メガミ事務所

テーマ:
えーまず、せっかく置き換えしたのですがあくまでおゆまるの型取りのおさらいが目的だったので元の形は気にせず進めていきます。
ただ大きさはこのくらいでやりたかったので無駄ではありません。
人物の顔をちゃんとやるのは初めてだったのでちょっとガイドしてもらいたいというのが本音。
ここまではまだ順調に進んでる
おおっと
ううんむ





表情つくと難しい!!
似せるのって難しい!
頬のあたりが苦手なので勉強しないと

テーマ:
まずは手ごろなサイズの知り合いのガレキをおゆまるで型取り。
いや〜新しいおゆまる良いですねーすぐ柔らかくなって使いやすかったー
数年も使ったおゆまるはも余り柔らかくなってくれなくなってしまったので新しいのを書い直しました。
まあでも、
古い方のおゆまるで色々実験したので仕方ないですね。ヒートガンとか熱風でやってみたりとたぶんアレが良くなかったのだろうなあ温め過ぎておゆまるの中に泡出来たり焦がしたり。
現在はヤカンで沸かしたお湯を写真の容器に入れてその中におゆまる入れて温めて使ってます。
そのままだと容器が熱いので下に敷物置いて使ってます。

久々のスカルピーが硬くて練るの大変そうだったのでだいぶ前に購入した安いパスタマシーンで練ることに
使ってみて、手でやるよりはこっちの方が良いですね。
ただもうひたすらスカルピー入れて回してまた入れて回しての繰り返しなんですが手で練るよりは良いです。
うん、早く使えば良かった|( ̄3 ̄)|
型取りしたおゆまるを半分に割ってスカルピーを詰めます。
私の場合ははみ出さないくらいにして
こうやっておゆまるを合わせてから繋ぎ目を盛り足します。
こんな感じー
外して出来上がり。

置き換え元と比較。
割と思っていたよりはモールドも残して置き換え出来ましたね。

スカルピー節約の為アルミホイルを詰める

以前左のやつを使っていたのですがダイソーで右の似たやつを見つけたのだが、
今は右側の方をよく使ってます。
傾斜があるのと一番下の段に返しがついて落ちないのが良いです。

テーマ:
最近作業机の削りカスやらの掃除もっと簡単に出来ないかな〜とアマゾンでこの卓上掃除機を購入しました。1000円くらいで手頃な価格だったのですぐ頼みました。
普段は100均の小さい箒とちりとりで机の上は片付けるのですが机の集塵機の辺りの削りカスなんかがいつも掃除機で吸って掃除してたのでそこんとこもなんとかしたかった。
なんで改修するのかというと
パテの削りカスって小さいのとかよく
あるんだけどそれがなんだか隙間から飛び出してきてしまっていたのでその隙間を無くす改修作業です。
ということで外すとこんな感じ。
これは元から掃除できるようにこうなってます。
今回は無理にどこかを壊す作業とかはありません。
まずはこの底の吸い取り口のパーツ
これとフィルターのパーツの合わせ目の隙間を埋めます。
フィルターパーツに離型剤塗って、
底パーツにパテ等(写真のはポリパテ)盛って半硬化中にはみ出した所を削り落とす
フィルターパーツと本体を木工ボンドで接着、ボンドが乾かない内に底パーツをはめて元の状態に戻してその状態で乾く待てばOK
適当にボンドを少量出してれば乾いたかどうかの目安に出来ます。

木工ボンドはフィルターのパーツに木工ボンド塗ってはめ込めばOK

これで改修完了。

こんな感じです。
もっと汚れてれば分かり易いのだけどそこはまあまあ
改修後は以前の隙間から小さいゴミが飛び出してくるとかなくなったので満足。
使ってみた感じちょっとした削りカスは余裕で吸い取るので今のところ机の掃除程度ならこれだけで充分です。
小さいの邪魔にならないのが良いですね。
単三乾電池2本で動きますし。

テーマ:
粘土の土台を作る為
ボルトと白ねじ込みフランジを用意。
白ねじ込みフランジを地元のハンズマンで探して1回探してみつけられなかったのだが2回目でよ〜く探して見つけられました。水道のパイプ売り場の上〜の棚に置いてあって完全に死角でしたwだって自分の身長より高い所に置いてあるとは思わなんだ。小さい脚立使ってやっと見つけました
。あとは白ねじ込みフランジという名前さえ知らなかったのよね〜造形の本で見て形だけ分かる状態でたぶんこの辺だろって探してたし。
名前わからないものってよくありますよね探すのなかなか大変。
今回の土台のベースに円形の木材を使用しまーす。
何故円形なのかはというと、
この下に回転台を置いて回しても角が邪魔にならないようにです。
だいたい真ん中にフランジ置いて穴開ける目印書いて、まずボルトが通る穴を開ける。電動のやつで穴を少しずつ大きく穴開けてあとは丸刀で、頑張ってボルトが通る穴を彫る。
そしたらボルトの頭が見えない所まで平刀で彫る。穴開けて平刀で彫りました。
貫通させないように注意。
下に木材の要らない板を敷いて置けば下は傷付かないです。
彫り終わったところ。
腕疲れてしまったのでもっと身体鍛えておかないと!
取り付け完了!!ふう、すんなりハマった よかった
今はこんな感じで使ってます。
だいぶ安定感がましたので満足。
パイプも色々あるのでそれの組み合わせで状況によって変えると良いですね。




テーマ:

毛を盛り付けているところ
大きさや長さ等の組み合わせなどを試して

ちょっとこれで引っ掻いてみた。
そう言えば、最近twitchの配信で海外の方がビニールの上からなぞっていたからあれも試してみる。
耳を変更してみた。
耳の毛もまたやってみた
なんだかまだ鱗っぽいかな。
最後まで鱗っぽい感じならそれはそれで生かして行ければいいかな。

テーマ:
{85714435-A06B-444B-AE0F-1332F5B7479E}

 

{182C12D2-51AA-4A9D-9904-6BD2AE690C1C}

眉のあたりに毛を少しもってみたけど、

 

う〜ん
{B3BABC10-56F5-4FFF-AB55-C54D90203D2C}
 
{9E3EB4CA-67D9-4142-8790-D20DD60E8044}
動物ぽっい鼻にしよいとしたらブタっ鼻に
{77BBC6C3-E981-4D34-889D-DB3406208ADB}
 
{059B60D6-92F8-4423-8C37-1A30B343612D}
見直し鼻を修正
ちょっとはマシになったかな
{0C46B3BC-64B5-43D4-8870-638B0374556D}
 
{530EA28D-8F93-44F0-B28F-5AF1D70ACFCF}
 
{4E60CB81-A628-4952-9BA7-F6ECC8B619A0}
今から毛を盛るアタリを引いてみる
引いた後すぐには気がつかなかったが長すぎな線が沢山ある気がする。
{20AC707A-B9F3-490D-AAFA-F68A5CA11F7B}
 
{E5E8448A-7160-4BD9-9483-E32F84EBFD29}
 
{1E80A077-FAFB-413D-ABA4-5742186B3DF6}
盛り付けてはみたものの毛束が多すぎたり繋がりが悪かったりとまだまだ工夫していかないと
{52347EE9-F00B-4835-A2EE-F0A8695FB616}
 
{061C17B8-277F-4B86-B892-423C3118AF6C}
 
{2D6DBB1E-5AD5-4224-93BD-C7E9AB35E73D}
耳の中と眉毛をやってみる、
なかなか上手くいかないがこれから頑張っていけばいいのだ。

テーマ:
{7FDA6B1F-5787-4033-823F-7AB75920425C}

 

{CDD4D198-C401-4200-93EA-0E8683023347}
今日は福岡ねんど会に参加して

 

その時の作業の進行具合です。
右目がなかなか決まらず午前の部は福岡ねんど会のメンバーと交流しながらひたすら
 
あ〜右目が決まらない〜状態
 
午後に入ってやっとさだまった状態です。
{93E1BCE8-6F32-4C88-8B48-75758DF670F5}
目が決まったら後は反対側に合わせて盛り付けていくだけ
{BA801D40-C943-4DAB-8EFB-42F5F30742B6}
 
{2CC71928-84F1-41F6-A1CA-4EDC0D675032}
 
{74B5F1CD-A4D3-453F-AC3F-E0CBDDACB7F5}
 
{05329983-E165-4E00-B6D5-6D7129203692}
そしてこんな感じにしてみました。
いやー動物は表情がつけやすくていいですね。
もっと色々な表情も作っていきたいです。

テーマ:
{12D03C22-77A0-44C3-847F-DF528E64AC48}

 

{D02BF606-AD2A-455C-A478-3FB2039B2CE2}

熊の頭を久々に土台から取り外してみたが当然といえば当然なのだがアルミホイルがしっかりくっついてる。

 

これって皆さんどうしてるの?
温めて溶かして取るの?
ということで、直接アルミホイルに接触するのがまずいだけなのでビニール袋を被せておしまい。
いつものことだけど、もうちょっと早く気がまわればねえと:(;゙゚'ω゚'):
熊のアルミホイルは地道に取るしかないな
(-_-;)
{810CAEA0-4003-4CAE-8412-DBF222F4712E}
 
{C0538A52-D712-4B6E-8D39-69A5F8E98560}
新しいケモノの顔を作り始めるが
なんだか恐竜みたいだな
{D69AD2ED-7D40-4286-94FE-55878F7CC424}
 
