電子レンジよりも鍋【離乳食】

テーマ:

冷凍と電子レンジを駆使して離乳食を作っている家庭が多いと思います。

私もそうですが、電子レンジよりも鍋の方が優れていると思ったことがあったので書いておきます。

 

離乳食作成のサイクル:

【下ごしらえ】素材を切る→加熱(→刻むOR潰す)→冷凍

【実食直前】数種類を解凍しつつ調理 という流れでやっています。
下ごしらえの加熱においては、電子レンジよりも小鍋でコトコト煮た方がメリットがあると感じました。

 

①爆発しない
うちの電子レンジがおかしいのか、使う容器がおかしいのかわかりませんが、刻んだものを水に浸してチンすると大抵爆発します(というか溢れる)。あと水が浸っていなかったところがカピカピになったり。
あまりうまくいきませんでした。刻んでから加熱したのが悪かったのか?

 

鍋にしてみたら、もちろん爆発しませんしカピカピにもなりません。

 

②おいしい(甘くなる)
原理はわかりませんが、鍋で煮た方が断然おいしいです。玉ねぎなど飴色になります(炒めなくても飴色になることを初めて知りました)。

 

③柔らかくなる

ペースト状からみじん切り状に変えたころ、野菜がそのままウンコとともに出てくるようになりました。

今考えると十分に柔らかくなっていなかったせいだと思います。

20~30分くらい火をつけたまま鍋をほったらかすとニンジンなんかでもとても柔らかくなるので、いろいろな作業のついでにぶつ切りにした野菜を数種類小鍋で茹で、そのあと刻んでストックすることに。消化吸収の観点からも断然よさそうです。

 

④手間が若干減る
これは人によるかもしれませんが、私は鍋の方が簡単だと感じました。鍋の場合は10分~20分くらい、ごく弱火でほったらかしにするのですが、洗い物がラクでした。カピカピにならないから。笑
かかる時間はチンの方が短いかもしれませんが、手がかかる時間で考えると同じです。

クタクタになってから刻んだ方が断然ラクだしね。

 

なお、食べる直前の加熱も小鍋でやっています。新たに鍋を買うか迷いましたが、大活躍です。
IKEAのホーロー鍋、オススメです。ホーローは焦げがついてもすぐにとれるし匂いもつかないし素晴らしいですね。

ちなみに食べる直前には水とタンパク質と野菜を煮て水溶き片栗粉でとろみをつけるだけです。何品も作らない。炭水化物はチンするだけ。

素材のおいしさを感じてくれ(*´▽`*)