氷河クルーズ③


船はいよいよメインのイベント。
氷河が崩れる瞬間を見よう!

目の前にとても大きな氷河がありますね。


氷河から500mくらいかな。
デカイ崩落があっても安全な距離で
エンジンを切って停まっています。


どーんと迫る氷河。

真ん中に顔があるように見えてしまうのは
私だけ?

時間ギリギリまで停まっていたけれど
崩落は見られず。残念。
水や風の音を聞いてて気持ちが良かったから
それはそれで満足♪

帰りの途中
氷河の氷回収してたお兄さんが
写真撮るよ!って声をかけてくれたので
ひとみさん呼んで一緒にパチリ。

強風と寒さと寝不足で若干弱ってる2人(笑)

途中見えた港町。

山の上に氷河。
一気に崩れたら街に影響出そう。
地震大丈夫だったかしら。

クルーズも終了間近。
船長さんが岸壁に寄せます。

操縦するキャプテンの後ろ姿。
外にも操縦捍があるのね。

岸壁では水を被りながら(気温0度くらい!)
停留のロープをかけてる人が3人いて
そのうちの一人は下船したお年寄りの介助も
そのまましてたよー!
身体は拭いたけど着替えてはいない…
風邪ひかないでねと心配になり
少し話かけたけら満面の笑顔で
「僕は大丈夫!船は楽しめましたか?」って。
ちゃんと優しくお年寄りの介助しながら
答えたお兄ちゃん。眩しすぎる…。
おかげでもっといい旅になったよ(。´Д⊂)



さっきの回収したカヤック。
船から下ろしてました。

帰りの電車まで時間があるので
早めの夕食。
船を操縦してる時の写真の左に写っていた
ホテルで食べましたよ。


ポルチーニバーガーだったかしら?
パンはふわっふわ。
お肉はボリュームがあり、ジューシー♪

海を眺めながら食べてると
ラッコが泳いでいるのが見えました。
スマホでは写らず。

景色キレイだったなぁ。


そして帰りの電車に乗るために
時間に余裕を持って出るも
駅がわからない!
と言うのも駅舎がないから(;´∀`)
線路があって
人に聞いてもわからない…。
船も乗ったところと降りたところが違うし。
若干パニクる(笑)
ひとみさんのおかげで
無事に電車に乗れました。

乗った電車からの眺め。
駅舎なんてないから何も近くに写らない(笑)


電車が走り出す前にサービスが配られました。


ピリ辛のスモークサーモン。
チーズとクラッカーに乗せて。
車内販売してたものの試食。
美味しかったけど、日本に持ち帰って
空港でスーツケース開けろとか
(検疫の都合上肉類の持ち込み禁止だから)
肉じゃないけど間違われて言われても
イヤだから買いませんでした。

帰りの走ってる車窓は暗くてブレブレにしか
写らなかったので氷河クルーズはここまで。

お天気にも恵まれて
アラスカ満喫しました♪