{2F4F8A5C-74A4-4196-B650-C0A2381E4CC2}
狼の頭蓋骨を参考にしてるとはあまり言いづらい出で立ち(>_<)
{CDDFE9E8-FA59-4A59-8BAC-7E98B66E6E54}
 
{0CB2E3D4-ED2B-49AA-AFC4-8735ECBF2B79}
完成形を決めずにtwitchの配信で気ままに突き進んでるところ。
ちょっと⁉︎狼どこなの?
{DD212820-285F-433F-9852-53C59C40C9B5}
 
{15697523-9D11-43F7-A135-83597FBC8D78}
この顔は垂れ耳だな。
配信でダルメシアンみたいとのこと
{CF485DA8-9DCC-49FB-8647-EF221FCC2DE7}
 
{84E57EBE-7ABD-4DEF-BFBA-8E6BDC92DCD4}
ちょっと耳を立ててみたらドーベルマンに見えないことも
 
得意な右側を先に作って後で合わせる作戦

テーマ:
{E55E1150-F72A-445C-B93D-7E6A5BDFBEF6}

 

{272072D6-0B01-4690-9F07-9FDDFDE96977}

うみうし堂さんのところにWF前日お泊りに来て、

 

うみうし堂さんが個人的に作ったカッパさんの頭を乗っけてみ〜たよ。
 
{44C1C4ED-24DE-4696-8C89-A78AC0552E7E}
カッパのキット貰った。
{AD489CAD-58D9-46DE-B0B6-240010D0811D}
そして、お泊り先でスパチュラを借りて熊の顔をちょっと弄る。
 
{36CD1FE7-FF34-4D31-A430-24671718B960}
初めて使う細かいスパチュラ類や自作のものなど使わせてもらったけど使いやすくて作業捗った!
ホライジングで買ってるスパチュラが結構あるのだとか、
あとでホライジングをチェックや!
 
{A87AA37A-C7C4-48B9-84FD-B786842CE70E}
初めてカメラの顔認識が熊の顔を捉えました。
 
{800E4A8D-AC7A-462D-8724-D7AA8D19E545}
WF展示はこんな感じで寂しい
色々これから作って賑やかにしたいですね。
 
 
 
追記
{F2622FF7-DF92-4432-BDF9-D39A3795457A}
 
{55E1E944-2C52-462B-81A7-0D2A5E00C428}
 
有名な片桐裕司さんのデモンストレーション1時間を前列でみられて良かった!
ずっと中腰で脚プルプルしながらだったけどねw
 
 

テーマ:
{DE09D31E-361D-4E07-94EC-718B8CA0EADB}

この画像は

シリコンから取り出したあとすぐのやつ
一応座れる。
{5B2C39D9-9D76-433F-9D34-A2E5458E64C7}
アルコール類で表面を整える前
{82936B23-2C93-412E-A587-17CAB032F349}
ジッポーオイルやテレピンなどをキムワイプに浸して擦るだけで表面をある程度ならせます。
{9FEA5C2B-5BF1-4B04-B7B3-1AB63D54A92F}
肩でちょっとやりたかった毛の表現試してみるけどこれじゃない感が。
これはまだまだ色々試してしっくりくる表現を探していきましょう。
ええとこれはちょっとギザギザのかきとりベラで引っかけてみただけ。
 
{33513D1B-B1F5-4760-8526-8D66A89FBEB5}
肩の毛?はテレピンとキムワイプで擦って消しました。
{458C58B7-0938-4FAC-A509-67E9E01613AB}
NSPからポリパテに置き換える為シリコンをペタペタ何回も塗ってるところ。
硬化剤を1割〜3割増しで入れて少し固まってきたら盛り付けてました。
{573F6304-201E-468E-9C40-216D71AE575A}
 
{7FC2BF20-CB5E-494A-9E31-BE7BC0CB24DF}
シリコンからNSPの原型を取り出しポリパテを入れて固めてるところ。
NSPの表面はやはり粘土ですので取り出したときシリコンに粘土付いてるかなーって思ったけど以外とあまり残っていなかったので取り出してそのままポリパテもりつけました。
今回は新品の800gポリパテ缶がほとんどなくなりました。中身ぎっしりにしてないのにw
詰めるときは中身ぎっしりにして合わせ目にパテが溢れて合わせ目がずれるのを防ぎたいので少し足りないくらいに詰めて中の空洞は後で詰めればいい感じで最近は置き換え作業を行なっています。
空洞はアルミホイルを先に詰めてから盛り付けると埋めやすいです。
{BA43A66F-54CF-4FCD-A365-CA1540EAAC11}
置き換えこんな感じ
{DB1ACEB3-FF05-468B-A61B-500C57B3653D}
いつも使ってる板金のポリパテがパッケージ変わってました。
右が新しいほう
 
 
今回のWFは熊と熊の大きな顔の展示のみです。
メガミデバイスの販売は無くなりました。
展示もありません。
 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス