パッキャオvsマルケス 続POSTFIGHT、他。 | Go↑kunの海外ボクシング記♪

Go↑kunの海外ボクシング記♪

ボクシング…勝者と敗者のあまりにクッキリとしたコントラスト…。魅力的な選手達のバックグラウンド、ボクシングビジネスの側面、プロモーター達の思惑、選手の声、あまり入ってこない海外ボクシング情報を書きたいと思います!宜しくお願い致します!


テーマ:
多くのコメントありがとう御座います!
注目マッチ…接戦…判定となると…当然議論がありますよね…。

さて…POSTFIGHT②です!

http://www.boxingscene.com/?m=show&opt=printable&id=46008#ixzz1dk4slJLJ

先ずはWBA、IBF世界S.ライト級王者のアミール・カーン。
フレディ・ローチを師事し…言わば同門の様なパッキャオとカーンですが…。

『接戦だったね。マルケスは宿題をしっかりとやってきて、やるべきことが分かっていたよね。最終ラウンドにリングに出ていく姿を観て、マルケスが勝つと思ったんだ。フレディ・ローチも同じ様に感じていたみたいだよ。試合が終わって1ポイントか2ポイント差でマルケスが勝ったと思った。でもマニーが勝って嬉しかったよ。彼は良い友人だし同門だからね。』

こういう場合、大抵はパッキャオを支持しそうですけど…意外にもマルケスへ一票。


続いてはパッキャオのアドバイザー、マイケル・コンツさん。

http://www.boxingscene.com/?m=show&opt=printable&id=46010#ixzz1dk5EJkOQ

『パッキャオとマルケスがもう1回試合をすることをファンが望んでいるとは思えないんだよね。何の為に?又、これまでの3戦と同じ様になって、どちらが勝ったか議論するだけだろう?正直言って今回のマルケス戦だって金銭面の条件が良くなければ断るつもりだったんだよ。マニーが仕掛けていったことは確かだし、よりアグレシッブだったのも確かだよね。マルケスは作戦通りだっただろう。カウンターを狙い続けた。マルケスもアグレッシブな相手にあの戦い方だけでは、接戦をモノにすることは出来ないと思うよ。』


次はパッキャオのフィジカルコーチ、アレックス・アリーザさん。

http://www.boxingscene.com/?m=show&opt=printable&id=46012#ixzz1dk5ZlURW

『マニーは自分のパフォーマンスについてはまるで満足していなかったよ。本当に悪い日だったから、もう1度やりたいって言ってたよ。俺ももう1試合やらせたいと思っている。』


『完全な俺のやり方でもう1度鍛え直そうって言ったんだ。』

『もう1度基本に戻ってやり直す必要があるね。しっかりと成功していた頃と同じ様に基本に忠実にやらなければならないんだ。その頃は足の痙攣とかも起きなかったしね。』

『マニーも試合後、昔のやり方に戻すことに同意してくれたよ。彼から全て俺の言う通りにするって言ってきたんだ。』

『マルケスIIIに関しては全く俺のやり方はしていなかったからね。ボクシングのトレーニングとコンディショニングは全然違うものなんだ。ジムで練習だけをしていれば良いってのは間違いなんだよ。』

『マニーは調子が良さそうに見えて身体がついていってなかったね。バランスが悪かったし、特別じゃなくて普通のファイターに見えたよ。疲れていたしね。』

…アリーザさん営業絶好調だな(笑)…

アリーザ方式を100%フォローをしたディアス戦、デラ戦、ハットン戦、コット戦、
そしてクロッティ戦では…足の痙攣は起きず…

やっていなかったマルケスII、そしてモズリー戦では足が痙攣したことを、
誇らしげに語るアリーザさん。

『俺のやり方は厳しいし、辛いだろうけど、それには理由があるってことだ。コンディショニングをしっかりとやりたい選手なんていないさ。でもそれによってマニーが素晴らしいファイターになったのは間違いないからね。』

『足の痙攣について言い訳をする気はないけど、毎回試合内容が悪くなってきてるからね。昔の様にしっかりやらなければ、今後伸びていくことは難しいだろう。』

『もし俺がメイウェザーで、パッキャオvsマルケスIIIを観ていたら、今朝にでもパッキャオと戦うサインをしているよ。』


次はWBCプレジデント、ホセ・スレイマンさん。
試合前には『これはミスマッチだ!』と批判しておりましたが…
大接戦という結果を受け、今度はトップランクのアラムさんが…スレイマンを非難(笑)

"He is an As*h*le"と激怒していました(笑)

http://www.boxingscene.com/?m=show&opt=printable&id=46014#ixzz1dk5uC2F6

『マニー・パッキャオにはガッカリしたよ。マルケスが負けていたとは思えない。』

『全体を通して前に出ていたのはパッキャオだけど、慎重過ぎたと思う。パンチも単発だったし。全体を通じて彼のハート、パッションが伝わらなかった。』

『パッキャオのことは信じていたんだ。彼は世界最高のファイターだと思っているし年々進化している。試合前にそういうことを言い過ぎたと、恥をかいているよ。』

『パッキャオが引退する日も近いのかも知れないね。世界王者の様に戦ってくれなかった。スピードもなかったし慎重過ぎた。政治活動とかが頭にあるのかも知れないけど、引退の時期に来ているのかもね。』


次はセミファイナルでカサマヨールをTKOで下したブラッドリー。

http://www.boxingscene.com/?m=show&opt=printable&id=46025#ixzz1dk68jKtI

『俺はいつでも準備が出来ているぜ。マルケスは見せてくれたね。』

『俺には誰が相手でも試合をする準備がある。俺にはマニー・パッキャオと戦う為のスピードがある。決意もね。戦いたいね。』

『どっちが勝っていたか?分からないよ。俺はジャッジじゃないからね。でもテレビで観ていた限りではマルケスが勝ったと思ったよ。』

『俺は世界中のベストなファイター達と戦いたいんだ。マニー・パッキャオ、マルケス、フロイド・メイウェザー、そしてアミール・カーン。誰でも来いよ。』

カサマヨール戦ではアピール不足か…。
やっぱり先ずはカーンとS.ライト級最強決定戦をやって欲しいですよね。
カーンに勝てばそれこそ一気に視界が広がるはずだと思うんですがねぇ…。
でも今はカーンが勝ちそう。


そしてパッキャオの気になる次戦について。

http://www.boxingscene.com/?m=show&opt=printable&id=46031#ixzz1dk6dg81W

メイウェザーが5月5日に待っとるでぇ~と宣言…
しかしマルケス戦も接戦だったので…4戦目の可能性も…

トップランクのアラムさんは…マルケスIVをプッシュしており、
メイウェザーより…自らが抱える選手との対戦を推しそうなのは明らかですな。

このトップランクお抱え選手戦の動きに…各方面からバッシングが出ております。
まぁ…毎度のことなんですが…。

アラムさんによると…パックvsマルケスIVは4月か6月、
ダラスのカウボーイスタジアム、あるいはラスベガスの屋外特設リングでやりたいご意向。

『メイウェザー戦?来年の春じゃなくても、今から1年後にだって実現出来るだろう?』

これに噛みついたのが…メイウェザーと親しくしているGBPのCEO、シェーファーさん。

『ボブ・アラムが事実を捻じ曲げ続けることにもうウンザリだよ。毎回毎回、昨日言ってたことと、今日言ってることが違うんだからね。今回の真実は次の通りだからよく聞いてくれよ。今日の午後、元連邦裁判員のダニエル・ウェインステインからメールが届いたんだ。その内容は、"トップランクはマルケスとのリマッチを追いかけるから、パッキャオvsメイウェザーに関しての交渉をすぐに開始するつもりはない"というものだったんだ。だからメイウェザーは5月5日、他の対戦相手を探すしかないんだ。』

…パッキャオもローチも個別の発言ではメイウェザー戦をやりたいと言ってますが…
アラムさんが乗り気じゃなさそうですな…。

Twitter等でも…デラ・ホーヤがパッキャオにトップランクを離れろとか言ってますし、
メイウェザーは5月5日だけじゃなく、その前、2月にも試合をするとか…
色々アクティブになってきております。


まぁとにかくビッグマッチ…脱力感…今後の海外ボクシングマッチで楽しみを探す…。

11月19日@テキサス、USA
フリオ・セサール・チャベスJr.vsピーター・マンフレドJr.
ジョシュア・クロッティvsカルビン・グリーン

11月26日@オハイオ、USA
エイドリアン・ブローナーvsビンセント・マルティン・ロドリゲス
ゲーリー・ラッセルJr.vsダット・ヌグイェン

11月26日@グアラダハラ、メキシコ
サウル・アルバレスvsカーミット・シントロン

12月3日@ニューヨーク、USA
ミゲール・コットvsアントニオ・マルガリート
マイク・ジョーンズvsセバスチャン・アンドレス・ルファン

12月3日@カリフォルニア、USA
アブネール・マレスvsジョセフ・アグベコ
アンセルモ・モレノvsビック・ダルチニアン

12月10日@ワシントン、USA
アミール・カーンvsレイモント・ピーターソン

12月10日@デュッセルドルフ、ドイツ
ウラジミール・クリチコvsジャン・マーク・モルメック

12月10日@ジョージア、USA
ロイ・ジョーンズJr.vsマックス・アレキサンダー

12月17日@アトランティックシティ、USA
アンドレ・ウォードvsカール・フロッチ

12月30日@アーカンソー、USA
ジャーメイン・テイラー復帰戦

12月31日@カリフォルニア、USA
リコ・ラモスvsギジェルモ・リゴンドウ

年末までビッシリですな…。
コットvsマルガリートIIは…やっぱり楽しみだし、
バンタム級戦線も良いですよね~。マレス、ローブロー打つなよ(笑)
モレノvsダルチニアン…対照的過ぎる決戦も同じ日。

そして年末にようやくラモスvsリゴンドウが決まったみたいですね。

国内でも12月3日はその悪夢の防衛失敗から復帰戦に臨む、
"Sugar"下田昭文選手の復帰戦@後楽園ホールもありますし…
12月31日は…パナマの怪人…セレスティノ"Pelenchin"カバジェロが来日。
細野選手の挑戦を受けますよねぇ…。内山チャンプも遂にソリスと激突だし。

まだまだ楽しめそうです!

チャオ。

Go↑kunさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス