桜花賞を考えよう | fundina

fundina

競馬の事をいろいろ


テーマ:
{7027B14B-0D64-4B76-9404-6616E3E74165}


◎リリーノーブル川田
→無難of無難、置きにいった予想。こういう時もあるよね。減点材料が1番少ないので消去法でこうなりました。牝馬クラシック路線は普通に王道ローテが強くて阪神JF、チューリップ賞、桜花賞と全て同条件で行われるのでそりゃあそこで走った馬は普通に強い。去年も結局阪神JFの順位が入れ替わっただけ、◎はそこから選ぶべきなのかなと感じる次第。じゃあラッキーライラックが最内に入った以上はリスクを考えてリリーノーブルに本命を。力関係で見たらラッキーに逆転は難しい、ただマウレアよりはこちらが上だ。チューリップ賞は権利を取りに来たマウレアと叩き台のリリーノーブルという立場の違い、インベタした前者に対してその外を回るコースロス、上がりが速すぎてキレ負けした分先着を許したがG1フルゲート舞台で多少は流れるだろうし、そうなればこの馬の立ち回りの巧さが活きる。5枠9番という枠も悪くない。折り合いを気にして下げると非常に中途半端な位置取りになるので川田には出して行って欲しいな。まぁやってみなきゃそこは分からん。人馬共に安定感を買っての◎です


◯ラッキーライラック石橋
→G1で最内に入った1倍台の1番人気というのは怖い。キャラ的には内枠は歓迎。加速力はあるしエンジンかかるの遅いってタイプじゃないから普通に先行して直線抜け出せば大丈夫、「普通」にね。オークスでこの枠が欲しかったなぁ。ただこれまでの競馬を振り返っても実力最上位、これ以上評価は下げられない

▲プリモシーン戸崎
→◎ルーラーシップ◯オルフェーブル産駒とかいう桜花賞に逆行する印を打ってるのでディープ選ばんとさすがにヤバくね?ということで戸崎さん。フェアリーSも勿論だがテトラドラクマを差し切った未勝利勝ちは超A級。関東馬、ローテーションの差を考慮して3番手評価


△レッドサクヤ松山
→一戦一勝の身で遠征した赤松賞は4着、2走前は毎日杯3着馬インディチャンプの2着、エルフィンSで下したレッドランディーニはチューリップ賞5着。人気は無いが阪神外回りに対応できれば戦えていい。ハイペースを経験してるのは強みです。調教映像見て沈むようなフォームがすごくカッコよかった


あとはマウレアとかフィニフティとかアンコールプリュとかハーレムラインとか

終わり!

↑いいねって思ったらポチッとお願いします😊

ニコ大さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス