メープル無垢床材の経年変化 (3年ですが・・・) | 谷川建設で家を建てた、小っちゃい少年のブログ

谷川建設で家を建てた、小っちゃい少年のブログ

御質問や紹介の御希望の際には、お手数ですがメッセージをお送りください。
谷川建設の家の構造上の特徴や仕様などは"ブログのまとめ記事"に記載していますので、御参考になれば幸いです。


テーマ:
床材 (無垢)の経年変化の話です。

小生は、床材にメープル床材を使用しています。

一般的な話ですが、
メープルの場合、

ソフトメープル

ハードメープル


が有名です。

ただし、"ソフト"と"ハード"という名前は、
あくまでも総称
一括りにしているだけにすぎません。


小生が調べた範囲で
代表的なメープル種を記載しますが、
一括りにメープルといっても、
樹種は様々です。 (100種類以上ある?)

【ソフトメープル】

1) レッドメープル 950
2) シルバーメープル 700
3) ボックスエルダー メープル 720
4) ストライプドメープル 770
7) PCメープル 850
・・・
・・・

【ハードメープル】

1) シュガーメープル 1450
2) ブラックメープル 1180


右側に付けている数字は、
先日御紹介した、
木の硬さの指標の1つである

「ヤンカ硬さ」

です。
(フローリングに使用する床材 (無垢材);
"木の硬さ"ランキングを御参照
)

数字が高いほど、硬い木材です。


結局、"ソフト"と"ハード"は
名前の通り、
「柔らかいのか」
「硬いのか」
という違いになります。

また、同じ"ソフト"や"ハード"でも
樹種によって、硬さに
バラつきがあることがわかります。


○●○●○●○●○●


さて、小生が契約している
谷川建設のメープルは、
PCメープルです。

正式名称は、

Pacific coast maple

あるいは、big leaf maple

と呼ばれています。

他のメープル種と比較した場合、
赤みが強いのが特徴で、
谷川建設としては、
この赤みが日本人好みだろうということで、
このメープルを選んで商品化しているそうです。
(谷川建設 営業Ωさん談)

尚、赤みがあるのは、
心材 (中心部)です。
辺材は白色系です (灰白色)。


ただまぁ、無垢木材の場合、
経年変化を起こすわけですから、
最初に赤みがあっても、
ずっと赤みが維持できるかどうかは
わかりません・・・

といいますか小生は、
PCメープルが経年変化で
どうなっていくのか知りませんでした。

小生的には、赤みに拘っていないので、
別に赤みが無くなっても構わないのですが、
数年経過すると、このPCメープルは
どのように変化するのか興味がありまして、

先日、PCメープルの経年変化を確認しに、
KKT住宅展示場に伺いました。

KKT住宅展示場の谷川建設展示場は、
建設されてから、3年程経過しております。

ではPCメープルの経年変化です。



写真のど真ん中で
まるで線が引いてあるかのように
色分けがなされているのが
おわかりになるかと思います。

この線のようなものは、
ドアがある場所で、
そこを境にして、
右側はトイレで、日光は全く当たらず
左側が廊下で窓が近くにあり、
直射日光をもろに浴びている場所です。

まとめますと、

右側; 本来のPCメープルの色
左側; 3年間日光に暴露されまくった
PCメープルの色

日光を浴びなければ、
3年間で殆ど変らないことがわかったのですが、
日光を浴びまくると、

こんなに変わるの?


赤みが消失していますね・・・


しかし、小生的には左側の
赤みが色落ちした
淡い木材の色合いも
すごく良かったですし、
こちらも好きです 音譜

問題なのは、
実際に住んだ場合に、
この具体例のように、
早々と変化する部分と
ゆっくりと変化していく部分が
出てくるので、

見苦しくならないだろうか・・・

と思ってしまいます。

仕方がない面もありますが・・・


さてもさても
経年変化、奥深いですね




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
にほんブログ村


小っちゃい少年さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス