こんにちは^_^文山自動車です。

本日の整備はこちら↓↓↓↓



S61年車TOYOTA AE86(レビン)のブレーキ倍力装置より負圧が漏れているという事で、マスターバックの交換です!!今回は純正のマスターバックよりもサイズが小さい小型のマスターバックに交換します。

早速始めていきましょう٩( ᐛ )و



写真が少し分かりにくいですが、エンジンフードを開けて確認して見るとサビが目立ち、マスターシリンダーからもブレーキオイルが漏れている状態でした!!シリンダーも一緒に交換していきます!!



ここからブレーキ配管を取り外し、シリンダーから順番に外して行きます!



シリンダーが外れました。ブレーキフルードが漏れていた事によってなかなか酷い状態です、、、

シリンダーが外れたので次にマスターバックを取り外します。

室内ブレーキペダルとの結合を切り離し、マスターバック固定のナットを4個取り外します。




取り外し完了です!!
交換する新品と並べて比べてみます^ - ^



サイズが半分近く小さくなってます!!
これ、純正と同じ踏力で同じ制動力でるのかなと思いつつ、、、
取り外した順番と逆手順で組み付けて行きます!!



組み付け完了です!!マスターバックもシリンダーも新品になると気持ちいいですね^_^
サイズが小さくなった分、周りのスペースが広くなりスッキリとおさまりました(╹◡╹)

作業完了後、試運転を実施した結果、途中心配していた踏力と制動力は純正のものと変わらない事がわかりました。サイズが小さくなってもフィーリングが変わらないのは良いですね(^^)/ オススメです!!!

ありがとうございました!!