2019.09.24 最近の通常稽古は | おやじの空手道

おやじの空手道

44歳、空手入門、目指せ黒帯!

皆さ~ん、覚えてますかぁ?うーん

 

 

 

「なにを?」って?

 

 

 

そう言えば、あったあった!【おやじの空手道】ってブログが!
 

 

 

あまりにも更新が無いので、おいら自身も危なく忘れるところでした。ガーン

 

 

 

「イカン、イカン、そんなことじゃ!」プンプン

 

 

 

ってことで、今日は特別のネタはありませんが、最近の通常稽古の様子をぷちブログにてご紹介します。ウインク

 

 

 

 

 


 

01 IMG
 

 

 

最近の稽古で、西尾先生や奥村先生から教えて頂くのは、体捌きランニングとカウンター攻撃グー

 

 

 

先週の稽古も、前に出て来る相手に対し前の手で相手の肩から胸を突く稽古でした。
 

 

 

全力のパワーでなくても、スピードとタイミングによる攻撃で相手にダメージを与えることが出来ます。
 

 

 

ちなみに、その稽古から1週間経ったおいらの胸はこんな感じ。
 

02 IMG
 

胸や鎖骨の下に受けたダメージが、すっかり黄色くなっていました!ゲッソリ

 

 

 

 

 

 

さて、今日の稽古に話を戻します。
 

 

 

まずは相手の回し蹴りに対し、軸足を狩るカウンター攻撃です。ニヤ

 

03 IMG
 

 

 

今日は、少年部お父さんの生徒も数名、大人おじいちゃんのクラスに交じり稽古しました。

04 IMG

 

 

たとえ身体の大きな大人に対しても、スピードさえあれば新幹線前カウンター攻撃は可能です。

 

05 IMG
 

 

 

 

 

 

そして大事なこと、それは体捌きランニング

 

 

 

相手の上段回し蹴りに対して、
 

06 IMG
 

 

 

スウェイバックおばけくんで攻撃をかわし、相手の体制が整う前に攻撃を仕掛ける。

 

07 IMG
 

 

 

また、相手の右下段回し蹴りに対し、送り足で相手の左前側に近づく体捌きで蹴りをかわす。
 

08 IMG
 

 

 

相手との間合いの取り方や、相手からのプレッシャーに弱いおいらが一番練習しなくてはいけない体捌き法を学びました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おいら感じます。

 

 

 

今日は通常稽古でしたが、やはり空手の技は、そんな通常の稽古の1回1回を大事にし、繰り返し練習して習得するしかないと思います。

 

 

 

そしておいらは特に、スピードやタイミング、間合いや体捌きを意識した稽古が必要です。

 

 

スピードやタイミングを駆使した攻撃を身に付け、西尾先生のようにカッコよく身体を動かせるようになるまで、これからもまだまだ【おやじの空手道】は続きます。

 

 

 

今後とも宜しくお願い致します。
 

 

 

押忍!!