「サンダ対ガイラ」に引き続き怪獣ものです。


前半は炭鉱での「メガヌロン」と人間の戦い、後半は福岡や阿蘇山での「ラドン」と人間の戦いです。等身大の「メガヌロン」はやはり怖いです、あんなものに迫られたらやっぱ逃げるでしょう。


「ラドン」は特に何をしてるわけでもなく飛んでるだけで人間に迷惑を掛けるので困った奴ですが、生物学上結構貴重な動物を殲滅させてしまっていいのかと考えてしまいます。でも飼う事も出来ないのできっと仕方がないのでしょう。


「困った時には火山を使え」ってのは東宝のお家芸ですが(笑)、ラドンの最後には目頭が熱くっなってしまいました…


東宝
空の大怪獣 ラドン