入庫車両 日産アトラス

型式 PB-AKR81AN

年式 H17-11

走行距離 248403km


今回は、エンジン始動不良での入庫です。

お客様より、セル(スターターモーター)は回るが空転しているような音がして、エンジンはかからない。と言う依頼があったので早速見ていきたいと思います!!


実際にセルモーターを回してみると、ガリガリと異音が有り、空転と言うよりも何かを削りながら回っているような印象でした。音の感じから、内部が気になるのでセルモーターを取り外して見ます。




取り外して見るとギヤが折損していました。

破損具合からフライホイール側のリングギヤの状態も心配なので、トランスミッションを車両から下ろして確認して行きます。



         ↑↑↑
トランスミッションのハウジング内を見てみると金属片が散乱してました(;゚Д゚)


フライホイール・リングギヤを確認してみると、ギヤ全体的に摩耗している事がわかります!

セルモーター側のギヤが折損した事による傷と、経年使用による摩耗があるため、リングギヤとセルモーターを交換して行きます!


リングギヤをフライホイールから取り外します。

取り外しが完了!取り付け面を清掃して新品のリングギヤを取り付けていきます!

     ↑↑新品のリングギヤ↑↑


リングギヤに熱を加えながらフライホイールに嵌め込んでいきます!


リングギヤ交換が済みました。新品と旧品を見比べるとギヤの摩耗具合がよくわかりますね^_^

フライホイールのパイロットベアリングとクラッチ関係の部品も新品に交換して車両に組み付けていきます!!


トランスミッションを車両に組み付けて、セルモーターを取り付けます!



組み付け完了!!



組み付け完了後、異音も解消されスムーズな始動に戻りました^_^!

ありがとうございました!!