釣りバカ夫と気ままな家族

釣りバカ夫と気ままな家族

魚をこよなく愛する夫とわんぱく子育て奮闘記


テーマ:

最近は連続釣行により仕掛けが足りず、

 

 

補充のため日々釣具屋通いをしております

 

 

こんばんは、オヤジでございます。

 

 

さて、今回は前回の続編から。

 

 

10時頃クーラーが満タンになり、もう早上がり終了でもいいなぁっと

 

 

思っていたオヤジ、しかしだれも釣りをやめる方はおらず。。。

 

 

ここで一人竿を終うと大目玉だな・・・

 

 

っと冷静なオヤジ、また釣り続ける。

 

 

しかしもはや体がガタガタ。腰は痛いし喉もカラカラ。

 

 

針を外しすぎて手も痛い。

 

 

ここで船長、船を移動し始める。

 

 

もしかして終了!?

 

 

っと思っていましたが、なんと反応が薄くなったため移動するとのこと。

 

 

そして移動先で再度パックンタイム突入!!!

 

 

5、6匹の多点掛けからついに15本針に沖メバルマンガン!!!

 

 

これにはビビッタ。そもそも巻いてきて20m辺りから

 

 

誰かと絡んだと思うくらい重くなり、強引に手巻きしてようやく回収。

 

 

よく上がってきたもんです。

 

 

しかも全部良型だし。

 

 

これは凄かった。

 

 

あまりに釣れるのか、他の船が接近していたがこちらの釣れ具合が凄い。

 

 

やはり船長巧みな操船で群れをキープしている模様。

 

 

もはや入れ物は無いが、

 

 

 

バケツと食料用クーラーを駆使して

 

 

ホッケとガヤは分けて回収。

 

 

その後もやはり釣れ続ける。

 

 

 

最後の方は立っているのも辛くなり、

 

 

座りながら仕掛けを直して必死に釣り続ける。

 

 

そして13時過ぎ、最後に4匹程度の

 

 

沖メバルを釣ったところで船長から終了の合図。

 

 

早上がりどころか、いつもより残業での終了。

 

 

正直やりきったという感じ。

 

 

船上で釣果を見つめ全てが満たされたオヤジ・・・

 

 

この他にガヤとホッケのバケツもあるので、

 

 

総重量60キロオーバーくらいか。。。

 

 

ホント凄かった・・・

 

 

帰港の海は穏やかでじつに気持ちいいクルージングであった。

 

 

港に着いてからの荷物下ろしは大変。

 

 

入れ物が無いので、船長から発砲をもらい、なんとか帰宅。。。

 

 

帰り道は雪も溶け、快調に飛ばして帰宅。

 

 

楽でよかった。

 

 

家ではお刺身大好きな息子が心待ちに!!!

 

 

今までは大ブーイングのお魚でしたが、

 

 

息子が待っているので釣った甲斐があります。

 

 

この日は息子と大きさ別にざっと仕分けして終了。

 

 

せっかくなので、新鮮なお魚をお刺身に。

 

 

小さい沖メバルやガヤは鮮度落ちが早いので、

 

 

この日のうちに頂きます。

 

 

正直疲れて意識がもうろうとする中での捌きはツライ・・・

 

 

あまりの疲れにガヤと沖メバルが一緒になってしまったが、

 

 

山盛りのお刺身が完成!!!

 

 

久しぶりのお刺身はやはり絶品。

 

 

息子がハリケーンのように喰いまくり、あっという間に無くなってしまった。

 

 

小さいとはいえ、20匹近いお魚をぺろりと平らげた息子は凄い。

 

 

さすがにこの日は疲れ切ったものの、道具を洗浄して終了。

 

 

次の日本格的にお魚整列作業へ・・・

 

 

さすがに一人では無理なので、

 

 

嫌がる妻をなんとか説得し、並べ作業に入ります。

 

 

しかし沖メバルのヒレが手に刺さり、その都度妻の怒号が飛ぶ・・・

 

 

そしてオヤジ、

 

 

頼むから頑張って並べようと土下座しながら懇願しつつ、

 

 

この美しい魚達を並べて愛でようという気持ちが一切ないのか!!!

 

 

なんと美的センスの無いチッサい心のお人よのう~・・・

 

 

っと、心の中で妻に叫びつつ、

 

 

約1時間を要してようやく完成!!!

 

 

 

イヤ~。

 

言葉いらないっしょ!!!

 

最高。

 

実に270匹超!!!

 

 

昨日食べた分も合わせると、やはり300匹に達する大大漁!!!

 

 

この赤が美しい魚達がホント愛でるわ~。

 

 

しかも金魚サイズはほぼいなく、皆ちょうど食べ頃の良型揃い!!!

 

 

重さ的には60キロくらいか?

 

 

よくわかりませんが、とにかくすごかった。

 

 

サイズ感もイマイチわからないのでオヤジも一緒に撮影。

 

 

枠が大きいのでちょっと良い写真にはならなかったがまあまあの感じかな。

 

 

一通り目で楽しんだ後はまたクーラーへイン・・・

 

 

一見出したり入れたりで二度手間感全開であった・・・

 

 

残りはガヤも並べてみましたが22匹と結構釣っておりました。

 

 

しかも良型だし。

 

 

これは檀家廻りもしますが、あまり喜ばれないので自家消費ですな。

 

 

焼いてもあまりおいしくは無いので、主にお刺身に加工です。

 

 

お外の作業は一通り終了し、お次はだるい解体作業へ移行。

 

 

まずは並べていなかったスマートなホッケさん達。

 

 

この方々も11匹と結構な数がおりました。

 

 

結構捨てる方もいらっしゃいますが、オヤジは結構好きな魚です。

 

 

独特なオイニーはゴイスーだけどね。

 

 

こちらは干物とフライ用に!!!

 

 

今回は鮮度がかなり良く、三枚に下ろしてフライにしましたが、

 

 

臭みも無くじつにうまかった。

 

 

大きめなのは干物にして保存食です。

 

 

晩ご飯にはお刺身をたっぷり頂こうと

 

 

ガヤとメバルを出してきて

 

 

お刺身と素材の味を堪能しようと塩焼きに。

 

 

この量なので流れ作業のように素早く解体。

 

 

そして食い続ける・・・

 

 

 

 

 

皮付きでしゃぶしゃぶにもしてみましたが、

 

 

これはアタリの旨さで子供達に大人気でした。

 

 

また解体したときに結構な卵を確保。

 

 

中型サイズだったので、

 

 

ウニのような卵が多かったです。

 

こちらも大事に保存して煮付けに。

 

 

醤油漬けにもしましたが、これまた旨かった。

 

 

沖メバルは卵まで旨いので是非お試しを。

 

 

デカイ沖メバルは炊き込みご飯でも頂いてこれも旨いね。

 

 

根魚はやはりダシが旨い。

 

 

その他よくクーラーを確認したところヒメが一匹。

 

 

こちらは小骨が多く食べづらいが味は悪くない。

 

 

唐揚げにして頂きました。

 

最後は結構余ったのでしっかり処理して熟成。

 

 

51度で低温加熱。

 

 

それから一週間寝かせたモノを炙り寿司に!!!

 

 

これが一番旨かった。

 

 

普通のお寿司にもしましたが、

 

 

やはり炙りが人気でおかわりの連続でした。

 

 

 

 

っということで今回は沖メバル釣りとしては過去最大の大大漁。

 

 

ほんとひっさしぶりの大漁に大満足でありましたオヤジなのでした。

 

 

 


テーマ:

最近は寒くて外に出る気もせず家でまったり。

 

 

息子達を遊びにでも連れていって運動するのもいいのですが、

 

 

なかなかケツが重く動く気にはなれない日々を過ごしております

 

 

こんにちはオヤジでございます。

 

 

さて、そんなへっぽこオヤジではございますが、前回撃沈に終わった沖メバル。

 

 

もうお魚も食べたし良いだろう。

 

 

っと思いましたが、実家より新鮮な魚を食べたい。

 

 

そして息子もまたお刺身食べたい!!!

 

 

っということで、この時期好調の日もあるので、

 

 

再度沖メバル釣りに出撃を計画。

 

 

今の時期は赤でも黒でもどちらも釣れるので実に迷う。

 

 

今回は浅場の黒メバルを釣ろうかなっとも思いましたが

 

 

残念ながら船は予約いっぱい。

 

 

ダメ元で能代の船長に問合せすると、沖メバル便が空いているとのこと。

 

 

これはラッキーということで出撃してまいりました。

 

 

当日は四時半出船ということで、多少の仮眠を取り夜中0時に出発。。。

 

 

正直冬の夜道は凍結が怖いですが

 

 

どんなものかなぁっと思っていましたが、悲惨な状況であった・・・

 

 

シーズン終盤の放射冷却か、見たことも無いテカリ具合。

 

 

ちょっとでもブレーキ踏もうものなら、絶対スリップという状況。

 

 

しかも道中横転している車ハケーン。

 

 

当然ながら事故るわな。

 

 

パトカーも数台巡回しており、これは危険が危ない・・・

 

 

っとマジでキャンセルを考える。

 

 

しかし、船代がパーだし、高速道路まで頑張れば多少道路事情も良くなるかも・・・

 

 

時間もあるし、ゆっくり行こうということで、

 

 

40キロ程度と超ノロノロ運転に徹しながら目的地へ。

 

 

案の定、高速道路は結構快適で、

 

 

雪はあるもののカーブも無いしでなんとか先に進める感じ。

 

 

しかし、いつもなら2時間弱のところを3時間半とハンパなく時間を要

 

 

し到着する頃にはクタクタ。

 

 

でも無事到着してホント良かった。

 

 

やはり冬の釣りは考えものですな・・・

 

 

この日は船長漁主体ということでいつもの常連さん達が乗船。

 

 

オヤジもそそくさと準備をしてキャビンで一服です。

 

 

ポイントはいつものテリ場のようで、2時間といったところか。

 

 

久しぶりの船ということで、結構揺れがひどく船酔いがかなり心配でしたが

 

 

調子は良好。

 

 

あまり眠れはしませんでしたが予定通りポイントに到着してそそくさと準備し待機。

 

 

しかし風も強く波も凄くて沖メバル釣りには厳しい感じ。

 

 

加えて細かい仕掛けをちまちまいじっているうちにオヤジの気分もダウン。。。

 

 

これは・・・

 

 

危険が危ない・・・

 

 

まあ、初めの一投目は様子見だし、

 

 

そもそもこのまま下を向いての作業は出来ない・・・

 

 

っということで、エサもろくに付けず投入。

 

 

すると、まさか竿がガタガタと!!!

 

 

これは凄いと思いつつ、次の仕掛けを準備する間もなく回収すると、

 

 

なんと10匹近い沖メバルがお目見え。

 

 

マジで~っとうれしい悲鳴を上げる間もなく船長から急げと強烈な檄が飛び、

 

 

余韻に浸る間もなく針を外しての投入をローテーション。

 

 

また強烈に竿がガタガタし、巻き上げるとさらにまた多点掛けが連続する。

 

 

これは凄いことが起きている・・・

 

 

前回の釣行から考えるとまさかの出来事に状況が

 

 

把握出来ておらずてんてこ舞い。

 

 

さらには投入に手間取り仕掛けを傷が付いたのが、

 

 

次は巻き上げ途中でまさかの全ロスト・・・

 

 

たまにこういうのあるのよね・・・

 

 

トラブルがあると一気に失速する。しかしこの日は凄すぎる!!!

 

 

以降は丁寧に巻き上げを意識し、

 

 

時間はかかるものの上げるととにかく多点掛け!!!

 

 

しかも良型が連発する。

 

 

もはや写真を撮る暇もないくらいスーパーローテーションに突入する。

 

 

針から外れ、プカプカ浮いている沖メバルも回収するより、

 

 

とにかく仕掛けを下ろすのが重要。

 

 

上げれば確実にヒットしており、というか10匹以上が連発。

 

 

バケツがソッコー埋まっていきとんでもない状況に。

 

 

しかも場所を移動することもなく釣れ続ける!!!

 

 

沖メバルってこんなに簡単に釣れるモノなのか?

 

 

っと疑問に思える。今日の乗船券はプラチナチケットだ~!!!

 

 

っと皆で大爆笑!!!笑いが止まらない。

 

 

しかしバケツが二杯目突入する辺りから異常に疲れが回る・・・

 

まあ、当然ハイペースで魚を針外しし続け、

 

 

緊張の中巻き上げするので当然といえば当然か。

 

 

それでも手を休めること無くひたすら釣り続ける。

 

とにかく入れパックン。

 

 

バケツがどんどん埋まり、クーラーに入れ替える暇ももったいない。

 

 

時々ホッケがお目見えするも、1割いるかいないか?

 

 

それだけ沖メバルの群れが濃いのかな。

 

 

凄い状態。

 

 

そして10時頃、

 

 

沖メバルのみで早々のクーラー満タン。

 

 

そもそもこのクーラーが沖メバルだけで

 

 

満タンになったことが無いのでビックリポンや!!!

 

 

さあ、もう早上がりでもいいかなぁっと廻りをみるも、皆必死で釣り続ける。

 

さて、今回は長編になりそうなので、2編にわたって整理してまいります!!!

 

後編は後程・・・

 


テーマ:

最近は日々寒くまったく家から出たくない。

 

 

ゲオでDVDを借りまくり、ホームシアターを堪能している

 

 

こんばんは、オヤジでございます。

 

 

そんなオヤジではございますが、日々悶々とし始める。

 

 

そうだ、釣りしていないからか!!!

 

 

新鮮なお刺身も食べたいしとても久しぶりではありましたが、

 

 

今季初となる沖メバルはどうかということで、

 

 

遠路能代へ沖メバル釣りに出撃してまいりました。

 

 

 

冬ということで道路事情が悪いと大変ですが、

 

 

幸運なことに海沿いは全線ドライ!!!

 

 

快調に飛ばし能代入りできたので、少々お休みする時間あり。

 

 

船宿で暖をとりながら少しお休みです。

 

 

この日は4時出船ということで結構早め。

 

 

寒い中準備をし、体制を整えて出船です。

 

 

久しぶりの船ではありますが、この日は結構風強し。

 

 

出船前からこれでは船酔いが心配です。

 

 

早々に船長が到着し、暗い中出船です。

 

 

外海にでるとやはり凄い波。

 

 

かなり揺れますが、意外に調子はよく静かに到着を待ちながら揺れに順応。

 

 

約2時間の船移動をしておそらくテリ場であろうポイントへ到着。

 

 

まだ暗く手元が危ういが、いそいそと準備。

 

 

体の調子も良くスムーズに準備できた。

 

 

しかし、良い反応が無いのかなかなか投入合図が出ない。

 

 

ようやくパラパラの反応を発見し投入開始!!!

 

 

初めはじつに緊張するが、良い感じにガタガタいき数匹GET!!!

 

 

これは良い感じと思ったのもつかの間、

 

 

その後は潮が異常に速く、仕掛けが斜めになるほどに。

 

 

しかも反応が薄いらしく、この日は厳しいとのこと。

 

 

釣れてくる魚もポツリポツリ。

 

 

バケツの底が少々埋まった辺りからさらに状況は厳しくなる。

 

 

反応が無くタイトな場所を攻めているのか、

 

 

仕掛けを入れるたびに根掛かりを繰り返し連続6回ほど

 

 

オモリを取られたあたりからやる気を失っていく。

 

 

何となく底を這わせるように仕掛けを流せれば

 

 

ポツリポツリ釣れる状況でしたが、残念ながらオヤジにはその技もなく。

 

 

しかも波が凄く危険が危ない・・・

 

 

いやー、かなりツライ状況。

 

 

途中経過ではあるがクーラーの底が見えてる程度。

 

 

その中でもベテランさん達は釣っていたので凄いと思います。

 

 

やはり釣りは経験ですな。

 

 

だんだんホッケすら釣れるとうれしい感じに。

 

 

皆ホッケを毛嫌いしますが、しっかり処理して頂けばじつに旨い魚ですからね。

 

 

今回はオモリが取られるほかに、潮流れも速くオマツリ多発・・・

 

 

上げれば絡むでかなり疲弊。

 

 

船長曰く2ノットはあるとのことで、正直釣りにならない状況でした。

 

 

漁をしていた船も全船帰港。

 

 

かなり厳しい状況であった。

 

 

そして最後にちょっとだけ良い反応をハケーン!!!

 

 

久しぶりにガタガタとした引きを味わい、なんとか良型を数匹GETして終了。

 

 

かろうじて底が見えなくなる程度は釣れたので、

 

 

状況が悪いとはいえ食べるには十分な量を確保したのではと思われます。

 

 

帰港時は精神的に疲れたといった感じ。。。

 

 

でもまあ、今回はお休みを取っての釣行であったため、

 

 

明日は休みであり凄く楽。

 

 

のんびり高速道路を使っての帰省でございました。

 

 

帰宅後はまだ明るい時間であったため、楽しみにしていた息子と整列作業へ。

 

 

全くダメだと思っていた今回ですが、

 

 

整理してみると良型ありの30匹オーバーということで、

 

 

まあよかったのではないかといった感じ。

 

 

高級な沖メバルですから、これでお腹いっぱい食べれそう。

 

 

この日は疲れたのでお休みしようかと思いましたが、

 

 

息子がどうしてもお刺身を食べたいとのこと。

 

 

まあ、新鮮なお刺身はおいしいので、ここは頑張って解体作業開始。

 

 

今回、ビックリするくらいの金魚サイズは数匹・・・

 

 

深場から上げると鳥のエサになるだけなので、

 

 

オヤジ家で食べさせていただきます。

 

 

小さいメバルは新鮮だと刺身が旨い。

 

 

丁寧に捌いて皿いっぱいになりました。

 

 

まあ、この量でもほぼ息子が独り占めですがね。

 

 

次の日からは本格的に解体作業へ。

 

 

と言ってもほとんどが刺身用で解体され、大きめなのは煮付けに。

 

 

 

毎回食べている沖メバルにはだいぶこだわりあり。

 

 

煮付けはやはりたれが重要。

 

 

今回刺身で出たアラを焼きダシに利用。

 

 

こうすることで濃厚なたれができるので、

 

 

煮付けも最高においしくなります。

 

 

魚も無駄にすることなく使えてとてもいいです。

 

 

何匹か煮付けでいただきましたが、やはりデカイ方が身も厚くて旨いね!!!

 

 

お次はホッケ。

 

 

さらっと食べる程度と思っていましたが意外に釣れたので、

 

 

三枚におろして得意のホッケフライに。

 

 

これは絶品のうまさです。

 

 

大事なのは鮮度。

 

 

身が白くなってしまっては臭みも強くなるので、

 

 

ホッケといえどもしっかりクーラーに入れておきたいですな。

 

 

残りは干物で朝食用に。

 

 

そして今回、お腹が大きい沖メバルが多く、

 

 

卵が多くとれましたので試しに煮付けてみましたが、

 

 

見た目はかなり微妙なものの、これが最高に旨かった。

 

 

たとえるならばうま味の強いマダラ子といった感じか。

 

 

これはアタリだった。

 

 

卵までうまい沖メバル最高の食材ですな。

 

 

っということで、今回は厳しい釣行ではあったものの、

 

 

シーズン初旬新鮮なお魚に大満足であったオヤジなのでした。

 

 

Ameba人気のブログ