2002年シーズン最終戦 鈴鹿サーキット | ☆楽しいことが一番☆ 山岸 大 公式 Blog
2008年01月30日(水)

2002年シーズン最終戦 鈴鹿サーキット

テーマ:ブログ

2002年シーズンの最終戦、鈴鹿サーキット。ポルシェにとっては苦手なコースですがドライバーにとっては走り甲斐のあるチャレンジングサーキットとしてF1ドライバーからも人気が高いコースです。S字スプーン130Rシケインなど名勝負が毎年観れてお客さんにも人気のあるサーキットですね。この鈴鹿のお客さんがマニアックで熱い方が多いんですよ(^O^)毎年鈴鹿へ行くと去年のレースの走行画像をプリントアウトしてプレゼントしてくれたり、わざわざ伊勢名物の赤福を差し入れしていただいたりと、本当に嬉しいです





スターティンググリッドのタイサンGT3R。この後姿がなんともいえないカッコ良さで、うっとりしちゃいます(^-^)





三宅チーフメカと真剣なやりとりがスタート直前まで続きます。どうも高速コーナーでアンダーオーバー気味のマシン挙動を何とかならないか協議していました。どうもダンパーはいい仕事しているのにバネレートが高すぎて足が動いていないのが原因でした。でももうグリッド上でのバネ交換は出来ないので、ダンパーの減衰力を弱めスタビも1ノッチソフトに変更してもらいました。



レースは頑張りました、が、、GT500クラスのマシンと接触などがありポイント圏内フィニッシュにはなりませんでした。でもこの年はドライバーとして急成長でき、貴重な経験を積めた有意義な一年間でした('-^*)



山岸 大さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス