Appleが世界で一番スマートフォンを売る会社になった | GoGo! Machead!

Appleが世界で一番スマートフォンを売る会社になった

ITmediaエンタープライズより
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1107/20/news024.html
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1107/22/news037.html

Appleは7月19日、Nokiaは7月31日に4~6月期の決算発表を行いましたが、
両社の決算内容は非常に明暗が分かれる結果となりました。

まず、売上と利益ですが、Appleは売上と利益ともに過去最高金額を記録しましたが、
Nokiaは売上は前年割れし、利益では3億6800万ユーロの赤字を出す結果となりました。

そして、市場として影響が大きいのはスマートフォンの販売台数です。
Appleは2034万台のiPhoneを販売し、Nokiaは前期から34%減の1670万台と販売台数を落とし、
スマートフォン販売シェアでAppleが1位になりました。

Nokiaが販売台数を落とした理由として大きいのは2月発表したMicrosoftとの提携でしょう。
Nokiaはこの提携で今まで採用していたスマートフォン向けOS「Symbian」と次世代のスマートフォン
向けOSとなる「MeeGo」の終息とWindows Phone 7の採用を明らかにしました。

ユーザーはその影響でNokiaが今販売しているSymbianもしくはMeeGoを搭載したスマートフォンは、
今後未来がないと判断して購入を控えて、iOSやAndroidなどに流れていると思います。

せめて、SymbianとMeeGoの終息発表と同時にWindows Phone 7搭載端末を発表すれば、
ユーザーはNokia製のWindows Phone 7搭載スマートフォンを選んだかもしれません。
でも、NokiaはMicrosoftとWindows Phone 7端末を今行っている最中です。

この結果はNokiaの戦略ミスから起きたものと言って良いでしょうね。

AppleはこのNokiaの戦略ミスからiPhoneの販売を伸ばしていくでしょう。
けど、先日に和解となった特許侵害裁判で特許使用料の支払いが和解条件となり、iPhoneは売れる事に
Nokiaへ特許使用料が入ってくる事になりました。

そのため、AppleとNokiaの差は思うように広がらないかもしれませんが、
Nokiaも再びAppleを抜く為に完成度の高いWindows Phone 7端末が必要でしょう。
ここ数年のNokiaの頑張りには注目したいですね。


HTC HD7 【WindowsPhone7搭載!】海外アンロック版スマートフォン/HTC

¥価格不明
Amazon.co.jp

Bluetoothキーボード■iPhone4/iPad/スマートフォンに/プラタ

¥6,000
Amazon.co.jp

BUFFALO iPhone 4 (16GB・32GB)用 液晶保護フィルム&背面保護フィルム.../バッファローコクヨサプライ

¥1,386
Amazon.co.jp