広い窓も考えもんです・・・(ワイドウィンの使用感想) | 谷川建設で家を建てた、小っちゃい少年のブログ

谷川建設で家を建てた、小っちゃい少年のブログ

御質問や紹介の御希望の際には、お手数ですがメッセージをお送りください。
谷川建設の家の構造上の特徴や仕様などは"ブログのまとめ記事"に記載していますので、御参考になれば幸いです。


テーマ:

 

 

小生の家のリビングには大きな窓が2つあります。

 

 

 

2つの窓、高さが220cm、長さが約270cmです。

 

上の図では窓が2枚とも引違い窓になっていますが、

実際はワイドウィンという窓を採用しています。

 

 

小生の家の実際のワイドウィンです (庭側から見た感じ)

 

これが2枚、あるわけです。

 

日中、部屋の中から撮影した場合・・・

 

 

おわかりになるでしょうか。

 

景観を良くしたくて、スッキリしていた

ワイドウィンを採用したんですが、

小生の住む地域は田舎とはいえ、

ぽつんと一軒家ではありません。

 

家の周囲に家や道路があるので

思いっ切り窓を開けることなんて殆ど無く、

ブラインドで採光を調整している状況です。

 

つまり、

 

ブラインド全開にして、

窓をオープンにすることなんて

ほぼない

 

だいたい、それを見越して

ブラインドは採光ブラインド、"アカリナ"

を採用しているので、よく考えると

 

窓の採用基準と

ブラインドの採用基準が矛盾

 

しております・・・

 

 

ついでに、ワイドウィンの鍵部分

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

家を建てていた頃は、

熱狂の渦に飲み込まれておりました。

 

現在、冷静に考えてみると、

 

普通の窓で良かったんじゃ・・・

(無駄に高いんですよ・・・ワイドウィン)

 

皆様も御自身の敷地状況等、

環境を良く考慮しつつ

冷静に状況を分析して窓を御採用ください<(_ _)>

 

 


 

 

 

小っちゃい少年さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス