競馬を15年以上経験をしている私に取って最大の衝撃だった。ダービーを大外を回って大事に乗って勝つ。騎手がうれしいというより、ほっとした気持ちになったダービーなんて初めてだ。

すごいのは、タイム。昨年のダービーと同じタイムだが、昨年は明らかにハイペースで引っ張られて作られたタイムだった。証拠に、着差の少ないダービーになっている。今年はどうか?上がり33秒台。まだ余裕が少しあったように思う。今までの競馬で「次元が違う」という表現は本当に間違っていたように思う。もう2度と表れることのない馬を見続けたい。


オークス番付

  東              西
横綱:↑シーザリオ     ↑レースパイロット   
大関:↓ アンブロワーズ →エアメサイヤ
関脇:↓ショウナンパントル ↑アドマイヤメガミ 
小結:↑エイシンテンダー  ↑ディアデラノビア
前頭1:ペニーホイッスル  →ラインクラフト

前頭2:↓ジェダイト    ↓ピサノグラフ

前頭3:↑エリモファイナル↑

出遅れた!つまずいた!

目の前で見た最初の衝撃は大丈夫か?と思ったほどだった。

でも、心の中ではそれでも勝てると思っていた。

強すぎる。強すぎる。大外回って、ムチ2発、最後は流し。

まるで中学生の陸上に、大人が外側を走っているようだった。

◎をつけない新聞記者はホントやめてほしいと思うくらいの強さだ。

高松宮杯

テーマ:
見解
人気は、メイショウボーラー、プレシャスカフェ、アドマイヤマックスなどなど、よく考えてみると年末に行われたCBC賞組だ。
だから馬連的にはCBC賞組対他路線組で考えたい。
◎カルストンライトオ
○ウインクリューガー
CBC賞組で以外で相手になりそうなのがこの2頭。
相手はCBC賞組で大丈夫
思い切って2頭から買う。
13-5、6、7、12、18
4-5、6、7、12、18
もらった。
東          西
横綱:→ディープインパクト -
大関:→ローゼンクロイツ  ↓マイネルレコルト
関脇:→ヴァーミリアン   →アドマイヤジャパン
小結:↑ダンツキッチョウ  ↑ビッグプラネット
前頭1:→コンゴウリキシオー ↓ペールギュント
前頭2:↑アドマイヤフジ  ↑ダンスインザモア
前頭3:↑タガノデンジャラス↑ウインクルセイド

阪神大賞典、スプリングS

テーマ:
阪神11R
◎アイポッパー(強い!)
○リンカーン(格上明らか)
▲ピサノクウカイ(勢い)
サクラセンチュリーは3着まで、アイポッパーには3戦3敗。
マイソールサウンドにも分が悪い。
中山11R
◎ウインクルセイド(思い切って)
○カンペキ(どこまで)
▲パリブレスト(未知の魅力で)
△ヴァーミリアン

桜花賞見解

トライアルはフラワーCを残して終了した。
今日までの結果を見て、
ラインクラフトが一歩二歩抜けた存在になった。(当然一番人気)
有力馬はどうか?
3連勝しても何番人気かわからないのがエイシンテンダー。
アドマイヤメガミ、ペニーホイッスルを破っているのだから、本物と言っていいはずだが・・
アンブロワーズ、ショウナンパントルは巻き返していい。
ライラプスは3着候補か?

現時点は、ラインクラフトの相手探しと見ていい。

現時点の予想
◎ラインクラフト
○アドマイヤメガミ
▲アンブロワーズ
△ショウナンパントル
×ペニーホイッスル
×エアメサイヤ
×エイシンテンダー
  東           西
横綱:↑ラインクラフト   ↓アンブロワーズ   
大関:           →エアメサイヤ
関脇:↓ショウナンパントル ↑アドマイヤメガミ 
小結:↑レースパイロット  ↑エイシンテンダー
前頭1:ペニーホイッスル  →フェリシア
前頭2:→ライラプス    →デアリングハート
前頭3:↓オリエントチャーム↓エリモファイナル

フィリーズレビュー

テーマ:
本命はラインクラフト
桜のためにもここは負けられない
相手はレベルの高かったエルフィンS組だ!
◎ラインクラフト
○デアリングハート
エルフィンSよりも紅梅Sの内から伸びた脚を今一度見直したい
▲エアメサイヤ
三着以下には紐穴を買う。
×コスモマーベラス
×カシマフラワー
×アイノグレース
△ディアデラノビア
変則フォーメーション
⑧-⑥⑩-⑯②⑤⑬
クリスタルC見解
前走オープン連対。中山芝1200連対。している2頭の馬が軸になる。
◎アイルラヴァゲイン
○チアフルワールド
相手は朝日杯2歳ステークス組か。
ディープサマー、エイシンヴァイデン、コパノフウジンが相手か
▲コパノフウジン(新馬ではいい脚で追い込んできている)
×ディープサマー
×エイシンバイデン
面白くないので一頭。
△フサイチアンテウス(時計がいい)
馬券は変則フォーメーション。
③⑦-②④⑥-③⑦⑯