パッキャオvsマルケス POSTFIGHT!! | Go↑kunの海外ボクシング記♪

Go↑kunの海外ボクシング記♪

ボクシング…勝者と敗者のあまりにクッキリとしたコントラスト…。魅力的な選手達のバックグラウンド、ボクシングビジネスの側面、プロモーター達の思惑、選手の声、あまり入ってこない海外ボクシング情報を書きたいと思います!宜しくお願い致します!


テーマ:
パッキャオvsマルケスIII…決着戦として組まれた因縁の第3戦@MGMグランド。

大方の予想に反して大熱戦、大接戦となりましたなぁ…。

POSTFIGHTやりましょう!

その前に…アンダーカードの結果もUPしておきます。

http://www.boxingscene.com/?m=show&opt=printable&id=45969#ixzz1ddVrgOnD

期待のホープ、ルイス・クルスが、日本で長谷川選手と王座を争った…
ファン・カルロス・ブルゴスと対戦!

WBOラテンアメリカS.フェザー級戦だったみたいですね。

結果は…判定までもつれ、95-95、97-93、98-92…2-0のマジョリティデシジョンで、
ファン・カルロス・ブルゴスが勝利!!

静かな1Rを終えて2Rからブルゴスはコンビネーションでクルスを圧倒。3Rと合わせて
何度かクルスの膝を揺らし明確なポイントをゲット。4R、5R、クルスもカウンターを
効果的に用いてペースを握り返そうとするも…ブルゴスも応戦。
7Rにはクルスの右目が腫れ上がり苦しい展開に。その後も一進一退ながら、
ドロー最低はおかしい位にブルゴスが明確に勝利したみたいですね!

初黒星を喫したクルス…『新たなスーパースター誕生の日だ!』と意気込んでおりましたが、
これで19勝15KO1敗。金星と言っても良いでしょう…ブルゴスはこれで28勝19KO1敗

長谷川選手には善戦するも惜しくも敗れたブルゴス。この勝利は大きいでしょうねぇ!


そして無敗のマイク・アルバラードが、カーンを倒した男、
ブレイディス・プレスコットと対戦!WOWOWの生中継でも…この試合から放映されてましたね!

http://www.boxingscene.com/?m=show&opt=printable&id=45970#ixzz1ddVyhYiH

スロースタートとなったアルバラード…プレスコットに序盤は完封され3Rには顔面が真っ赤に。
4Rにも集中打を浴びて唇をカット…。これは深い…。

6Rからアルバラードも反撃、パンチが当たる様になり、プレスコットもスローダウン。
アルバラードの攻勢を仕掛けたいが粘るプレスコット。このまま判定負けかと
思われた最終ラウンド、アルバラードの痛烈な右アッパー、そして左アッパー!
顎を真下からガツンと叩かれたプレスコットが崩れ落ち…ダウン!
何とか立ち上がるも…続けざまに強烈なアッパーを連打され…レフェリーがストップ!

辛うじて無敗を守ったマイク・アルバラードは32勝23KO無敗、
残り1R…痛いTKO負けを喫したブレイディス・プレスコットは24勝19KO4敗。
試合後、茫然とコーナーに座り込み頭を抱える姿が…何とも言えなかったですねぇ…。

アルバラードは荒かったですが…左右アッパーは印象深かったですね…。
しかし既に31歳。これからメインストリームになれるかどうかは…微妙っすねぇ…。


そして今年1月29日、デヴォン・アレキサンダーとのS.ライト級統一戦以来の、
リング復帰となったティモシー・ブラッドリー。
ブラッドリーのWBO世界S.ライト級ベルトに挑むは…キューバのベテラン、
ホエル・カサマヨール。

http://www.boxingscene.com/?m=show&opt=printable&id=45971#ixzz1ddW6WVIn

スピードで上回るブラッドリーがブルンブルンと振っていきますが…
カサマヨールは、動いて掴んで抱き付いて…クリーンヒットを許さない展開。
単発で返していくカウンター…なんかは往年の輝きを見せてましたな…。

しかし5R、強烈なボディフックがカサマヨールを直撃するとダウン…。
6Rにも左フックでダウンを取られますが…これは引っ掛けただけなので…
ダウンじゃないですね。

ブラッドリーの攻めも単発になってきて…又ずるずる進んで行くかと思いましたが、
8R、再び左ボディフックで膝を付いたカサマヨール。
トレーナーのミゲール・ディアスさんがタオルを投入してストップ。

無敗と王座を守ったブラッドリーはこれで28勝12KO無敗、
カサマヨールは38勝22KO6敗1分。


さて…ここからはパックマンvsディナミタのポストファイト!

先ずはボブ・アラムさん。

http://www.boxingscene.com/?m=show&opt=printable&id=45973#ixzz1ddWM2bUN

『私はメキシコでも試合を組むからね。多くのメキシカン達は今夜の結果に怒っているんだろうね。私としては第4戦を観たいよ。メキシコへ行っても、身の安全を確保したいからね(笑)』

『個人的にはマニーが僅差で勝ったと思っている。でも私は彼のプロモーターだからね。私の採点等、何の効力もないさ。』

『今回の試合に携わった人達に言いたい。私のアドバイスとしては、ダイレクトリマッチだ。』

『マニーとファン・マヌエルと話をするよ。5月に又4度目の対決をやるかも知れないね。ボクシング界にとっても素晴らしい試合だったし、実現出来ればPPVの記録を塗り替えるかも知れないね。』


第1戦、第2戦に引き続いて…又も微妙な判定に泣かされることとなったマルケス。

http://www.boxingscene.com/?m=show&opt=printable&id=45975#ixzz1ddWcRzk0

『ジャッジに私が勝ったと納得させる為に、何をすべきなのか…俺には分からないよ。』

『今回の試合、過去の2試合よりも明確に俺が勝っていたと思う。どうすれば良いんだ?リングでの自分のパフォーマンスに関しては凄くハッピーだよ。俺は又戦いに勝ったんだ。』

『3度目も俺が勝ったと感じている。今は家族やチームと話合って…今後現役を続けるのか、引退するのかを考えたいと思う。』

今回のショックもかなり大きそうなマルケス…。


勿論、パッキャオも自分が勝ったと主張。

http://www.boxingscene.com/?m=show&opt=printable&id=45977#ixzz1ddWwqpyO

『私が勝っていたのは明白だよ。マルケスは素晴らしいファイターだし、凄いカウンターぱんちゃーだ。何度か効かされたけど、私も注意して戦えたよ。彼はいつもカウンターを狙っていた。』

『次戦?私には分からない。プロモーターのボブ・アラムに任せるよ。先ずはフィリピンに帰ってオフィスワークをやらなければならないんだ。』


そしてもっとマルケス。

http://www.boxingscene.com/?m=show&opt=printable&id=45979#ixzz1ddXBB1mm

『俺にとって最高のジャッジは観客だったよ。彼らの反応は最高だったね。アリーナに来てくれた全てのファンに感謝している。今回の試合、俺がパッキャオに勝っただけじゃなく、ファン達も勝ってくれたからね。彼らのお蔭だよ。本当に嬉しかった。』

『こういう試合はインテリジェンスを使って戦わなければならないんだ。俺は凄く頭を使って戦えたと思っている。スタイルが試合を作るんだ。俺のスタイルは彼のスタイルに凄く合っているんだろうね。今回も俺が勝っていたはずだ。ジャッジが俺に点数を付けてくれる様になる為には俺は一体何をしたら良いんだい?』

『今必要なことは家族と話をして引退するかどうかを決断することだ。難しい決断になるけどね。まだ引退するかは分からないけど、結果は結果さ。引退を考える理由?俺は18年間、自分を追い込んで本当にハードに準備をしてきた。そして今回の試合がキャリア最大のビッグマッチだったんだ。』

イグナシオ"Nacho"ベリスタイン:
『ファン達、マニー、そしてファン・マヌエルにとって、今回の様な判定が出るってのは、ジョークとしか思えないね。本当にガッカリしているしイライラしているよ。今回の勝者はマニー・パッキャオでなく、ファン・マヌエル・マルケスだよ。』


次は…KO勝ちを宣言していたパッキャオの師匠、フレディ・ローチさん。

http://www.boxingscene.com/?m=show&opt=printable&id=45980#ixzz1ddXNu5xB

『接戦だったね。何とか絞り出して勝利することが出来た。私としても接戦ながら最終2Rを何とか取れて勝ったと思ったよ。マルケスはカウンターパンチに固執していたし…競ったラウンドは、アグレッシブに前進している方にポイントが行くだろうしね。』

『でもマルケスにはリマッチをする権利があると思う。本当に接戦だった。多分今後やっても又接戦になるかもね。マルケスは素晴らしかったよ。』

パッキャオ:
『足が重くなったのは4Rからだね。調子が悪くてバランスが全くなかった。パンチを打つ度に…足の重さとバランスの悪さを感じたよ。』


もっとローチさん

http://www.boxingscene.com/?m=show&opt=printable&id=45984#ixzz1ddXV6kzW

『本当に驚いたね。6R以内でのKO勝ちを予想していたけど、大外れだった。接戦だったしどちらに転んでもおかしくない試合だった。でもラスト2Rを取ったから勝ったとは思ったよ。もう2度とこんな試合はしたくないけど、又やらなければならないかも知れないね。マルケスは3度も我々に難しい試合をやらせている。本当に素晴らしい。リマッチをする権利があると思う。』


更にローチさん(笑)これは…今後のパッキャオの相手についてかな。

http://www.boxingscene.com/?m=show&opt=printable&id=45985#ixzz1ddXcDo4F

『メイウェザー戦は実現して欲しい。世界最高の試合になると思うし観たいよ。メイウェザーは素晴らしいディフェンスの持ち主だしカウンターも凄い。簡単な試合にはならないけど、こういうチャレンジが楽しみなんだ。我々にとって最大のチャレンジであることに間違いないからね。』

マルケス:
『パッキャオvsメイウェザー?商業的に言えば凄い大きな試合だと思うよ。でもボクシングはスタイルだからね。メイウェザーのスタイルはパッキャオにとっては難しいと思う。』

パッキャオ:
『マルケスとの再戦?いつでも良いよ。私はファイターだし、リングで戦うことが仕事だからね。』

『メイウェザー戦?やろうじゃないか。実現させてファン達に良い試合を見せよう。』


デラ・ホーヤの見解。

http://www.boxingscene.com/?m=show&opt=printable&id=45988#ixzz1ddXjRbDN

『今回の試合で、いかにメイウェザーが優れているが分かったよね。パッキャオはマルケスの様なカウンターパンチャーに対応出来ないじゃないか。マルケスはじっくりと戦うことが出来るし、相手のミスを見逃さないからね。』

取りあえず、又です!

チャオ~♪♪♪

Go↑kunさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス