住宅建設への道 ( ステンレスからキッチンを考える②<TOTO クラッソ>) | 谷川建設で家を建てた、小っちゃい少年のブログ

谷川建設で家を建てた、小っちゃい少年のブログ

御質問や紹介の御希望の際には、お手数ですがメッセージをお送りください。
谷川建設の家の構造上の特徴や仕様などは"ブログのまとめ記事"に記載していますので、御参考になれば幸いです。


テーマ:
まずは、TOTO。
ワークトップとシンクをステンレスにした場合です。

クラッソ (TOTO)
ワークトップ; NSSC FW2
シンク; SUS304
引き出し底板; ステンレスは選択不可
キャビネット; ステンレスは選択不可

以前は、ワークトップとシンク共に、SUS304でしたが、
2014年の3月から若干変更になっています。

SUS304は以前にも御紹介しましたが、通称18-8で、
クロム (Cr)が18%、ニッケル (Ni)が8%使われている製品で、
高級キッチン等によく使われています。

NSSC FW2は、以前御紹介しました、
NSSC FW1の進化版です (リンク先御参照)。

14%のクロム (Cr)と0.1%の錫 (すず, Sn)を混ぜた
14%Cr - 0.1%Sn → NSSC FW1

16%のクロム (Cr)と0.3%の錫 (すず, Sn)を混ぜた
16%Cr - 0.3%Sn → NSSC FW2



(新日鐡住金株式会社 (NSSC)公開資料より一部改編)

これは、以前にも出しました
SUS304, SUS430, NSSC FW1, NSSC FW2の性能比較図です。

SUS304の耐食性とNSSC FW2の耐食性はほぼ同等です。
それでいて、NSSC FW2は含有するクロム (Cr)の量が、
SUS304よりも少なく、ニッケル (Ni)も使用していませんので、
レアメタル (Cr, Ni)の使用量が少ない。

NSSC FW2はそんな製品で、TOTOのクラッソは、
これをワークトップに今年の3月から使用しています。

TOTOのステンレスワークトップにNSSC FW2が使用されていて、
ちょっと興奮した小生です (ノ゚ο゚)ノ

ちなみに次項で記載しますが、
NSSC FW1をキャビネットに使用しているのが、
クリナップのクリンレディです。


---------今回の結論----------


TOTOのクラッソをステンレス素材という観点から考えた場合、

引き出し底板やキャビネットはステンレス選択不可なので、

ステンレス好きにはあまり向いていないような・・・




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村






小っちゃい少年さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス