東京(立川・八王子・町田・日野)の結婚相談所・マリッジベアフルートの婚活地獄脱出作戦

「あなたの婚活の努力が実を結ぶ結婚相談所」をコンセプトに「やっぱり結婚したいっ!」を実現するため、仲人むすびや!しゅくちゃんが、婚活地獄からの脱出ヒントを綴るブログです。


テーマ:

お見合いから交際へ順調に進んでいるあなたへ

 

お見合いから交際へ進み、丁度2か月ほど経った頃、週1回位はデートをしていると理想ですね。

デートを重ねる毎に、一緒にいるのが、楽しくて、勇気を出して手も繋げるようになったし・・・お互いが「このまま結婚までいけたら嬉しいなぁ」と思えたら理想的ですね。

 

こんばんは、『30代・40代、ココロもカラダも元気でキレイになって婚活しよう!』東京(立川・八王子・日野・町田)の結婚相談室、マリッジベアフルートの結婚カウンセラー・岩出叔子です。

 
今日は順調な交際中のあなたに、少しだけ気をつけて欲しい事をあえて申し上げます。

 

次のデート辺りから、

お相手の女性を如何に大切に思っているか、一緒にいてどんなに楽しいと思っているか、どんなところが素敵だなぁと思っているかを伝えてみてください。

 

気恥ずかしくて、一度に全部話せないなら、ひとつずつでも構いません。

「誠意を持って」「心から」「素直な気持ちで」あなたからお伝えください。

 

②女性の場合、恋愛であろうとお見合いであろうと「ときめき」を感じたいと思います。

あと一歩、前に進むために、自分自身をぽんっと押し出すために「ときめき」を求めてしまうのかもしれません。

そんな気持ちをどうか理解してくださいね。 

③ですから、デートで会うたびに「ドキッと」させることも必要。

例えば、あなた自身も彼女と交際するようになって、自信もついてイキイキしているとか、彼女にちょっとした心遣いをさりげなくするとか、特別で大切な存在であるかをキチンと態度で示します。

「私は大切にされている、求められている」と分かれば、気持ちもググって盛り上がるのです。


④注意して欲しいのは、あなたは自分の気持ちを素直に誠意を持って伝えることはあっても、彼女に対して、答えは急がせてはならないということです。

心地良いコミュニケーションは、お互いを尊重するキャッチボール。

強く投げすぎたら、受け止められないし、弱過ぎたら届かない。

自分のボール(気持ち)を相手に投げたら、相手の返球(気持ち)は、しばらくは待ってあげてください。

 

これは、交際中だけでなく、これから先も同じ。

⑤「急いては事をし損ずる」といいますよね。

お互いを思いやって、答えを急いて求めない。

相手に合わせて行く事で、お互いの歩調が揃っていくのではないでしょうか?

 

どうかあなたと彼女が同じ目標を見つめ、手を取り合って結婚へと進みますようにヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ

 

 

PS.

結婚相談、婚活サポートにご興味をお持ちの方は完全無料で電話相談も可能です。
MCSA【マクサ】(一般社団法人結婚相談業サポート協会)認定、結婚カウンセラーの岩出叔子が直接対応させていただきます。
岩出叔子直通お問い合わせ電話番号:090-5537-1378

※スマホの方は電話番号をタップするとすぐに電話をかけることができます。 メールでのお問い合わせをご希望の方は下記のフォームよりお願いいたします。
<お問い合わせフォーム>

いいね!した人  |  リブログ(0)

立川・八王子・町田・日野の結婚相談むすびや!しゅくちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント