投票率100%を目指して!! 市民活動「選挙に行こう会」
投票率100%を目指して・・・!!


投票済証を活用した選挙セールの開催して、

有権者を応援しよう!!


投票に行きますと行った証明書「投票済証」

「投票済証」を割引・サービス券として活用した「選挙セール」開催。

様々な店舗・企業の皆様、「選挙セール」の開催、お願い致します。

投票率を上げて、売り上げも上げましょう!

詳しくは・・・HPへ


「有権者の皆さん、投票に行きましょう!!」

「我々有権者の一票でしか、政治は変えらません!!」
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

若者の政治参加を育む主権者教育の在り方 年度内にとりまとめ【熊本】【テレビくまもと】

有識者などで作る熊本県明るい選挙推進協議会の今年度初となる会合が先日開かれました。

協議会は若者の政治参加意識を育む主権者教育の在り方について答申する内容を年度内に取りまとめることを確認しました。

熊本県明るい選挙推進協議会は学識経験者や学生など15人で構成され、任期は4年です。

今年度の初会合では県選挙管理委員会の松永 榮治 委員長が先の参院選の投票率に触れ「委員の知恵を借りて様々な対策を講じていく」とあいさつ。

若者の政治への参加意識を育む主権者教育の在り方について協議会に諮問しました。

【崇城大学 今井亮佑教授】

「政治に対する関心を高める機会がまず必要。政治に対する関心を高めるには政治についてある程度理解する能力が必要。政治に対する関心を持つ動機も必要。機会能力動機の3つが揃って初めて政治に対する関心は高まる」

学校現場での主権者教育を巡っては年代に応じた多様な取り組みの必要性が課題となっていて、協議会では年度内に答申する内容をとりまとめる方針です。


主権者教育をするには、生徒が学校の規則やイベント等々を議論して決めていく民主主義の実践が必要だと思います。

受験勉強や管理する教育では主権者として意識は持つことが不可能ですので、子供達に決めさせる勇気を大人は持つべきです。

2022/8/7投票率

2022月8月7日に行われました選挙の投票率です。

長野県知事選 投票率40.94% (前回43.28%)

北海道小樽市長選 投票率39.94% (前回54.88%)

青森県鶴田町長選 投票率65.48% (前回無投票)

青森県鶴田町議補選 無投票当選

岩手県平泉町長選 無投票当選 (前回無投票)

埼玉県杉戸町長選 投票率42.59% (前回39.26%)

富山県小矢部市議選 投票率63.95% (前回70.39%)

富山県入善町長選 無投票当選 (前回無投票)

富山県朝日町議選 投票率70.16% (前回71.47%)

長野県議補選(上伊那郡選挙区) 投票率49.99%

長野県中川村議選 無投票当選 (前回無投票)

長野県泰阜村長選 無投票当選 (前回81.54%)

長野県泰阜村議補選 無投票当選

愛知県知立市議選 無投票当選 (前回49.76%)

大阪府岬町議補選 投票率44.44% (前回61.87%)

和歌山県湯浅町議補選 無投票当選

高知県芸西村議選 投票率60.78% (前回無投票)

高知県越知町議選 投票率61.64% (前回無投票)

以上です。

政府統計の信頼向上へ提言案公表【共同通信】

国土交通省の統計書き換え問題を受け、総務省統計委員会の特別検討チームは5日、政府統計の信頼性向上に向けた提言案を公表した。専門人材の育成による各省庁の体制強化や、関連業務のデジタル化推進が柱。


統計の改竄を無くし国民への情報公開を促すためにも、官庁だけでは無く民間にも統計を出させて、より正確な統計を国民に示すようにすべきです。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>