iPhoneの独占契約は無くなってもキャリアはAppleの要求を受け入れられるか | GoGo! Machead!

iPhoneの独占契約は無くなってもキャリアはAppleの要求を受け入れられるか

APPLELINKAGEさんより
http://www.applelinkage.com/#110119009

Appleは2011年第1四半期業績発表のカンファレンスコールでCOOのティム・クックが、
米国でAT&TとVerizonに対してiPhoneを提供するに当たって、両社と非独占販売契約を結んだ事を
明らかにしました。

そして、iPhoneの独占販売契約に関して、

「世界のどの国でも独占契約を結んでおらず、米国が最後だった。」

と説明しました。

初代iPhoneが発売された当時、Appleはキャリアに対して販売奨励金を受け取らない代わりに、
月額通信料の一部提供をAppleに支払う、iPhoneの販売は1つの国に対して1キャリアという
条件を出したと言われています。

ただ、iPhone 3G以降は販売価格を抑えるために販売奨励金を使ったり、
国の法律上、SIMロックフリーのiPhoneを提供しなければならないといった事情から
iPhoneの独占販売契約は見直しされたのでしょう。

ソフトバンクがiPhone 3G販売を発表した際に孫社長も「Appleとの独占契約ではない」
と語っており、現状でもドコモからiPhoneが販売される可能性はゼロではありません。

とはいえ、AppleがiPhoneを販売するキャリアに対して、
他メーカーよりも有利な条件を突きつけるのは容易に想像できるところで、
ソフトバンクに決まる前にドコモとAppleが交渉した際にAppleから求められた要求に
ドコモが応える事ができなかったのだと思います。

Verizon版iPhone 4が登場した事でauも提供できる可能性が広がりましたが、
auがAppleの要求に応えられる事ができるのかがネックになるでしょうね。

auにはiTunes Storeと競合するLISMOなど多数あります。
要求に応えればiPhoneが売れてユーザーが増えますが、ユーザーの通信量増加による
インフラ投資が求められるかもしれませんし、他メーカーの携帯やスマートフォンが売れた時に
得られる利益と比べると少ないでしょう。

iPhoneの独占販売契約が世界的に無くなった今は、
iPhoneという諸刃の剣をキャリアが持つ覚悟があるのか、問われるでしょうね。


【送料無料】フォーカルポイントコンピュータ 超薄型iPhone4用バッテリー内蔵ケース mop...

¥6,644
楽天

iPhone 4向けバッテリーケース 「exolife」 即発送!世界最薄バッテリージャケット...

¥9,980
楽天

ソリッド for iPhone4 Black GI-200B/Gild design

¥8,925
Amazon.co.jp