新しい糖尿病診断基準

テーマ:

このたびは、「糖尿病の診断基準とHbA1cの国際標準化に関するシンポジウム」で、「糖尿病診断基準に関する調査検討委員会」が作成した新しい糖尿病診断基準案が発表されました。

同委員会が示した診断基準案は、従来の診断基準にある、

(1)空腹時血糖値≧126mg/dL、

(2)糖負荷試験(OGTT)2時間値≧200mg/dL、

(3)随時血糖値≧200mg/dL、

の3つに、

(4)として「A1C≧6.5%、HbA1c≧6.1%」

を新たに加え、
この4つのうちのいずれかを満たす場合に「糖尿病型」とし、

別の日の検査で再度いずれかが確認されれば、

「糖尿病」とする――というもの。

血糖値での判断基準をこれまで通り堅持しながらも、

HbA1cをより上位の診断基準として取り入れる内容となりました

(ただし、HbA1cのみの反復検査による判断は不可)。