690円の悲劇

テーマ:
整形外科のリハビリに行く道にいつも気になるお店があった。
いわゆる千円カットのお店だ。
リハビリには、夕方行くので、そのお店はいつもすでに閉店している。
所帯持ちの美容師さんで早じまいなんだなぁと認識してた。

ある時、お昼頃、その美容院の前を通りかかると、すごい数の自転車が止まっていた。
よう流行ってるんだな。
よく見ると、
【12〜14時サービスタイム¥690】
は、なんと超破格のびっくり価格‼️
千円でもかなり安くて驚いていたのに。
いつか行ってみようとその機会を伺っていた。

失敗してもある程度髪を伸ばしていたなら、また、別の美容院に切りに行けばよい。と考えていた。

夏のさかり、髪も短めにしたいし、
暑さ真っ盛りのこの時間帯は、流石に真昼間のサービスタイムは人は少なそうと夏に行こう画策していたが、
私も真夏はしんどくていけなかった。

前髪もかなり伸びてきた。
やっと機会に恵まれ、今日行ってきた。
かなり待たないといけないと言われていたけど、ここは商店街の入り口。
待ち時間に買い物にいってきたら、すぐに順番がまわってきた。

店内は暗めで目の悪い私はよく見えなかった。
取り敢えずスマホにとったモデルの写真をみせて、こんな感じにと、5センチほど全体的に切り揃える感じで切ってほしかった。
やはり10センチ以上切られた。
まぁ、この時点で、やはり満足できなかった。
家に帰って、姉ちゃんにみせたら、
「下手くそや!やっぱり安いだけのことあるわ」と、のたまう姉。
自宅の鏡の前でよく見ると切り方が雑で毛先がなんかざんぎりぽいね。
シャギーもあまり入ってない。

うーん、髪が伸びるのを待つしかないのか。
髪型で若くも、おばちゃんにも見えるから、髪型はかなり重要。
あぁ、早く髪伸びてほしい。