テイクオフが遅れる典型的前のめり | 初心者サーファー3日で出来るテイクオフのコツ

初心者サーファー3日で出来るテイクオフのコツ

今からサーフィンを始めたい方へ!ショートとロングどちらがいいの?中古でも大丈夫?ボードの選び方や一人でも楽しめる、海外と国内のポイントは場所を紹介。基礎練習法を学んでかっこよくテイクオフしよう!


テーマ:
テイクオフが遅れる方、テイクオフが遅いと感じる方はこのようになっていませんか?



波のトップが一番パワーがある所だということはわかると思いますが、ボードのどの位置に重心が乗っているか確認してください。

上の動画のように顎をボードに付けるくらいに前のめりになると、ボードに乗っている重心位置はボードセンターよりも前にあります。

ということは、ボードは前に傾きやすくなっています。

シーソーのように中心があると思ってください。

センターよりも重心が前にあると、後ろから波が近づいてきた時にはテールが簡単に持ち上がってノーズが下に向いてしまいます。

この状態が起こると、テールは上に持ち上げられるだけで、岸側に全く押されていません。

要するに引き波に持ち上げられてしまうんですね。

その状態でサーファーは遅れる気配を感じて力いっぱい漕ぎます。

引き波に引っ張られないように前のめりが更に酷くなります。

引き波に引かれたあと、自分の体の3分の2が波の後ろに回ってしまった頃に一気に波に重心を押し出されるんです。

この状態になると、逆にシーソーが後ろの体重の重みで後ろが下がろうとします。

そうすると更に前に押し込まないと前に出て行かないという現象が起こります。

簡単に言うと、波の力を避けているような形になりますね。

波の力を避けながらテイクオフをわざわざしている感じになるんです。

それでもこの方はある程度パドリング力が有るので無理やり乗っていますが、乗った時にはある程度波が崩れてしまっていて、前のめりの分体を起こすのが遅れて更にテイクオフが遅れています。

足が着いた頃にはほとんどボトムに落ちている状態で、もうこの波は終わってしまっていました。

このポジションでしたらテイクオフがうまい方は2回くらい軽く漕いでうねりから余裕で乗れます。

ちからは要りません。

こういった前のめりの癖がある方は、ボードのノーズが浮いている位に後ろに体重を掛けるようにして波を追いかけましょう!

ボードロッカーが有るので実はノーズが上がっているようで上がっていないんですね。

ノーズが水平ということはテールが浮いている状態ですので気をつけてください。

パーリングしやすい方もテールを浮かされているのが原因です、

イメージは飛行機の着陸の体勢ですよ。

このイメージが有ったらまずパーリングしません!

テイクオフは一瞬の動作のように感じますが、結構長い時間掛けて乗るんです。

いかに波の力を使ってテイクオフ出来るかがテイクオフを早くするコツですので、前にも書きましたが、テイクオフが早くしたいなら”パドリングのスピードダウン”をしてくださいね。

私のスクールに来てくれている方はこの理論で乗りまくります。

サーフィンの量が変わります。

当然上達量が何倍にもなります。

今まで3年かけていたことが数日で出来るんですよ。

サーフィンには見えないコツがあるんです。

そのことを理解して練習すると一気に伸びますよ!