんとカタクチを大量に捕食していた。

 

 

例年ならハタハタを補食しているのですがね。

 

 

このベイトが抜けるといなくなるのかな?

 

 

そしてカタクチを捕食しているだけあって

 

 

脂がゴイスー&オイニーもゴイスー・・・

 

 

 

 

一本目はなんとか捌いたが、

 

 

2本目突入する頃にはかなりごちそうさん。

 

 

当然ながら2本目の脂も凄く強烈なオイニーが

 

 

部屋中に充満しながらもなんとか解体完了。

 

 

しかしこの時点で3本目以降の解体は断念。

 

 

檀家行き決定です。これで終了かと思いきや、

 

 

子供達がどうしてもタイを食べたいということで、

 

 

疲れた体にムチ打って解体。

 

 

タイはキレイですがこのウロコが大変。

 

 

しかもこの魚もデカイし。

 

 

やはり料理の観点からいくとまな板サイズが一番ですね。

 

 

まあ、ウロコさえ落とせばあとは開くだけなので、そそくさと終了。

 

 

改めて口みると凄い!!!

 

 

なんか生きてきた歴史を感じる・・・

 

 

ということでようやく解体したブリとタイは早速お昼ご飯に。

 

 

 

お刺身とブリ大根、

 

 

タイの漬けにして頂いたが、

 

 

オヤジは解体中のブリ脂にやられ喰う気になれず。

 

 

しかし妻と子供達はバクバク!!!

 

 

オヤジもちょっとだけブリトロを頂きましたがハンパない旨さであった。

 

 

今年は食べられないと思っていたブリですが、

 

 

苦労して釣った甲斐がありました。

 

 

頭やカマ、

 

 

胃袋などは焼いていただきましたが、やはり絶品でした。

 

 

 

そして意外なことに冬のタイは

 

 

食べたことがありませんでしたが最高に旨かった。

 

 

かなりデカイタイでしたが、あまりの旨さに焼きはせず、

 

 

すべてお刺身と漬けでいただいた。

 

 

4キロのタイ全て生食とは実に幸せ!!!

 

 

残ったブリはせっかくなので熟成に挑戦。

 

 

 

 

 

味の変化を楽しみつつ10日間ひたすらお刺身で頂きました。

 

 

後半は得意のお寿司にしましたが、

 

 

 

 

 

熟成によりやわらかくなり寿司に合う!!!

 

 

釣ってから次の日くらいは脂のまわりが薄かったですが、

 

 

10日後の身がこちら。

 

 

全体に脂がまわり最高の状態!!!

 

 

しかし臭みを避けるため結構トリミングが多くなってしまったので、

 

 

熟成方法は今後の課題ですね。

 

 

おそらく完璧に血抜きしてマルのまま保存が一番良いのかも。

 

 

まあ、家庭では一気に食べれないので、半身加工とかかな。

 

 

っということで、今シーズンブリは無理だと思っていたオヤジ、

 

 

奇跡の釣果に大満足のうちに終了することができましたオヤジなのでした。